春の桜の開花トップバッター!カンザクラが咲き進んでいます

カテゴリ:

 サービスセンター前のカンザクラが2分咲きほどまで咲き進んでいます。昨年12月22日に新宿御苑の桜の開花記録史上もっとも早い開花となったカンザクラ。前回ご紹介した時は、まだまだつぼみがちな印象でしたが、開花をお知らせしてから3週間が過ぎ、遠目にも咲きほころんだ薄紅色の花が分かるほどになってきました。
y01.JPG
y02.JPG
 カンザクラは漢字で「寒桜」と表す名前のとおり、1~2月の寒い最中に咲く桜です。新宿御苑には約65種1100本もの桜が植栽され、都内随一の桜の名所として親しまれていますが、なかでも、こちらのカンザクラが御苑の春の桜のなかでトップを切って一番早く開花します。
y03.JPG
 「今年はカンザクラがずいぶん早く咲いたんですね!」とお客さま。とくにここ数年は、冬の厳しい冷え込みで開花が遅れがちだったので、開花をひときわ早く感じる方も多いのではないでしょうか。
 新宿御苑の過去の記事でも、2015年は1月31日、2014年は1月22日、2013年は2月9日、2012年は2月18日と、1月下旬から2月にかけてカンザクラの開花をお知らせしていました。
y04.JPG
 園内には約10本のカンザクラがありますが、なかでも、木が大きく、整った樹形で人気を集めているのが、日本庭園・翔天亭近くの大木です。こちらはまだまだつぼみが目立ちますが、枝先でぽつぽつと花が咲きはじめています。
y05.JPG
 今年は開花日が早かったことはもとより、年末年始のあたたかさの影響もあってか、咲き進むペースも例年になく早まっているようです。順調に咲き進めば、サービスセンター前のカンザクラのみ1月末ごろ、日本庭園などのカンザクラは2月中~下旬ごろからみごろをむかえそうです。

2016年1月14日 11:00

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31