2016新宿御苑フォトコンテスト入賞作品

【主催者あいさつ】
 「2016新宿御苑フォトコンテスト」入賞作品展にご来場いただき、誠にありがとうございます。このコンテストは、カメラを通して新宿御苑の自然の素晴らしさを感じ楽しんでいただくため平成3年度から開催され、今年で26回目を迎えました。
 今回も北海道から鹿児島まで全国各地577名のみなさまから2238点の応募をいただきました。平成3年度開催の第1回目に次ぐ歴代2番目となる多数の作品が寄せられ、いずれも甲乙つけがたい力作ばかりでしたが、厳正な審査を経て入賞作品が選ばれました。
 写真展には入賞作品とあわせて、審査にあたられた写真家の特別作品を展示いたしました。多くの方々にご覧いただき、新宿御苑の四季折々の表情と自然の美しさを楽しんでいただければと思います。
 フォトコンテストの実施及び写真展の開催にあたり多大なるご支援をいただきました、環境省新宿御苑管理事務所、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社ならびに関係各位に厚く御礼申し上げます。

一般財団法人 国民公園協会新宿御苑 会長 福澤 武



【審査員総評】
 私が新宿御苑の撮影を始めて約20年になりますが、その間撮影に使用するカメラはフィルムからデジタルに移行し、今回の応募作の大部分がデジタルカメラになりました。技術の進歩に連れて記録メディアが変わるのは当然ですが、写し始めた頃何年にもわたって存在を誇示していた木々が自然災害や寿命で姿を消し、植えられたばかりの苗木が仰ぎ見るほど大きく生長するなど、苑内の姿も静かにしかし着実に変化しています。
長年にわたりここを撮影している私はそれらの変化に眼を向け、私なりの視点で記録し続けていますが、毎年フォトコンテストの時期を迎えると「今年はどんな光景を見られるのだろう」という期待が膨らみます。それは年毎、季節毎、訪れる時間、場所毎に御苑の表情は微妙に変わり、その時その場にいた人でなければ写せない瞬間があるからです。また私は常々荒天こそ撮影のチャンスと考えていますが、昨年11月の降雪時に撮影された作品が入選していたのは嬉しい限りです。
 ぜひ四季折々に魅力的な表情を見せてくれる御苑に足繁く通っていただき、魅力の数々を発見しながら、各々の眼と技術に磨きをかけていただききたいと思います。

 写真家 木村 正博
写真家 岡本 洋子


環境大臣賞

「深紅の千羽鶴」  西内 辰宏 (東京都)

今ではドコモタワーも、すっかり御苑の借景として馴染みましたね。魚眼レンズの効果でしょうか?周辺がゆがみ、遠近感が誇張され、真っ赤なモミジの葉っぱがぐるりとドコモタワーを取り囲むように描写されて、葉っぱのボリュームに圧倒されるようです。沢山の葉っぱを千羽鶴に見立てて“深紅の千羽鶴”とつけられたタイトルも素敵です。作品、タイトルとともに作者の創造性の高さを感じる作品です。

(2015年12月13日撮影 撮影場所:日本庭園)

環境省自然環境局長賞

「群れで休息」  荻野 定男 (東京都)

池の岸辺で横に並び、同じように羽の間に頭を差し込んで憩う鴨の様子がユーモラスです。大都会の真っ只中にある公園とは思えない、野鳥の楽園といった趣が感じられます。大きく拡大するとわずかにシャープネスが不足しているので、ブレないように気を付けるとさらに良かったでしょう。望遠レンズで遠景の被写体を狙う時はシャッタースピードが遅くならないように注意が必要です。

(2016年11月2日撮影 場所:中の池)

環境省新宿御苑管理事務所長賞

「巨木の秋」  中島 一之 (千葉県)

御苑のシンボルツリー、三本ユリノキで遊ぶ子供達の姿を超広角でローアングルから狙い、木の高さと季節感を同時に見せているのがいいですね。晴れた青空と、黄色い葉の対比も画面の印象を引き締めています。

(2016年11月22日撮影 撮影場所:イギリス風景式庭園)

(一財)国民公園協会新宿御苑会長賞

「春の中の池」  輿石 宇一 (神奈川県)

桜の時期も終わりに近く、池の畔のツツジや緑が溢れだした春の中の池。一見何気ないような光景ですが、季節感がよく描写された画面です。水面の波紋や映り込みも効果的ですが、ドコモタワーをもう少し画面右に配してもよかったでしょう。

(2016年4月30日撮影 撮影場所:中の池)

特選

「秋雪の日」  吉本 廉次郎 (神奈川県)

紅葉を見に来たら時ならぬ秋の雪。信州や東北なら珍しくありませんが、御苑では私も初めて目にしました。80ミリの焦点距離で傘を差した女性と紅葉に焦点を合わせ、手前の雪をぼかして降雪のイメージを強調したのが成功しています。

(2016年11月24日撮影 場所:イギリス風景式庭園)


「謐(しず)け」  金井 翔平 (東京都)

母と子の森から出て、日本庭園に向かう外周林の園路が見せる静謐さに注目されたのがよかったですね。暗い常緑樹の中に、ただ一本紅葉したモミジの存在が画面を引き締めています。欲をいえばカメラの位置をもう少し下げると、タイトルの印象がさらに強まりました。

(2016年12月8日撮影 撮影場所:日本庭園の外周林)


「雀蜂・蜜蜂攻防戦」  大野 勝高 (東京都)

松の木にできた洞に巣を作ったニホンミツバチと、それを狙うスズメバチ。ニホンミツバチの団子の中には先兵のスズメバチがいるのでしょうか? 右上のスズメバチは戦況を観察しながら攻撃の機会を狙っているようにも見えます。いいチャンスに恵まれましたが、写真を撮るときはスズメバチにはくれぐれも注意してくださいね。

(2016年10月6日撮影 撮影場所:中の池)


「共生」  末吉 邦男 (東京都)

御苑の池には何種類もの亀がいますが、その中でも大型なのがスッポンです。石に上がり甲羅干しをしているスッポンの鼻先にシオカラトンボ、甲羅の上にアキアカネが止まり、自然が見せるユーモラスな光景をいいタイミングで捉えています。

(撮影日2016年7月8日 撮影場所:母と子の森)


「知の空間」  津布久 郁夫 (東京都)

秋の柔らかい日差しの下、園路に設けられたベンチで読書する男性の様子にレンズを向けたのがよかったですね。右上からの木漏れ日が人物を照らし、暗く落ちた背中との対比で立体感が強調されています。

(2016年11月5日撮影  撮影場所:イギリス風景式庭園)


「11月の雪」  茅 直美 (東京都)

昨年11月の雪は途中から霙に変わり、手袋に染み込んだ水分が指先を凍えさせました。そのお蔭で御苑の紅葉は進んだようですが、この画面は始まったばかりのイイギリの黄葉と暗い常緑樹、落ちてくる雪の対比で寒々とした晩秋のイメージを強調しています。

(2016年11月24日撮影 撮影場所:玉藻池)


「深秋」  和木 通 (埼玉県)

下の池の小島の紅葉は、御苑の中でも秀麗さを誇っています。晩秋の昼下がり、やや西に傾いたトップライト気味の逆光を活かし、葉を透過した光で微妙な色のトーンを見せたのが成功しています。

(2016年12月3日撮影 撮影場所:下の池)


「黄昏時の光の中で」  百瀬 信男 (東京都)

閉園時間間近の芝生広場に座り込む人々を斜光線が照らし、黄色く冬枯れた芝生といい対比を見せています。澄み渡った青空にも赤味が加わり、黄昏時の光の印象がよく表現されています。

(2016年2月5日撮影 撮影場所:芝生広場)


「憩いのひと時」  小川 ゆきよ (東京都)

ティールームに射し込んだ光がテーブル上に作り出した影と、光を透かしたティーカップで印象的な画面を作り出しました。窓の向こうに見えるドコモタワーも、この場所のイメージを強調する上で効果的でした。

(2017年1月6日撮影 撮影場所:カフェはなのき)


「雨の足跡」  荻原 弘和 (東京都)

水溜りの形を足跡に見立てたのですね。そこを覗きこむ幼児と見守るお母さんの実体と、水面に映り込んだ様子を対比した構成がよかったです。二人の姿の焦点がピシッと合っているとさらによかったですね。

(2017年1月9日撮影 撮影場所:イギリス風景式庭園)

入選

「光の精」  小岩井 みつ子 (長野県)

都心とは思えないような、まるでどこかの深い森の中にいるような情景です。うっすらと靄(もや)がかかったのですね。森に射し込む光が光芒となって美しいですね。いい状況に巡り合ってチャンスを逃さず撮りました。

(2014年11月29日撮影 撮影場所:日本庭園)


「吹雪の日本庭園」  北川 浩司 (千葉県)

昨年の秋、何十年ぶりか秋に東京でも雪が降りました。秋の紅葉のただなかに雪が降るという珍しい状況にカメラマンは右往左往したのではないでしょうか。都心はあまり積もりませんでしたが、旧御凉亭に降りしきる雪と紅葉の情景がとても美しく捉えられています。

(2016年11月24日撮影 撮影場所:日本庭園)


「秋は盛り」  中嶋 雄大 (茨城県)

大胆にローアングルで狙いましたね。地面に沢山落ちたどんぐりを主役に遠景に旧御凉亭を入れています。やや右下がりに傾いているので、水平がまっすぐになるよう気を付けるとさらによかったですね。

(2016年11月16日撮影 撮影場所:日本庭園)


「浮遊花」  黒田 良男 (埼玉県)

かなり水面すれすれに構えて撮った作品ですね。大温室と池を背景にサガリバナが水面に浮かんでいる様子が写されていて、臨場感ある繊細な作品に仕上がっています。今までに見たことのない、ユニークな作品だと思います。

(2016年6月25日撮影 撮影場所:大温室)


「秋窓」  藤川 豊彦 (神奈川県)

旧洋館御休所の出窓のガラスに映る景色を夕方のいい時間帯に撮られましたね。ガラス窓に映るユリノキと御休所の組み合わせが何ともロマンチックです。映り込みというモチーフを活かして秋の風情を上手に表現しました。

(2016年11月22日撮影 撮影場所:旧洋館御休所)


「冬木立」  石川 賢一 (高知県)

冬ならではの葉っぱの落ちた巨樹の立ち並ぶ風景を、ドコモタワーをアクセントに絵画的にまとめました。巨樹の多い、御苑ならではの風景がセンス良く切り取られています。モノトーンの表現が一層冬の寒さを感じさせますね。

(2016年2月24日撮影 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「菊花壇の彩り」  浅野 篤 (神奈川県)

菊の花4枚の組写真です。菊花壇展の菊の花をそれぞれ前ボケを使ってファンタジーに表現しました。撮り方に共通点がありながら違った種類の花を上手く見せています。花の写真ならではの色艶やかさがいいですね。ボケも柔らかく作者は花の写真を撮りなれているようです。

(2016年11月2日〜16日撮影 撮影場所:日本庭園)


「和みのひと時」  高木 良久 (東京都)

プラタナスの大きな葉っぱを日にかざして葉脈でも見ているのでしょうか?仲のいいご夫婦なのでしょうね。同じ動作をしている2人を狙った上手いスナップです。また逆光で撮られたのがよかったですね。秋の日差しあふれて見ているこちらの心まで温かくなるような作品です。

(2016年11月3日撮影 撮影場所:フランス式整形庭園)


「夜想曲」  吉村 美令奈 (東京都)

秋の日は夕暮れが早いですね。日没が迫った、閉園間近の時間帯でしょうか。沢山の秋色がしっとりと描写されています。御苑の外では早くも街灯がともされているようです。何気ない景色ですが、この光景をカメラにおさめたいと感じた作者の思いが伝わります。

(2016年12月2日撮影 撮影場所:新宿門付近)


「日も暮れて」  大沼 あきら (東京都)

12月は一年のうちでも日没の時間が一番早い季節です。御苑の閉園時間間近までいればきれいな夕日にも遭遇します。作者はオレンジ色に焼けた空に御苑のランドマークのドコモタワーや巨樹のシルエットを影絵のように撮りました。露出補正を明るくしないでシルエットで撮ったことで、印象的なシックな仕上がりになりました。

(2016年12月9日撮影 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「イベントの前日」  宮崎 昭光 (東京都)

白いテントがリズム感よく並んだ面白い光景を撮りました。青空と緑の森を背景に白いテントが映えますね。遠くから見るとテントで切り取られた木が形よく並んで見えて騙し絵のようにも見えました。一人歩く人物がアクセントになって、シンプルでいてデザイン性の高い作品です。水平線が少し曲がっているので、まっすぐに撮られるとさらによかったでしょう。

(2016年5月18日撮影 撮影場所:フランス式整形庭園)


「こもれびの小径」  島田 修 (神奈川県)

高い樹々の梢の隙間から射し込む木漏れ日が靄を通して素晴らしい光芒となりました。都会ではなかなか巡りあえない貴重なシャッターチャンスをものにしましたね。深い森の中でしか巡りあえないような情景と、普通にそこを歩く人物の対比が不思議な感覚を呼び覚まします。

(2016年11月20日撮影 撮影場所:母と子の森)


「池のほとりのアカハラ」  岩本 多生 (神奈川県)

望遠レンズでピントをピシッと合わせてきちんと撮られた鳥のこの作品は見ていて心地いいですね。水面のとろけるような背景も美しく、アカハラが凛々しく浮かび上がってきます。アカハラの表情や羽の質感などの描写も優れていてすぐそこにいるような臨場感があって、妥協のない作品作りの心意気が伝わってくるようです。

(2016年1月26日撮影 撮影場所:中の池)


「咲き始めた恋」  川島 奈緒美 (神奈川県)

新緑の美しい5月。緑を大きく扱ったフレーミングのためにツツジが遠慮がちに咲いているようにも見えますが、ピンク色が鮮やかなので主張していますね。ここだけ見ればどこかの山の中のようです。御苑の自然豊かな懐深い一面を捉えました。大木の下にひっそりと咲く健気なツツジをイメージしたおしゃれなタイトルもいいですね。

(2016年5月3日撮影 撮影場所:日本庭園)


「雨の桜道」  富永 賢 (東京都)

雨が降れば樹々はしっとりと濡れ、地面は輝き美しさを増します。最近は雨の日でも花見の方や観光客が来園していますが、御苑の桜の素晴らしさが広まっているのでしょうね。道行く人の傘の花も雨の日に彩りを添えています。作者は雨の日ならではの素敵な写真を撮りました。

(2014年4月3日撮影 撮影場所:中の池付近)


「夏雲」  宇田川 健太郎 (東京都)

最近はこのような夏らしい迫力ある入道雲を見る機会がめっきり減ったような気がします。PLフィルターを強めに効かせたのでしょうか、白さがより一層強調されています。入道雲の下、緑の芝生を歩く二人の人物、白い傘、洋服の女性がいいアクセントになって、大きさの対比にもなっています。夏らしさが伝わる味のある作品です。

(2016年8月28日撮影 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「水たまりを行く少年何思う」  岩本 勝昭 (東京都)

大人だったら避けて通る水たまりを男の子が一人、平然と歩いているようですが、ちょっと足元を見ながら歩く姿が、何か考えながら歩いているように見えたのですね。紅葉した桜の木と散った葉っぱが晩秋のもの悲しさも演出しているようで、タイトルとマッチしています。大きな桜の木の位置と男の子の歩く位置もバランスよくフレーミングされています。

(2016年11月19日撮影 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「雨もまた楽し」  鈴木 雅俊 (東京都)

すごい雨ですね!作者がこの大雨の中、重いカメラを持って一生懸命撮られている姿が目に浮かびます。努力の甲斐あっていい作品が生まれました。降りしきる雨が画面を白く曇らせて、まるで絵画のようです。橋の上を傘をさして歩く女性もこの雨を楽しんでいるのでしょうか。

(2015年7月17日撮影 撮影場所:日本庭園)


「只今休憩中」  富澤 洋一 (群馬県)

この場面だけ見ると秋色も枯れた葉っぱの色だけで地味に感じますが、画家の描いたキャンバスが色鮮やかな秋の風景を見せてくれています。描かれた絵を通して秋の色彩を感じる面白い作品です。どんな方が描いていたのでしょうね。想像力を掻き立てられます。

(2016年12月4日撮影 撮影場所:母と子の森)


「菊花壇展にて」  中川 盛一 (東京都)

菊花壇展会期中に花の手入れをしている光景です。光が強く明暗差があって写すのが難しい状況ですが、手元に光が当たり人物と菊が生き生きと描写されてよかったです。黄色い菊とブルーのユニフォームとの対比も目が覚めるように鮮やかです。菊もかなり満開、上品な香りが漂ってきそうです。

(2016年11月7日撮影 撮影場所:日本庭園)

 大好き新宿御苑賞 

「摩訶不思議(シダ)」  榎戸 竜之介 (東京都)

うわ〜毛むくじゃらのかたまり、いったいこれは??不思議なものを見つけました。春先のシダ植物の芽吹きをよく見つけましたね。面白いもの、気になるものを見つける子どもらしい観察力と発見力です。新宿御苑にはたくさんの面白いものがありますから、これからもどんどん見つけて写真を撮ってくださいね。

(2016年3月13日撮影 撮影場所:母と子の森)


「はっぱ」  シェラット 桂悠 (大阪府)

秋の茶色く紅葉した木の葉っぱを逆光で撮影しています。逆光で輝く葉っぱがきれいだなあと思ったから写真を撮ったのだと思います。その撮りたいという気持ちが大切です。逆光で撮るのは大人でもむずかしいんですよ。ゴーストも入っていますが、なんのその。技術的なことはこれからゆっくり学んでいってくださいね。

(2016年12月4日撮影 撮影場所:芝生広場)


「高層ビルと夏の日本庭園」  西 優大 (神奈川県)

夏空に浮かぶ白い雲やビルのバランスがよく、左右の木の入れ方もシンメトリーに取り入れて、フレーミングのすみずみまで丁寧に考えて撮られた作品です。暑い夏の季節は大人の部でも応募が少ない状況ですが、暑さに負けず夏の庭園風景をすばらしい腕前で撮ってくれました。

(2016年8月31日撮影 撮影場所:日本庭園)


「池を囲む紅葉」  中村 有伴 (千葉県)

下の池の茶色のメタセコイアと池を縁取るようなモミジの燃えるような赤、隣にはちょこっと黄色いポプラもあって、秋真っ盛りの色合いがとてもきれいです。青い空には白い雲もちょうどよく浮かんでいてよい風景を撮影しました。黄色いポプラをもっと画面にいれるとさらににぎやかになりましたね。

(2016年12月3日撮影 撮影場所:下の池)


「相棒」  老田 悠乃 (東京都)

日の当たるベンチを主役にして、黄色く紅葉したフウの葉っぱを上手にフレーミングしました。“相棒”というタイトルからいろいろなことを想像できますね。秋の日であたためられたベンチが、座ってくれる誰かを待っているような物語がイメージされます。とっても素敵です。

(2016年12月16日撮影 撮影場所:フランス式整形庭園)


「眠くなっちゃった」  川合 蓮華 (東京都)

妹さんを主役に撮影したんですね。大きな木の根元で寝転ぶ姿が可愛らしいですね。落ち葉が一面に地面を覆って暖かそうです。木の根元はちょっと堅そうだけど葉っぱのベッドはふかふかで柔らかそうです。タイトルも可愛らしいですね。

(2016年11月27日撮影 撮影場所:芝生広場)


「赤い雲海の中から」  傳 晴人 (静岡県)

新宿御苑のランドマークのドコモタワーを入れてすっきりとかっこよく撮りましたね。またその下の赤く染まった紅葉を雲海に見立ててタイトルをつけました。作品の魅力を引き立てる素敵なタイトルを考えるのは大人でもむずかしいんですよ。タイトル、写真ともに完成度の高い作品になりました。

(2016年11月26日撮影 撮影場所:日本庭園)



© The National Gardens Association since 2007