カジノキの実がみごろです

カテゴリ:

 今日は昨日の雨から一転、青空が広がる夏らしい一日となりました。まだまだ夏真っ盛りの園内、母と子の森ではカジノキの実がみごろをむかえています。

160821s5.JPG

160821s1.JPG
 カジノキはクワ科コウゾ属の落葉高木で、樹皮の繊維は古くは衣類などの繊維製品に使われていたそうです。現在も和紙の原料用に使用され、提灯(ちょうちん)紙や傘紙などに利用されています。
160821s2.JPG
 イソギンチャクのような形をした実ですが、果実のように見える赤い粒は、花披片(萼と花びらが区別できないもの)と子房の柄が肥大して液質になったもので、花被片の中の小さな粒が本当の果実です。果実には、とろりとしたねばりけがあり、ほのかに甘みがあります。
160821s4.JPG
 例年ですと9月の中旬ごろまではお楽しみいただけます。緑の風が吹き抜けるこの新宿御苑を散策しながら、母と子の森でオレンジ色の不思議な形をしたこのカジノキの実をお楽しみください。

2016年8月21日 09:35

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31