コヒガンがみごろです

カテゴリ:

 今日は朝から曇り空で肌寒く、時折氷の粒が天から落ちてきましたが、徐々に太陽の光が射してきました。冬の寒さが戻ってきたような園内、芝生広場ではコヒガンがみごろをむかえています。

160326s06.JPG

160326s05.JPG
(写真:コヒガン)
160326s11.JPG
(写真:玉藻池近くのエドヒガン)
160318s14.JPG
(写真:母と子の森のマメザクラ)
 コヒガンはマメザクラとエドヒガンの雑種と考えられており、ひょうたんの様な形が可愛らしい萼(ガク)と、淡いピンク色の花が集まって咲く姿を見ると、エドヒガンの特徴がよく現れているように思います。
160325s25.JPG
 春分・秋分の日を挟んだ前後各3日を合わせた7日間を彼岸と呼びます。このうち春の彼岸の頃に咲くコヒガンは、「彼岸桜」とも呼ばれています。江戸時代から栽培されていて、あまり大きく育たず花つきが良いので、庭木としてよく用いられてきました。
160326s07.JPG
 芝生広場の株は木いっぱいに花をつけ、まるで花のカーテンのようです。地面すれすれまで枝が降りてきているので、小さなお子様も花を近くでお楽しみいただける人気スポットです。春本番を迎えつつある新宿御苑をお楽しみください。

2016年3月26日 11:42

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31