アメリカデイゴとサンゴシトウ

カテゴリ:

 今日は朝から細かな雨が降ったりやんだりと、変わりやすいお天気でしたが、涼しく過ごせる一日となりました。トンボ飛び交う園内、中の池の縁ではアメリカデイゴとサンゴシトウがみごろをむかえています。

160615s1.JPG

160615s5.JPG
 アメリカデイゴは南アメリカ原産で、日本には明治時代の中ごろに導入され、花が美しいことから、街路樹や公園樹としてよく植栽され、鹿児島県では県木にもなっています。
160615s3.JPG
 サンゴシトウはアメリカデイゴを親に持つ交配種で、シドニー植物園で作出されました。挿し木で増やせることから世界中に広がり、日本でもアメリカデイゴ同様、街路樹や公園樹としてよく植栽されています。
160615s6.JPG
 両種とも枝の根元の方からだんだんと咲いていき、全体を真っ赤に染めていきます。まだつぼみも多く、例年ですと今月中ごろまではきれいにご覧いただけます。これからやってくる暑い夏を予感させるような花たちをお楽しみください。

2016年6月15日 11:59

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31