ユリノキの花?

カテゴリ:

150201s4.JPG
 新宿御苑のシンボルツリーにもなっている「ユリノキ」。冬になり木々の葉が落ちると、お客様から「ユリノキについているのはお花かしら?」というご質問を受けることが多くなってきます。
150201s2.JPG
 木を見上げると、枝先に花のようなものがたくさんついているように見えます。皆さま、何だか分かりますか?
150201s5.JPG
 これは集合果と呼ばれる果実が集まったものです。
 花びらに見える部分は「翼果」と呼ばれ、一枚一枚の付け根に種がくっついています。ぱらぱらとはがれると、この花びら部分が翼の役目を持ち、風に乗って遠くへと種を飛ばします。ユリノキの花は、毎年5月のゴールデンウィークごろにお楽しみいただけます。
150201s3.JPG
 今日のように風が強い日には、ひらひらと風に舞うタネを見られるかもしれません。冬ならではのユリノキの姿をお楽しみください。

2015年2月 1日 11:00

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30