ヤブミョウガがみごろです

カテゴリ:

 7月に入りましたが梅雨の影響もあり、ジメジメと湿気の多いお天気の日が続いています。園内各所の日陰では、ヤブミョウガの花がみごろをむかえています。
01.JPG
 新宿門から入って、新宿門と大木戸門を繋ぐ園路を進んでいくとヤブミョウガが群生しています。花に近づいて見ると、透き通るような白い花が枝先に咲いています。まるで繊細な蝋細工のようにも見えますね。ヤブミョウガの花は、開花するとすぐに花びらを落としてしまいます。
02.JPG
「名前にミョウガと付いてるから、やっぱり美味しいのかしら?」とお客さま。
名前に「ミョウガ」と付いていますが、ヤブミョウガはツユクサ科で、ミョウガはショウガ科と異なるグループのため地中にミョウガは出来ません。ではなぜ、名前にミョウガと付くのか、それは葉がミョウガに似ており、藪に生えることに由来しています。
03.JPG
 花の中には、早くも丸い果実が膨らんできています。現在は翡翠のような色をしていますが、秋になると直径5ミリほどの実が藍青色に色を変えます。
04.JPG
 ヤブミョウガは新宿門近くの他、日本庭園や三角花壇の近くに群生しています。例年、8月中旬ごろまでお楽しみいただけます。
05.JPG

2015年7月 8日 15:00

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31