真白なウツギがみごろです!

カテゴリ:

 じりじりと陽が強く射し、日向に居ると汗ばむほどの陽気ですが、木陰に入ると、さわやかな風が吹き抜けていきます。母と子の森では、小鳥のさえずりや水のせせらぎも耳に心地よくお客さまはゆったり歩かれたり、写生をなさったり思い思いの時間を過ごされています。西休憩所からお入りになり、右側の道を進んでいただくと、濃い緑の中で真白なウツギがみごろをむかえています。
1.JPG
2.JPG
 北海道から九州にかけて分布する落葉低木で、木の芯が中空になっていることから空ろ木(うつろぎ)が転じてウツギとなったそうです。 旧暦の4月(卯月)に咲くことから、ウノハナの別名もあります。豆腐の絞り粕のおからを卯の花と呼ぶのは、この花の白さに例えたものです。 
3.JPG
 ウツギノヒメハナバチでしょうか?花粉や蜜を求めて集まっています。脚を黄色く染めて忙しそうです。ウツギにとっても受粉を担ってくれる大切なお客様です。
4.JPG
 蕾はコロンと丸く、少し毛羽立っていて、まるでフエルトの手芸作品のようです。
5.JPG
6.JPG
 ウツギは下の池でもご覧いただけます。枝を自由に伸ばし水際で揺れる様子は涼しげですね。
7.JPG

2016年5月19日 13:12

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31