ススキがみごろです

カテゴリ:

 今日は朝から雨が降り続き、園内に晴れた日とは違った景色を作り出しています。秋の深まりを見せる園内、日本庭園ではススキがみごろをむかえています。

160913s13.JPG

160913s10.JPG
 ススキはイネ科の多年草で、全国各地の日当たりの良い山野に自生しています。高さが1~2mにもなる大形の植物で、「すくすく育ち立つ木(草)の様子」から名前が付けられたといわれています。また、穂が動物の尾に似ていることから、尾花という別名でも呼ばれます。
160913s15.JPG
 茎の先端に20~30cmの花穂を十数本つけ、かつてはカヤブキ屋根の材料や家畜のエサとして利用されることが多かったため、集落の近くにはカヤ場と呼ばれるススキ草原がありました。現在でも、秋のお月見に欠かせない身近な植物のひとつです。
160913s02.JPG
(写真:9月12日撮影)
160913s08.JPG
(写真:9月13日撮影)
 ススキが植栽されている日本庭園では、現在11月1日から開催の「菊花壇展」に向け、上屋などの工事を行っています。
160913s06.JPG
160913s07.JPG
 ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 
「新宿御苑菊花壇展」
 日時:平成28年11月1日(火)~11月15日(火)(期間中は無休)
    9:00~16:00(閉門は16:30)
 会場:新宿御苑内日本庭園
 料金:新宿御苑への入園料(大人200円、小・中学生50円)
 内容:皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。

2016年9月13日 12:48

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31