可憐に揺れるハクウンボクがみごろです!

カテゴリ:

 今日は薄曇りの空模様。少し肌寒いものの、日が射すと新緑が美しく輝き、散策するのに気持ちの良い一日になりました。大木戸門近くや芝生広場ではハクウンボクがみごろをむかえています。
1.JPG
 ハクウンボクはエゴノキ科の落葉高木で、花の咲く様子が、ぽっかり浮いた白い雲を思わせることから名前が付けられました。中国では花を鈴に見立てて玉鈴花と呼ぶそうです。庭木や公園木としてよく植栽され、木材としては将棋の駒、「へら」などの器具材や彫刻材などに利用され、種子からは取れる油からはロウソクが製造されていたそうです。
2.JPG
3 .JPG
 千駄ヶ谷門近くの芝生広場では、林の一角に植栽されています。小さな花が下向きに付いているので、遠くからは、あまり目立たないかもしれませんが、下に入りこんで見上げると、小さな花がたくさん揺れています。
4 (2).JPG
5.JPG
 大木戸門近くでは、ベンチの後ろの目立つ場所に植栽されています。今朝も団体のお客様をお迎えしていますね。白い可憐な花はお客様の目を引くようで、券売所ではよく名前のお問合せをお受けします。
6.JPG
 まだ、少し蕾もありますが、可愛い花がベンチを飾り始めています。お早目にご覧ください。
7.JPG

2016年5月 2日 13:27

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31