2018新宿御苑フォトコンテスト入賞作品

【主催者あいさつ】
「2018新宿御苑フォトコンテスト入賞作品展」にご来場いただき、誠にありがとうございます。このコンテストは、カメラを通して新宿御苑の自然の素晴らしさを感じ楽しんでいただくため平成3年度から開催され、今年で28回目を迎えました。
 今回は北は宮城から南は鹿児島まで全国各地376名のみなさまから1509点の作品のご応募をいただきました。平成3年度の開催以来、歴代13番目となる多数の作品が寄せられ、いずれも甲乙つけがたい力作ばかりでしたが、厳正な審査を経て入賞作品が選ばれました。
 写真展には入賞作品とあわせて、審査にあたられた写真家の特別作品を展示いたしました。多くの方々にご覧いただき、新宿御苑の四季折々の表情と自然の美しさを楽しんでいただければと思います。
 フォトコンテストの実施及び写真展の開催にあたり多大なるご支援をいただきました、環境省新宿御苑管理事務所、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社ならびに関係各位に厚く御礼申し上げます。

一般財団法人 国民公園協会 会長 杉山 博孝



【審査員総評】
 新宿御苑は信濃高遠藩内藤家の江戸屋敷から明治の農事試験場、日本初の皇室庭園という歴史を経て、昭和24年(1949)4月に国民公園となりました。本年2019年で国民公園開園70年の節目の年を迎えます。
 昭和23年に生まれた私が初めてここを訪れたのは昭和30年のことで、東京にもこんなに広い原っぱや林があるのかと驚いた覚えがあります。
 残念ながら当時の写真はありませんが、残っていれば重要な記録となり、様々な変化を見付け出すことができるでしょう。今回入賞された作品の中にも将来、新宿御苑の歴史を振り返る上で大きな意味を持つであろうものが幾つもあり、写真の記録性を再認識させられました。
 写真はそこに行き、シャッターを押さなければ何も写すことはできません。入賞された方はもとより惜しくも入賞を逃された方々も機会ある毎に足を運んで様々なシーンを写され、次の機会に見せて頂けることを期待しております。

 写真家 木村 正博
写真家 岡本 洋子


環境大臣賞

「紅一点」  松山 進 (神奈川県)

私の持論は「悪天候は傑作につながる」ですが、それを地でいったような画面です。降り積もった雪で足元の条件が厳しい中、中の池まで足を運ばれた甲斐がありましたね。色が消えたモノトーンの景色の中に赤い傘とジャケットの人物が浮き上がり、題名と実によくマッチしています。力強い冬木立の枝を画面左に入れ、右に庭園の景色を入れたフレーミングもお見事です。

(2014年2月14日撮影 撮影場所:中の池)

環境省自然環境局長賞

「みぞれ舞う」  高玉 浩 (東京都)

いい写真を写す上で大事なのは「いい被写体に出会うこと」ですが、作者は実にいいチャンスに恵まれましたね。満開の花で春到来を告げる早咲きの桜・陽光と、それをからかうように降りそそぐみぞれの組み合わせが、この時期の不安定な天候を象徴しています。

(2018年3月21日撮影 撮影場所:風景式庭園)

環境省新宿御苑管理事務所長賞

「大きく強く」  岡田 光生 (神奈川県)

風景式庭園の西側にあるユリノキの大木と人物、それに園外の建物を組み合わせて、都会のオアシス・新宿御苑ならではの光景を捉えています。カメラの位置を大きく下げたことで、まるで丘の上を見上げたような錯覚効果を与えます。画面を単純化し、モノトーンで見せたのも成功しています。

(2017年11月9日撮影 撮影場所:風景式庭園)

(一財)国民公園協会会長賞

「職人技」  菊地 豊 (東京都)

審査員も長いこと御苑を撮影し、菊花壇展にも何度も足を運んでいますが、このシーンには出会ったことがありません。長い竹竿を使って懸崖菊に水やりをしている状況とのことですが、いいチャンスに出会われましたね。そのチャンスを、的確な画面に収めたのが功を奏しました。

(2018年11月7日撮影 撮影場所:日本庭園)

特選

「春の空」  宮崎 昭光 (東京都)

母と子の森の池の縁にある枝垂桜が主役です。この桜はある年に折れてしまい樹形が小さくなってしまいました。なかなか撮ろうという写真欲が湧かなかったのですが、この作品を見て、青空の写り込みと桜が見事に表現されていて感心しました。

(2018年3月23日撮影 撮影場所:母と子の森)


「親子愛」  新実 恒雄 (東京都)

まだ産毛のカイツブリの子どもが親の口元にクチバシを寄せる生き生きとしたいい表情が撮れました。ピントも見事で羽の質感の描写も周囲のボケもきれいです。しっかりとした作者の撮影技術に裏付けされた素晴らしい野鳥の作品です。

(2017年4月28日撮影 撮影場所:玉藻池)


「二人の世界」  吉川 久登 (東京都)

大きな3本ユリノキの根元に乗っかって、何か面白いものを見つけたのでしょうか? ちょっとはにかんだように笑う二人の子供たちが愛らしいですね。まるで絵本を見ているような光景です。新緑の樹々の緑を背景に初夏の爽やかな風を運んでくれるような素敵な作品です。

(2018年6月4日撮影 撮影場所:風景式庭園)


「仲良く写生」  今井 政男 (東京都)

紫陽花に張り付くように真剣に写生している女の子二人を主役に、横でピンク色のスカートの女性が花を撮影しているという三者三様の姿が面白いですね。画面の右の女性をもう少し画面に入れてフレーミングすると窮屈さが解消されて良かったですね。

(2018年5月27撮影 撮影場所:整形式庭園)


「葉の造形」  峯岸 誠一 (神奈川県)

温室の植物の葉っぱの造形に着目して、上手く3枚の組み写真にしました。直線や曲線の面白さ、色や形、葉脈など、植物の個性と魅力をきちんとポイントに抑えてフレーミングしています。同じ緑といっても様々なバリエーションがあるのを教えてくれますね。

(2018年12月2日撮影 撮影場所:大温室)


「女三人旅」  関根 千夜子 (東京都)

御苑の広大な芝生の中を堂々とあるく外国人の女性3人組、どちらの国から来られたのでしょう。最近では御苑を訪れる外国人が増えて珍しくなくなりました。秋の斜光線で輝く髪の毛や奥のプラタナス並木が美しく描写されました。タイトルもぴったりですね。

(2018年11月28日撮影 撮影場所:風景式庭園)


「和心」  大曽根 房子 (東京都)

菊花壇展のイメージを上手く組み写真にしました。3枚それぞれ違った被写体を撮ってまとめた腕前が見事です。特に翔天亭の窓ガラスに映り込んだ菊の花のデザインを上手く写し、組み写真に生かした斬新なアイデアに脱帽です。

(2018年11月8日撮影 撮影場所:日本庭園)


「木漏れ日浴びて」  原川 哲仁 (東京都)

プラタナス並木を魚眼レンズで捉えた作品です。大地の湾曲が特徴的で面白い効果が生まれています。またあえて色を出さずにモノクロの画面にしたことで、プラタナスの樹形と葉っぱの造形が印象的に表現されました。普段見ている世界とは別の世界にいるかのようです。

(2018年12月1日撮影 撮影場所:プラタナス並木)


「陽門」  佐々木 正明 (東京都)

日没の時刻が閉園間近の時間と重なる冬の初め、木のアーチから夕日が差し込んで、まるで異世界への入り口のようです。西洋絵画を思わせるとても印象的な光を捉えました。光の中を歩く二組の人物がいいアクセントになり、奥行き感も出て上手いフレーミングです。

(2018年12月7日撮影 撮影場所:整形式庭園近く)


「一休み」  平川 巧 (東京都)

この作品を見た時に、“ぷっ”と噴き出してしまいました。見た人を笑顔にする作品ですね。この雪像を作った作者にも拍手を送りたいのと、雪像に面白さを感じて撮られた作者に拍手です。雪が降った後の御苑では日常では見られない一期一会の光景に出会えますね。

(2018年1月23日撮影 撮影場所:風景式庭園)

入選

「梅一輪程のあたたかさ」  黒田 良男 (埼玉県)

3枚の花の組み写真から、早春の日差しの暖かさや花の香りまで感じさせるイメージが伝わってきます。一枚一枚のカットもそれぞれの花が魅き立つように美しく撮られていて、作者の確かな力量を感じます。

(2017年2月3日撮影 撮影場所:西休憩所、楽羽亭付近)


「桜、さくら」  丹羽 由美子 (埼玉県)

こんなにも色々な色の桜が一度に見られるなんて、御苑の桜の種類の多さは抜群ですね。そこに着目して色を意識してフレーミングされています。春爛漫、その下では人々が思い思いに桜を楽しんでいる様子と一緒にスナップされています。

(2018年3月27日撮影 撮影場所:桜園地)


「春の日、暮れて」  設楽 誠一 (東京都)

いい夕陽になりましたね。閉園ギリギリの時間帯でしょうか、人も入らずに桜と夕景が印象的に撮れました。カメラの色づくりのせいもあるかと思いますが、やや彩度やコントラストが上がり過ぎているので、色調整は抑え気味でも十分素晴らしい作品になったでしょう。

(2018年3月24日撮影 撮影場所:風景式庭園)


「花園」  花島 敏夫 (埼玉県)

里桜満開の日、沢山の若い女性たちが桜の花をスマートフォンのカメラで撮影しています。お友達同士のグループでしょうか? 明るい話し声が聞こえてくるかのようで、温かな春のぬくもりを感じる素敵なスナップ写真です。

(2016年4月15日撮影 撮影場所:風景式庭園)


「語らい」  吉田 弘幸 (東京都)

なるほど、いい光景を撮りました。3人の女性の黒い帽子や真ん中の方がさす日傘がシンメトリーな構図を作っていて面白いと思いました。風景そっちのけでおしゃべりに講じている仲良し3人組という場面が想像できます。

(2018年3月28日撮影 撮影場所:プラタナス並木)


「ハナチョウジ」  福田 浩 (東京都)

温室の中では三脚は使えないので、流れをスローシャッターで撮ることは難しいですが、滝の流れとその横に流れるように咲いているハナチョウジという植物を上手くフレーミングしました。二つの流れがシンクロしていて面白いですね。

(2018年6月26日撮影 撮影場所:大温室)


「包容」  西島 洋憲 (神奈川県)

タムケヤマモミジの湾曲した幹が特徴的です。二股に分かれた部分に紅色のサルスベリが咲き、色取りを添えるアクセントになっています。この木に抱かれているようだと感じた作者の視点とフレーミングの上手さに脱帽です。

(2018年11月3日撮影 撮影場所:中の池付近)


「樹木の伝言」  大胡 和美 (千葉県)

面白い被写体を見つけましたね。ここにヒマラヤシーダーの切り口があったことには気づいていましたが、このように撮ってみるとなるほど、目と口があって顔のようにも見えますね。作者の観察眼とそれを作品に仕上げる力が素晴らしいです。そしてタイトルもなかなか素敵です。

(2019年1月4日撮影 撮影場所:サービスセンター付近)


「水の音」  竹内 成夫 (神奈川県)

上品で繊細な作品ですね。池の縁で色づき始めたモミジはまだ青い部分が多いのですが、写り込みには秋色が散りばめられています。水面に波紋が広がって、動きを演出しています。静かな秋の風情を感じる素敵な作品です。

(2018年11月27日撮影 撮影場所:下の池)


「初冬の頃」  小杉 健次郎 (千葉県)

カメラを地面に置いて撮られた大胆なアングルが面白いです。広角レンズの広い画角が地面からプラタナスの先端まで写しこみ、広々とした空間が心地いいです。水平線が斜めになってしまったので、まっすぐになるように注意してカメラを置くとさらに良かったですね。

(2018年11月10日撮影 撮影場所:プラタナス並木)


「おいしい休憩」  荻原 弘和 (東京都)

大きく口を開けて美味しそうにお子様ランチを食べる娘さんを横からパチリと撮りました。可愛らしい被写体は見る人の心をほっこりとさせてくれます。窓から差し込む日差しも暖かく外の風景も見えて特等席でのランチのひとコマです。

(2018年12月18日撮影 撮影場所:レストランゆりのき)


「御苑での秋のひととき」  斎藤 孝之 (千葉県)

芝生に寝転んで、家族でくつろぐ時間が穏やかに流れていくようです。秋色に染まった樹々を背景に向かい合うお父さんと男の子は顔こそ見えませんが、幸せな気分に満たされているのがこの画面から伝わります。

(2017年12月7日撮影 撮影場所:風景式庭園)


「棲家」  大野 詳平 (神奈川県)

一面黄色に染まった画面の中の白いサギが印象的です。縦の構図で木々の伸びやかさを表現して足元にサギを置いたフレーミングがばっちり決まっています。サギの向きと樹々の向きも申し分ないですね。良いタイミングに出会った運も作者の実力のうちでしょうか。

(2018年11月18日撮影 撮影場所:下の池)


「秋の訪れ」  星 幸男 (東京都)

午後の光に照らされたモミジはより赤く、旧御凉亭の屋根の赤さと相まって、下方の池の青さといいコントラストをなしています。風もなく池の写り込みがきれいで、わずかに映る白い雲もいいアクセントになっています。

(2016年12月4日撮影 撮影場所:日本庭園)


「冬の玉藻池」  堀内 直子 (神奈川県)

イイギリの赤い実がたわわに実り、玉藻池に垂れ下がっています。存在感のあるイイギリの木だけでも印象的ですが、その下にはカモたちが集っています。イイギリとカモのバランスも良く、絵画的な味わいのある作品になりました。

(2018年12月9日撮影 撮影場所:玉藻池)


「生命力」  木ア 信尚 (埼玉県)

確かにこの木を見るたびに、感じ入るものがありますね。言葉は発しませんが、人間とは違った時間を生きる木の精が私たちを力づけてくれるようにも感じます。湾曲した左右の大きな幹をシンメトリーに配置して、すごい迫力になりました。

(2018年12月1日撮影 撮影場所:中の池付近)


「寒冬に力強く!」  宮川 信吾 (東京都)

大胆に下からのアングルで、御苑の巨樹がさらに力強く迫力満点に写されました。ごつごつとした木の幹も他者を寄せ付けない鎧のようで面白い描写になりました。二つの幹、放射状に広がる枝、シンメトリーな構図で迫力、安定感ともに抜群です。

(2019年1月11日撮影 撮影場所:中の池付近)


「新春の装い」  小松 英雄 (神奈川県)

松のタギョウショウを剪定する作業風景ですね。あれだけきれいな形を保つにはやはり手間をかけて管理していかないといけないという、御苑の裏方の仕事が垣間見えて面白いです。作業人数も多く脚立が林立してスナップするにはいい瞬間でした。

(2018年1月27日撮影 撮影場所:日本庭園)


「雲涌いずる池」  吉川 すみ枝 (東京都)

スタイリッシュな作品です。水面に写るうろこ雲とドコモタワーというランドマークを組み合わせて、そこにポツンと広がる波紋をアクセントにした上手い構成です。暗めなトーンで仕上げたのも雰囲気がありますね。

(2018年12月12日撮影 撮影場所:中の池)


「冬陽に輝く」  白石 幸伸 (東京都)

東京で雪が降るという珍しい時に来られていい状況を撮られました。かなりの量の雪が積もっています。まだ降りたてのようで柔らかな雪の描写もいいですね。池の氷の表情もそれぞれ違いがあって面白いです。

(2018年1月23日撮影 撮影場所:日本庭園)

 大好き新宿御苑賞 

「花びらの池」  輿石 恵美 (神奈川県)

多くの大人のカメラマンが池に散った桜の花びらをきれいに撮りたいと思っています。素敵な状況に出会いましたね。ドコモタワーを入れ、右中央の松の木から水面の桜へと流れるようなラインを意識して、バランスよく撮りました。大人顔負けの美しい写真です。

(2018年3月30日撮影 撮影場所:日本庭園)


「おとうさんわらって」  西川 佳寛 (東京都)

飛行機を持ったお父さんが、大きなやんちゃな子どものように写っています。カメラマンと被写体が逆転しました。お父さんのサングラスに子ども広場の景色が映っているのも面白いですね。手前にはシャボン玉が上手く入りました。シャボン玉を作りながら撮ったとしたらすごい技ですね!

(2018年9月17日撮影 撮影場所:こども広場)



© The National Gardens Association since 2007