玉藻池とシロシキブ

カテゴリ:

 今朝の玉藻池は雨。しっとりと静かな時間が流れています。草むらではジージーとキリギリスの鳴き声が響き、池にはカイツブリが水面を滑るように悠々と泳いでいます。
 玉藻池のほとりではシロシキブの実がみごろを迎えています。
01.JPG
 思い思いに枝を伸ばした先には、可愛くまとまった実が点在して、ときおり吹く風にゆらゆらと揺れています。
2.JPG
 
 実は、枝元から枝先に向って黄緑色から白へと熟していきます。透き通るように白い実は、まるで真珠のようにも見えますね。純白の実が目をひきますが、まだ熟しきらない黄緑色の実も濃い緑の中で映え、きれいですね。艶やかな身に誘われてか、カメムシの仲間がシロシキブの実にしがみついていました。
6.JPG
4.JPG
 
 新宿御苑は江戸時代、徳川家康が家臣であった内藤清成に授けた江戸屋敷でした。そして内藤家の庭園として作られた「玉川園」が現在の玉藻池にあたります。内藤のお殿様は何を思いこの庭を歩かれたのでしょうか?江戸時代に思いを馳せながらの散策はいかがですか?
5.JPG
 

2015年9月18日 16:24

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31