地元の旬野菜をご紹介 「江戸東京野菜市場」を開催しています!

カテゴリ:

 本日12日(土)と明日13日(日)は、新宿御苑インフォメーションセンター前広場にて「江戸東京野菜市場 in 新宿御苑」を開催しています。新宿御苑が内藤家の屋敷地であった江戸時代に栽培が始まり、新宿一帯で栽培された歴史ある『内藤とうがらし』の加工品をはじめ、伝統の江戸東京野菜や季節の東京産の生鮮野菜を販売を行っています。
1.JPG
 
 地元の農家が栽培された旬野菜「亀戸大根」、「早稲田みょうがたけ」、「三鷹のらぼう菜」、「東村山のヤーコン」等の野菜やフルーツそして「烏骨鶏の卵」などが並んでいます。(数に限りがございますので完売になる場合があります。)
2.JPG
 
 内藤とうがらしの加工品も充実しています。七味等のスパイス類、葉とうがらしの佃煮や塩麹ドレッシング。塩麹ドレッシングは野菜にかけるだけではなく、肉を漬けこんで焼いて頂くと柔らかくなり、クイックワン調味料としても便利ですね。
3.JPG
 
 そして、内藤とうがらしをモチーフにした絵はがきや手ぬぐいもご用意しています。
4.JPG
5.JPG
 手ぬぐいは、様々な使い方ができる日本古来の便利アイテム。スタッフの方々は手ぬぐいをバンダナのように首に巻いていらっしゃいました。素敵ですね!3種類ありますので是非、お手に取ってご覧ください。
6.JPG
 
 新宿御苑で、東京の農業や食文化にふれてみませんか?みなさまのご来園を心よりお待ちしております。
 
会場/新宿門横インフォメーションセンター前広場(無料区域)
時間/9:00~16:00※雨天中止
7.JPG
 
 
 

2016年3月12日 15:50

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31