ケンロクエンキクザクラがみごろです

カテゴリ:

 フランス式整形庭園から下の池に向かう道の途中ではケンロクエンキクザクラがみごろをむかえています。ふわふわとした小さな綿あめのような花がたくさん咲いています。

150419s1.JPG

150419s5.JPG
 この時期、お客様から「どこにあるのかしら」というご質問の多いケンロクエンキクザクラですが、開花と同時に若葉が伸びる品種のため、遠くから見ると青々とした葉に花が隠れてわかりづらいかもしれません。樹の下まで来てみると葉の間からピンク色の花がちらりちらりとのぞいているのがわかります。
150419s4.JPG
 近づいて花を見ると、「何枚花びらがあるのかしら」と不思議そうに眺めているお客様もいらっしゃるほど、ボリュームのある花がたくさん咲いています。この花には100枚以上の花びらが球状についており、このような桜の咲き方を菊の花のように見えることから“菊咲き”と言います。
150419s2.JPG
 ケンロクエンキクザクラの花びらの数は日本一と言われていて、樹齢が若いものは100枚程度ですが、350枚を超えるとも言われていますので、一枚一枚数えてみるのも面白いかもしれませんね。

2015年4月19日 14:12

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31