枝の先で揺れているものの正体は?

カテゴリ:

「枝先にトゲトゲした球が付いているんですが、アレはなんですか?」
とお客様からお問い合わせがありました。
皆さま何か、お分かりでしょうか?
01.JPG
正解は・・・

モミジバスズカケノキの実です。

 実の大きさはピンポン玉くらいです。綿毛を付けた小さな種が丸く寄り集まったもので、衝撃が加わるとぱらぱらとほぐれて、タンポポの綿毛のようにふわふわと旅立ってしまいます。
02.JPG
 実を近くでご覧いただきたい場合には、エコハウス横に植栽されている木がおすすめです!こちらの木は、2007年の台風で大きな被害を受けましたが、樹木治療により一命を取り留め現在は、下枝まで多くの実を結んでいます。
03.JPG
 新宿御苑のモミジバスズカケノキは、明治20~30年代に日本で初めて園内に植えられ、国内で最も古い歴史のある木といわれています。国産第一号のイチゴの『福羽イチゴ』を作出した福羽逸人が、当時、高さ1メートルの木を園内に3株植栽したという記録もあります。
04.JPG
 本日は、都内でも氷点下まで冷え込み、園内各所の池ではうっすらと白く霞むほど氷が厚く張りました。地面もぼこぼことと盛り上がり、表面の土を除けるとびっしりと霜柱も出来ていました。園内散策の際には、暖かい格好でお楽しみください。
05.JPG

2015年2月10日 14:23

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30