南国ムード満点♪大温室に行ってみよう

カテゴリ:

 昨晩ずっと降りつづいた雨で、木々がすっきりと葉を落とした園内。徐々に雲も晴れ、お昼前には太陽が顔をのぞかせました。
(写真:新宿門近く)
y01.JPG
 寒い季節にぜひおすすめしたいのが、平成24年(2012)11月にリニューアルオープンした大温室です。すっきりしないお天気や、ひんやりとした日でも、温室へ一歩、足を踏み入れれば別世界。熱帯植物の実や花が咲き、南国気分が味わえます。
(写真:大温室で展示している洋ラン)
y00.JPG
 温室内はジャングルや滝、池、山地、乾燥地など、気候や環境テーマごとに、世界中の温室植物を植栽しています。
 また日本国内の亜熱帯地域となる小笠原諸島や南西諸島の絶滅危惧植物、そして新宿御苑を代表する植物のひとつ・洋らんなどの歴史的な植物の展示も行っています。
y03.JPG
(写真:熱帯湖沼の植物コーナー)
 
y06.JPG
(写真:熱帯低地の植物コーナー)
 
y07.JPG
(写真:乾燥地の植物コーナー)
 
 さて、新宿御苑の温室が、御苑の歴史は元より、日本における温室園芸の発展にも深いかかわりがあるのはご存知でしょうか?
 御苑の温室のはじまりは、今から140年前の明治8年(1875)に約100平方メートルのガラス張りの温室が建てられたことに始まります。この頃の新宿御苑は「内藤新宿試験場」と呼ばれる内務省所管の農業試験場で、国全体での農業技術向上の取り組みや西洋の近代農業技術の導入が行われていました。
 
 明治12年(1879)には宮内省所管の「新宿植物御苑」となり、皇室苑地として運営されました。宮中晩さん会のための野菜や果物、装飾花などを栽培する御料農場としての役割を担いました。
 明治26年(1893)に加温式の洋風温室が建てられると、近代的な促成栽培が進められ、洋ランなどの花き栽培をはじめ、メロンやパイナップルなど温室植物の収集と研究が盛んに行われました。
 当時は宮中の御料農場でしたが、園芸技術者の養成や、民間への普及にも力を入れ、日本の温室園芸の先駆的な役割を果たしました。
y08.JPG
(写真:明治40年(1907)の温室の外観)
 
 大正から昭和のはじめにかけては、特に洋ランの交配にも力を入れ、カトレヤ・シンジュクなど、新宿の名を冠した独自品種を多数作出しました。
y09a.JPG
(写真:パフィオペディルム シンジュク#144)
 
 昭和20年(1945)の空襲により、園内はほぼ全焼という大きな被害を受け、温室も植物と建物の大部分を失いました。わずかに残った洋ランなど貴重な植物は、園内で集めた薪を燃やした熱を使って越冬させることで、なんとか守ることができ、今日に伝えられています。
 
 戦後の昭和24年(1949)に新宿御苑が国民公園として一般公開され、温室は昭和26年(1951)より公開がはじまりました。昭和33年(1958)には当時、東洋一の規模を誇るドーム型の大温室が完成し、日本における観賞温室の先駆けとなりました。
y09b.JPG
(写真:昭和33年完成当時の大温室ヤシ室)
 
 その後の平成21年(2009)に施設の老朽化のため建て替え工事がはじまり、平成24年11月に現在の大温室へと生まれ変わりました。
y011.JPG
 (写真:大温室の外観)
 
 温室正面入り口の北側(新宿門寄り出入口)には、新しい大温室建設の際に出土した、明治期の温室の遺構の一部をそのままの形で展示しています。
y10.JPG
(写真:明治期の温室の遺構の一部)
 
 現在は環境省が所管する環境配慮型温室として、熱帯植物およそ2,700種を栽培・展示するほか、ハナシノブなど絶滅のおそれのある植物の保護増殖を行っています。また、洋ランにおいては戦前の古い品種や御苑で作出された独自品種、原種の野生ランの保護栽培にも取り組んでいます。
y12.JPG
 大温室館内では特色あふれる洋ランをはじめ、いまが旬のみごろの花を展示しています。
 (※展示する鉢は植物の健康状態に応じて、定期的に入れ替えを行っています)
151224s01.jpg
 また、新宿門横のインフォメーションセンター(入館無料)では、温室情報コーナーにて最新のみどころ情報もご紹介しています。新宿御苑へご来園の際は、ぜひインフォメーションセンターにもお立ち寄りください。

2015年12月24日 11:00

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30