5月のバラが咲きはじめました

カテゴリ:

yo01.JPG
 フランス式整形庭園で初夏の人気の花・バラが咲きはじめました。
 (写真:フランス式整形庭園のバラ花壇)
 
 本日5月5日は「立夏」で、暦の上では今日から「夏」をむかえました。草木も若葉の装いとなり、さんさんと降り注ぐ日差しには、夏の太陽のまばゆさが感じられるようになってきた園内。めぐる季節とともに、園内を彩る花々も、すっかり春から初夏の花へと主役を交代しました。
 (写真:アラベスク)
yo02.JPG
 フランス式整形庭園は、新宿御苑の敷地の東側に位置します。約160本のプラタナス並木が2組4列、その中央にバラ花壇を配置し、左右対称に美しくデザインされた庭園様式が特徴です。バラ花壇には約110種500株のバラを植栽しています。
yo03.JPG
 今日の花壇全体の咲き具合は、最盛期のボリュームの1~2割といったところでしょうか。全体的にはまだまだつぼみが目立つものの、ここのところの好天に恵まれてか、開花の早い一部のバラはみごろをむかえています。
yo04.JPG
 みずみずしい新緑の園内で色とりどりに咲くバラの花。来週は雨の予報も出ていますが、気温は平年並みとのことなので、順調に咲きすすめば、来週末にかけてみごろをむかえそうです。
yo05.JPG
 5月21日(土)、22日(日)には、バラの楽しみ方などをご紹介する「新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク」や「ロハス展」などのイベントも開催されます。
 さわやかな新緑に包まれる、初夏の新宿御苑にぜひご来園ください。
yo06.JPG
 (写真:プレイボーイ)
 
■新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク■
 新宿御苑のフランス式整形庭園にあるバラ花壇において、ガイドウォークを開催します。
 新宿御苑のバラ花壇は、ボランティアグループ「グリーンアカデミークラブ」のバラ班の皆さんの協力を得て植栽管理を行っています。
 美しく花を咲かせるための栽培の苦労話なども交えながら、バラの歴史や品種、香りなどの楽しみ方をご紹介します。
 【実施日】平成28年5月21日(土)、22日(日)
 
■第11回ロハスデザイン大賞2016 新宿御苑展■
 ロハスなヒト・モノ・コトを表彰する「第11回ロハスデザイン大賞2016」。
 6月5日(日)の環境の日の大賞発表に先駆け、その最終エントリー作品を展示するエキシビジョン「ロハスデザイン大賞新宿御苑展」が平成28年5月20日(金)から22日(日)まで開催されます。

2016年5月 5日 13:00

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31