タギョウショウ(多行松)の剪定

カテゴリ:

 日本庭園でタギョウショウの剪定を行っています。松の剪定や、フランス式整形庭園のプラタナス並木の剪定などとともに、新宿御苑の冬の風物詩ともいえる光景です。

160121s20.JPG

160121s19.JPG
 タギョウショウは赤松(アカマツ)の園芸品種で、根元から枝が細かく分かれ、開いた傘のように丸い樹形が特徴です。この整った樹形について、「剪定して形を整えているのですか?」といったご質問をいただきますが、これがタギョウショウの自然樹形になります。
160121s21.JPG
 剪定は、植生担当の専門職員が1本1本、手作業で手入れを行い、大きな木は数人がかりで作業をすすめます。樹形を美しく整えるだけでなく、風通しもよくするためでもあり、余分な枝葉を落とすことで、光合成がより効果的に出来るようになり、樹木の生長促進に繋がります。
160121s16.JPG
 お客さまに快適に御苑を楽しんでいただけるよう、樹木の手入れをはじめ、日々、庭園を守る取り組みをすすめております。作業中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

2016年1月21日 10:49

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31