ヨウコウがみごろです

カテゴリ:

 今日は朝からひんやりとした空気が園内を包んでいましたが、午後になると徐々に太陽が出はじめ、少しずつ気温が上がってきました。春色に染まりつつある園内では、昨日までのあたたかさでだんだんとサクラが咲き進んでいたようで、桜園地や丸花壇など園内各所でヨウコウがみごろをむかえました。
160321s16.JPG
160321s43.JPG
 ヨウコウ(陽光)は、愛媛県の桜栽培家・高岡正明によって作出された、オオシマザクラとエドヒガンの交配種「アマギヨシノ(天城吉野)」にカンヒザクラを交配して作られた栽培品種です。名前は、世界の平和を願い「天地に恵みを与える太陽」という意味を持つ「陽光」と名付けたそうです。
160321s32.JPG
 お勧めのスポットは丸花壇近くで、オオシマザクラの花の白色、葉の緑色との競演がお楽しみ頂けます。たくさんのお客様がじっくりとお花を眺めたり、写真を撮ったりと、思い思いの楽しみ方をされていました。
160321s07.JPG
 新宿門近くもおすすめスポットの一つで、ここでは道の対面に咲くハチジョウキブシとの対比をお楽しみいただけます。ヨウコウは園内各所に植栽があるので、自分だけのお気に入りスポットを探してみてはいかがでしょうか。

2016年3月21日 09:56

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31