トサミズキが見ごろです!

カテゴリ:

 開園間もないうちは昨日の暖かさが残っていましたが、お昼に近づくにつれてだんだんと冷たい空気が流れ込み、ポツポツと雨も降ってきました。昨日の初夏のような陽気が嘘だったかのように、冬が戻ってきました。ご来園されたお客様は、コートをしっかり羽織って、散策を楽しまれています。
 寒さの中に明かりを灯したように、トサミズキがみごろをむかえています。
3.JPG
1.JPG
 トサミズキはイギリス風景式庭園の三角花壇近くに植栽されています。名前の通り、四国の高知県原産で、高さ4メートルほどになる落葉高木です。道路工事などによる自生地の消失や、園芸用の採取により減少し、準絶滅危惧に指定されています。
2 (2).JPG
 花を近くで観察してみると、垂れ下がる穂状花序に7~10個の花が咲きます。まるでその姿は、柔らかそうな黄色いドレスの裾を誇らしげに膨らませているようにも見えますね。
4.JPG
 そして、園路をはさんだ向かい側にシナミズキが植栽されています。まるで「春が来たよ。」と語りかけているようです。それに答えるようにシナミズキの蕾もぷっくりと膨らみ始めました。
5.JPG
 数日するとシナミズキも開花し、競演もお楽しみ頂けるかもしれません。
14.JPG
 園内には、トサミズキの仲間が他にも植栽されています。旧御休所の前に植栽されているヒュウガミズキも栄養を蓄えて、春が来るのを待っています。
6.JPG
春の花が次々に開く園内をお楽しみください。
 

2016年3月 9日 12:59

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31