もこもこふわふわの正体は!?

カテゴリ:

 12月も半ばに入り、秋色に染まった葉も風と共にはらはらと舞い、まるで星が降ってきたかのような風景が広がります。
 新宿門横にあるインフォメーションセンターの窓口に、「これは何ですか?」とお客さまよりご質問がありました。
 皆さまなんだか分かりますか?
01.JPG
 正解はハクモクレンの冬芽の毛皮です。
新宿門近くでハクモクレンの冬芽が観察できます。芽に近付いて見ると、もこもこの毛皮に覆われています。冬の時期は、園内散策を楽しまれるお客さまもコートに手袋、マフラーなど暖かい格好をしますが、ハクモクレンの冬芽もあたたかな毛皮のコートを着て防寒対策をしています。
02.JPG
 
03.JPG
 木の足元に目を向けると、そこにはたくさんの毛皮のコートが落ちていました。まだ冬がはじまったばかりなのに大丈夫なの?と思われる方も多いでしょうが、御心配には及びません!
04.JPG
(写真:脱げかけたコート)
 
 ハクモクレンの冬芽のコートは3枚重ねになっていて、つぼみが膨らむにしたがいコートを1枚づつ脱いでいき、3月ごろには純白の花を咲かせます。
05.JPG
 冬木立の木は、春まで眠っているかのようですが、冬芽の中では春に向けて少しずつ準備をはじめています。
06.JPG
 冬の御苑で冬芽の観察はいかがでしょうか?
 

2015年12月19日 12:26

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28