セイヨウバクチノキがみごろです

カテゴリ:

 母と子の森外周やサービスセンター近くでは、セイヨウバクチノキがみごろをむかえました。園内では八重桜のイチヨウやウコンがみごろをむかえ華やかですが、このセイヨウバクチノキも桜と同じバラ科の植物です。

150414s1.JPG

150414s2.JPG

 セイヨウバクチノキという名前は、 近縁種で日本産のバクチノキが生長するとともに樹皮が剥がれていく姿を、博打打ちが勝負に負けて丸裸にされる様子に例えたことに由来しています。しかしセイヨウバクチノキはバクチノキと違って、老木にならないと樹皮がはがれ落ちることはありません。

150414s3.JPG
 遠くからも白い花は目立ちますが、近づいて花を見てみると房状に沢山の花が咲いています。ひとつひとつの花をじっくり観察してみると、まるで水槽を自由に漂うクラゲの様な形をしています。可愛らしい花と共に、甘い香りもお楽しみいただけますので、花に近づいて春の香りを堪能してみてはいかがでしょうか?
150414s4.JPG
150414s5.JPG
 セイヨウバクチノキが咲く母と子の森外周部から新宿門へ向かう道を歩いていると、ハンカチノキが花芽と苞を出しはじめていました。たくさんのお客様から「もう咲いたかしら」「いつ頃がいいかしら」といったご質問を受ける人気の植物です。天候にもよりますが、みごろは来週の頭ごろになりそうです。花盛りの新宿御苑の春をお楽しみ下さい。

2015年4月14日 15:46

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31