モミジが鮮やか!御苑で紅葉散策を楽しもう♪

カテゴリ:

 モミジ(カエデ)の紅葉がみごろをむかえ、いま一番の紅葉ベストシーズンをむかえた新宿御苑。今年は11月のあたたかさの影響で、例年よりも1週間ほど遅れながら、ゆっくりペースで色づきが進んでゆきました。
 園内各所で鮮やかに色づいたモミジに、お客さまからは「綺麗ねぇ」「今日来て良かったわね」といった声も聞かれました。
(写真:新宿門近く)
y01.JPG
 新宿御苑は園内各所に約800本のモミジを植栽しています。すっきりと整った樹形が楽しめる1本カエデもあれば、数十本もの木がまとまって紅葉する場所もあり、エリアによってさまざまな紅葉が楽しめます。
 今日は園内の“モミジ”スポットのなかから、とくに人気の高い場所を厳選してご紹介したいと思います。
y02.JPG
 まず最初は、入口である新宿門のすぐそばの“モミジのトンネル”です。こちらでは約40本のモミジが、赤やオレンジ、黄色、黄緑色と色とりどりに染まり、錦絵のような美しいグラデーションが楽しめます。
y03.JPG
 続いてご紹介するのは日本庭園です。こちらは庭園内に約60本のカエデがあります。
 御苑の日本庭園は、池とゆるやかな水の流れに沿って園路がデザインされた池泉回遊式の庭園です。日本庭園におなじみの木である“マツ”をはじめとする常緑樹が多く、青々とした緑のなか、赤く染まったモミジがひときわ目をひきます。
y04.JPG
 地面いっぱいに広がるクマザサとの対比もみどころのひとつ。
 庭園内には、皇室庭園時代ゆかりの歴史建造物「旧御凉亭」やお茶室「楽羽亭」などもあり、鮮やかに紅葉したモミジを、和情緒あふれる庭園風景とともにご覧いただけます。
y05.JPG
 次にご紹介するのは下の池です。新宿御苑の南東に位置し、新宿門からは園内をずっと進み、一番奥のエリアとなります。
y06.JPG
 下の池ならではの紅葉スポットといえるのが、ゆるやかにカーブする水路が隔てた離れ小島。
y06a.JPG
 モミジやメタセコイアが植栽され、水面への映り込みや、木々の枝葉の重なりなど、風情ある紅葉風景が広がります。
y07.JPG
 日光に透かして、きらきらと輝く葉も美しいですが、曇り空のお天気では葉の色が深みを増し、どっしりとした幹の存在感がひときわ高まります。
 
 カメラに親しむ恒例行事「新宿御苑フォトコンテスト」でも、こちらの場所を題材にした作品は人気があり、素晴らしい入賞作品も生まれています。
y08.jpg
2014新宿御苑フォトコンテスト入賞作品 特選
「彩る水辺」鹿内忠直さん
 
【2015新宿御苑フォトコンテストの作品を募集中!】
 「新宿御苑の魅力を写そう」をテーマとした「2015新宿御苑フォトコンテスト」の作品募集をスタートしました。
 新宿御苑で撮影した写真であれば、いつ撮影された写真でもご応募できます。
 みなさまのとっておきの一枚を、ぜひフォトコンテストにご応募ください。
 (募集締切:平成28年1月15日)
 
y09.JPG
 下の池から千駄ヶ谷門の方へ進むと、新宿御苑で最後の紅葉が楽しめるモミジ山があります。こちらは雑木林を思わせるエリアで、小高い丘の中央にはモミジバスズカケノキの大木がたたずみます。今日で全体の3~4割ほどの色づき具合ですが、来週の15日頃にかけて色づきが進みそうです。
y10.JPG
 それぞれのスポットごとに、魅力あふれる表情で楽しませてくれるモミジの紅葉。お天気にもよりますが、今年は12月中旬(12月13日頃)までみごろの紅葉を楽しめそうです。
(写真:旧御凉亭近く)

2015年12月 8日 11:00

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30