東京都心で初氷観測♪新宿御苑でも霜や氷が観察できました

カテゴリ:

 本日1月13日朝は、気象庁より日本各地でこの冬一番の寒さを記録したとの発表がありました。東京都は午前6時半ごろ、都心で氷点下0.9℃の最低気温となり、今季初めての冬日を記録。また、平年よりも27日遅れて観測史上もっとも遅い初氷となったそうです。
ya00.JPG
 新宿御苑でも、園内の芝生に霜が降りたほか、池にはうっすらと氷も張りました。
(写真:日本庭園)
ya01.JPG
ya02.JPG
 「今年はなかなか氷が張らなかったですね」とお客さま。今年は暖冬の影響か、霜や氷といった冬の風物詩になかなかお目にかかれなかったため、楽しみにされていた方も多かったのではないでしょうか。日本庭園の池のそばは、待ちに待った初氷を被写体に、カメラを構えるお客さまでにぎわっていました。
ya03.JPG
 お客さまから「このフィルターを通して氷を見てみるとおもしろいですよ」と声をかけていただきました。さきほどの写真と同じ場所ですが、氷が虹のように輝いて見える「彩氷」となりました。みなさま思い思いに工夫を重ねて、作品づくりに取り組んでいらっしゃるのですね。
(こちらの写真はお客さまのご好意で、フィルターを通して撮影させていただきました。ありがとうございました。)
ya04.JPG
 こちらは母と子の森。園内には大小さまざまな池がありますが、ここ母と子の森は池が小さく、園内西側に位置し、森のなかで日光が遮られやすいこともあってか、氷が張りやすい池のひとつです。
ya05.JPG
 今日は池の全面が凍る、とまでは至らなかったものの、池のところどころにうっすらと氷が張りました。凍っていない水面は鏡のように周りの風景を映し込みますが、凍った部分は白く濁り、まるで曇りガラスのような質感です。
ya06.JPG
 凍った池の中を観察していると、落ち葉や草、木の実など、いろいろなものがそのままの姿で閉じ込められていました。沈むことも、風に流されることもなく、ここだけ時間が止まった世界のよう。この水と氷が演出する景色も、冬の御苑ならではの出会いですね。
 
 気象庁によると、少なくとも1月19日ごろまで冷え込みが続く見通しとのこと。しばらくのあいだ冬の魅力たっぷりの新宿御苑を楽しめそうですね。

2016年1月13日 10:00

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31