白花の桜たちがみごろです

カテゴリ:

 今日は朝から日差しのあるあたたかな陽気となり、たくさんのお客様がお花見にいらっしゃっていました。ソメイヨシノから八重桜へ季節が移りゆく園内では、“白”という漢字が名前に入った桜がみごろをむかえています。

160406s12.JPG

160406s11.JPG
160406s13.JPG
 レストハウス近くや日本庭園ではシロタエ(白妙)がみごろをむかえています。満開になると直径が5cmほどにもなる大輪八重咲きで、一つの花に、15枚もの純白の花びらを持ち、一重咲きのサクラとはまた違った魅力あふれる華やかなサクラです。
160406s19.JPG
160406s20.JPG
 サービスセンター近くや日本庭園・上の池近くではシラユキ(白雪)がみごろをむかえています。花の白さを雪にたとえたのが名前の由来と言われており、花びらがひらひらと降りてくる様子は、まるで雪が舞っているようです。
160406s16.JPG
160406s18.JPG
 日本庭園・上の池のシラユキの近くではタイハク(太白)がみごろをむかえています。イギリスの園芸家・イングラムが栽培を始めた品種で、元公爵の鷹司信輔により太白と命名され、1932年に日本に移入されました。花びらは、しわ状のうねりを持っているのが特徴です。
 
 日本庭園には三種類とも植栽されているので見比べてみてはいかがでしょうか?

2016年4月 6日 12:59

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30