2015新宿御苑フォトコンテスト入賞作品

【主催者あいさつ】
 「2015新宿御苑フォトコンテスト」入賞作品展にご来場いただき、誠にありがとうございます。このコンテストは、カメラを通して新宿御苑の自然の素晴らしさを感じ楽しんでいただくため平成3年度から開催され、今年で25回目を迎えました。
 今回も北海道から沖縄と全国各地540名のみなさまから2122点の応募をいただきました。歴代5番目となる多数の作品が寄せられ、いずれも甲乙つけがたい力作ばかりでしたが、厳正な審査を経て入賞作品が選ばれました。
 写真展にはこの入賞作品とあわせて、審査にあたられた写真家の特別作品を展示いたしました。多くの方々にご覧いただき、新宿御苑の四季折々の表情と自然の美しさを楽しんでいただければと思います。
 フォトコンテストの実施及び写真展の開催にあたり多大なるご支援をいただきました、環境省新宿御苑管理事務所、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社ならびに関係各位に厚く御礼申し上げます。

一般財団法人 国民公園協会新宿御苑 会長 福澤 武



【審査員総評】
 新宿御苑のフォトコンテストは、今回25周年を迎えました。日本国内では様々なフォトコンテストが開催されていますが四半世紀続いているものは少なく、ここが多くの人々に親しまれていると共に、被写体が豊富なことの証だと思います。
 一口に25年といっても、誕生した子供が青年となるだけの時間が経過しているわけです。その間には阪神淡路大震災や東日本大震災や関東豪雨があり、その爪痕は今も癒えていません。幸い御苑はそのような災厄の被害を直接受けてはいませんが、台風や雪害により樹相が変わったものや倒れた木々は少なくありません。十年一日のように見える苑内もよく見ると様々な変化があり、それが撮影者にとって大きな魅力になっています。今回の応募作の中にもその一面が現れ、苑内を知り尽くしているはずの我々が場所の特定に戸惑い、地図や記憶を辿って撮影ポイントを確認する場面もありました。
 いい写真を写す秘訣はいいモチーフに出会うことですが、その意味でこの場所ほど地の利を含めた諸条件に恵まれている場所は少ないでしょう。その利点に撮影される皆さんの創意と工夫を組み合わせ、御苑の魅力を発信する力作が寄せられたことに感謝すると共に、このコンテストが半世紀、一世紀と続き、歴史の語り部としての足跡を記し続けることを願ってやみません。

 写真家 木村正博
写真家 岡本洋子


環境大臣賞

「春の水面」  松山 進 (神奈川県)

すでに桜は散ってしまった後のようですが、旧御凉亭の前の池の面を覆い尽くした花弁が風で渦を巻く様子が春らしさを感じさせます。この時期は私も同じ場所を何度も訪れますが、残念ながらこのような現象には出会ったことがありません。ご自分の目の前に展開される自然の表情を、しっかりしたフレーミングで捉えています。

(2015年4月3日撮影)

環境省自然環境局長賞

「別世界」  綾田 明 (東京都)

旧洋館御休所の窓ガラスに映った風景にレンズを向け、モノトーンで仕上げたのがよかったですね。時代を感じさせる建築様式や、窓ガラスの歪みも題名と違和感がなく、葉を落としたメタセコイアと空のトーンが御苑の歴史を物語っています。

(2015年12月27日撮影)

環境省新宿御苑管理事務所長賞

「雨のちハルニレ」  宇田川 健太郎 (東京都)

大雨の後でしょうか? ハルニレの周辺の窪みに溜まった水にハルニレの枝葉が映り込み、まるで熱帯地方の湖のような錯覚を覚えさせます。逆光気味の光で映り込みや幹を黒く落とし、画面に立体感を与えたのも功を奏しています。

(2015年7月3日撮影)

(一財)国民公園協会新宿御苑会長賞

「夕暮の一時」  今井 政男 (東京都)

冬の夕暮れ、楽羽亭の窓ガラスの灯りと戸外の松の枝を対比し、ものの哀れを感じさせる画面を演出しています。焦点を画面中央の松葉に合わせ、背景の簾や窓ガラスをわずかにぼかし、立体感を感じさせる画面にしているのが効果的でした。

(2015年12月12日撮影)

特選

「晩秋の陽光」  田所 俊一 (東京都)

逆光で照らされたカップルの姿にラインライトができ、「写真は光と影の芸術」という言葉を改めて認識させられる画面となっています。太陽を木々の葉に隠したのが功を奏していますので、思い切って光芒を省略してもよかったですね。

(2015年12月4日撮影)


「緑輝く時」  中山 基司 (東京都)

新緑の時期、木に掛けられた巣箱から顔を見せている四十雀。題名と画面が実によくマッチしています。御苑は鳥達のサンクチュアリであることを物語る一枚ですが、巣箱を大胆に画面右端に配し、新緑を大きく取り入れた構成が利いています。

(2015年5月10日撮影)


「やさしいまなざし」  武田 大輔 (大阪府)

幼子を見るお母さんの表情に、慈しみが溢れていますね。逆光気味の柔らかいトップライトを上手に使い、母子の姿を光の中に浮かび上がらせたのがぬくもりを感じさせる作品にしています。

(2015年12月5日撮影)


「御苑の四季」  菊地 豊 (東京都)

御苑の春夏秋冬を写し、四枚の組み写真とされています。苑内の特徴的な場所を被写体とされたのが効果を上げ、季節によって御苑が見せるそれぞれの表情の一端を端的に知ることができる作品です。

(春2014年3月22日、夏2015年4月26日、秋2015年11月8日、冬2014年2月8日撮影)


「温室の万華鏡」  森本 勝司 (神奈川県)

左端の女性の姿が、まるで万華鏡のようにガラスで作られた温室の壁に映っています。構造が作り出した面白さに注目し、素早く捉えたのが効果を上げました。画面右端の案内板を省略してフレーミングすると、より題名の印象が強いものになったでしょう。

(2015年3月31日撮影)


「休息」  静野 常世 (群馬県)

黄葉し始めた桜の木と、林の暗がりの前に浮き上がったベンチの前で餌を探すカラス。色のコントラストが絶妙ですが、もう少しカラスを大きく写し、コントラストを上げ過ぎないようにすると、さらによかったでしょう。

(2015年11月13日撮影)


「秋の終章」  鹿内 忠直 (神奈川県)

樹相から見ると、下の池の島のメタセコイアのようですね。晩秋の夕方、乏しい光の中に浮き上がった紅葉の枝が秋の終わりを告げています。題名に即した画面になっていますが、風が吹いて枝が揺れてくれると「秋の終章」の印象がさらに強くなりました。

(2015年12月16日撮影)


「入念に」  山田 哲生 (千葉県)

これまでも菊花壇展の白眉、大作り花壇は様々な形で写されてきましたが、手入れの様子を写したものは初めて目にしました。見る人の感嘆を誘う展示ですが、育成する方々が愛情を込めて育てている様子が凝縮されています。

(2012年11月3日撮影)


「さくらの下で」  宮崎 昭光 (東京都)

満開の桜を背景に、地面を覗きこむような女性。淡いピンクの花弁と赤い上着のコントラストが目を引きつけます。女性の手元を見ると、携帯電話のカメラで花を写しているようにも見えます。カメラを少し右に移して女性の表情の一部を入れてもよかったですね。

(2015年4月3日撮影)


「水面(みなも)の輝(かがや)き」  奈良 陽子 (神奈川県)

温室の池を清掃する様子を上の回廊から見下ろして写し、作業する人の姿をシルエットにして際立たせたのが利いています。水面の揺らぎが映りこむ太陽の光を拡散し、適度な脇役になったのも功を奏しました。御苑はこのような影の存在に支えられていることが、よく分かる一枚です。

(2015年12月5日撮影)

入選

「桜が咲いた」  土方 憲司 (東京都)

風のない暖かな春の日です。サクラの木の映り込みに乱れがなくて、まるで鏡に映っているようです。映り込みで2倍に増えた分、桜満開のゴージャスな画面になりました。また3本の木の並びにリズム感があっていいですね。いい場面を発見しました。

(2015年4月1日撮影)


「夏散歩」  高林 俊樹 (埼玉県)

緑が爽やかです。手入れの行き届いた芝生と木々の緑が美しい御苑ならではの風景です。春や秋のように撮りやすい被写体が少ないからでしょうか。夏の応募作品は少ないのが現状です。作者は大きな木とその木陰を散歩する人物を利用して夏のイメージを上手く表現しました。

(2015年7月20日撮影)


「春の光」  萩原 恒夫 (東京都)

ゆがんだ不思議な世界が広がっています。魚眼レンズの効果を上手く利用しました。手前の白いハナミズキの木がデフォルメされ、青空一面を覆うくらい大きく写っています。遠景にランドマークのドコモビルを入れ、太陽の輝きもアクセントに取り入れて、画面構成が上手です。

(2015年4月15日撮影)


「輪になって踊ろう」  中野 澄子 (東京都)

目の前にキノコの森が広がっていて、自分がまるで妖精になったような気分です。面白い被写体を発見しましたね。またアングルを下げてキノコと同じ目線から撮ることで臨場感あふれる雰囲気のある素敵な写真になりました。タイトルも素敵です。

(2015年6月21日撮影)


「秋去(しゅうきょ)冬来(とうらい)」  谷村 繁雄 (神奈川県)

モミジバスズカケノキの実が降りしきる雪の中で白く染まっていきます。一年に何回もない雪の日に面白いモチーフを見つけて撮られた作者は千載一遇のチャンスをものにしました。雪の森を背景に平面的に枝の流れを捉えたフレーミングが絵画的な趣です。

(2014年2月8日撮影)


「萌ゆる春」  伊藤 淳 (神奈川県)

春モミジの優しい柔らかさが表現された作品です。透き通るようなやや赤みがかった葉っぱが背景の黄緑色に溶け込み、そこに赤いモミジの花がちりばめられ、まるで繊細な日本画か着物の柄を見ているようです。いい枝を見つけて作品に仕上げました。

(2015年4月19日撮影)


「絆」  川島 奈緒美 (神奈川県)

御苑のシンボルの三本ユリノキをモチーフにしました。雨模様でしょうか?かえって幹が黒くなり緑もしっとりと落ち着いた雰囲気のある作品になっています。ユリノキのてっぺんに何羽かのカラスがとまっているので、上方の空間を少し開けてフレーミングすると窮屈さがなくなります。

(2015年4月5日撮影)


「もののけの住む池」  佐藤 芳孝 (東京都)

池に倒れ込んだ倒木を上手く作品にまとめました。暗い画面に白く光る幹の色が見るものを不安にさせるようです。この効果を上手く利用してタイトルをつけることで何気ない被写体が創造性豊かに生まれ変わりました。作者のクリエイティビティに拍手です。

(2015年12月4日撮影)


「静寂」  池上 和夫 (福島県)

誰もがカメラを向ける定番スポットだけにこれだけ条件の良い美しい状況に遭遇できて幸運でした。その幸運を逃さず作品に仕上げられた作者は確かな腕前の持ち主です。水鏡に映る春の景色の美しさ、過不足ないフレーミング、欠点が見当たりません。

(2015年4月2日撮影)


「かしきり」  米本 周子 (東京都)

広々とした芝生に一人ぽつんと遊ぶ小さな子。芝生の広大さを生かして“かしきり”とイメージした、大胆なフレーミングに脱帽です。左端に入ってしまった人物は丁寧にフレーミングしてとり除いた方がもっと“かしきり”状態になり、さらに良い作品に仕上がります。

(2015年9月30日撮影)


「冬の太陽」  福田 渉 (神奈川県)

魚眼レンズの効果でにょきっと伸びた秋色に染まったメタセコイアの森がドコモビルより大きく巨大に見え、まるで自分が小さな小人になっておとぎの国に迷いこんでしまったようです。秋の爽やかで心地よい陽射しを感じられる作品です。

(2015年12月22日撮影)


「満開の幸」  西岡 朝子 (東京都)

里桜のもとにつどう親子の姿をいいタイミングで撮りました。まるでコマーシャルの一場面を見ているようで二人の会話が聞こえてくるようです。里桜の幹や手前の花の使い方が上手く、メリハリのある画面作りになっています。

(2015年4月23日撮影)


「秋の木洩れ日」  茅 直美 (東京都)

モチーフは御苑内どこにでもあるシュロの葉っぱだと思われますが、葉っぱに光がスポットライトのように当たったいいタイミングを撮りました。地面に散った葉っぱの色合いと緑が相まって心地よい作品に仕上がっています。

(2015年11月20日撮影)


「秋の陰影」  清 嘉忠 (東京都)

そろそろ太陽が西に傾く頃の秋の日の午後、木々が長い影を大地に刻んでいます。影に着目した目のつけどころがいいですね。逆光で輝く紅葉をアクセントにした秋らしい作品です。太陽のハレーションが目立つので木を使って上手く隠せればさらによかったですね。

(2015年12月4日撮影)


「ラストシーン」  浜口 哲 (埼玉県)

年に一回あるかないかの珍しい現象ですが、東京でも深い霧に包まれる日がありますね。こういう日に御苑に来て撮影できるとは羨ましい限りです。紅葉した桜の木と人物のシルエットをモチーフに選んで情緒豊かな表現になりました。枝と人物の位置が重ならないように撮るともっとよかったです。

(2014年11月29日撮影)


「太陽がいっぱい」  陶山 義則 (東京都)

雪だるまが御苑の庭を独り占めにして嬉しそうに微笑んでいます。太陽を浴びたら溶けちゃうのに笑っているというこの状況を“太陽がいっぱい”とタイトルをつけた作者のユーモアのセンスが光ります。見ていてほっこりと心温まる作品です。

(2012年1月24日撮影)


「秋日和」  榎戸 勝洋 (東京都)

玉藻池の樹形のいい松を上手く取り入れて、記念撮影をする家族を遠くから淡々と捉えました。秋らしい風情を出すのに、画面下の赤く紅葉した木を画面に取り入れてもよかったのではないでしょうか。

(2015年12月5日撮影)


「森のこびとたち」  伴 博之 (千葉県)

御苑のラクウショウの気根は春夏秋冬、それぞれの季節で違った表情を見せてくれます。秋は一面散った葉っぱで茶色く染まります。雨上がりでしょうか?木々の表面がしっとりと濡れて色濃く表現されているのがいいですね。

(2015年12月10日撮影)


「新宿御苑秋」  田中 敏夫 (神奈川県)

ちょっと不思議な形をした芝生に生えるユリノキですね。その下でくつろぐ人々の様子からのんびりとした雰囲気が伝わってきます。作者もこのユリノキの形の面白さに着目されたのでしょうから、タイトルに一工夫あるとよかったですね。

(2015年11月19日撮影)


「静寂の中のこもれび」  稲谷 友良 (神奈川県)

光の美しい写真です。逆光で輝く紅葉の木の下でシラサギが一羽佇んでいます。じっとして餌を狙っているのでしょうか、静かに流れる時を感じる作品です。それぞれの構成要素のバランスとフレーミングが絶妙です。

(2015年12月4日撮影)

 大好き新宿御苑賞 

「彼らの邪魔をしてはいけない」  関谷 龍二 (東京都)

沢山のシャボン玉がキラキラと輝きながら漂っているのを上手く撮りましたね。とってもきれいです。動くシャボン玉にピントを合わせるのは難しかったと思います。また擬人化されたタイトルがクールです。

(2015年11月27日撮影)


「空へのびる、生きる力」  新井 エマ (東京都)

葉っぱを落としたプラタナスの木々と、松のタギョウショウ(多行松)、それぞれの樹形の面白さに着目して2枚の組み写真にしました。これらの木に生命力を感じてカメラを向けてかっこよくフレーミングした大人顔負けの力強い作品です。

(2016年1月5日撮影)


「ちくちく大しゅうごう」  新井 藤吾 (東京都)

温室の植物の葉っぱのトゲに着目したのがすごい観察力です。2種類の植物をしっかりと真上から撮って、可愛らしいタイトルをつけましたね。

(2016年1月5日撮影)


「学校帰りに寄り道御苑」  飯田 彩月 (埼玉県)

若い感性が炸裂していますね。このアングルから撮ろうとなかなか考え付かないです。お友達と写真を楽しんでいるのが伝わってくるみずみずしい作品です。

(2015年5月2日撮影)


「ずっと続く」  勝股 千遥 (東京都)

木々の影が伸びたプラタナス並木の秋の雰囲気が良く出ています。道の真ん中に立ってシンメトリーにしっかりと撮れています。

(2015年11月27日撮影)


「のんびり撮影中」  西村 明結加 (埼玉県)

お友達にモデルになってもらって、撮っているところを撮るというアイデアがいいですね。それも芝生に寝転がって!なんとも気持ちよさそうです。

(2015年5月2日撮影)


「お日さまの光」  竹田 修嘉 (東京都)

逆光という大人でも難しい状況に挑戦して撮りました。手前のスイセンの花にはピントが合っていませんが、太陽の光が帯状に延びて面白い効果になりましたね。

(2016年1月10日撮影)


「摩天楼」  松澤 匠真 (東京都)

御苑のランドマークのドコモビルを入れてカッコよくフレーミングしましたね。水平線も曲がらずにしっかりと撮れています。

(2015年11月27日撮影)


「カラスをみーつけた」  中村 有伴 (千葉県)

いい瞬間を撮りました。カラスとの距離が近く迫力がありますし、ちょうどくちばしを開いて鳴いていますね。一緒にかくれんぼしていたのでしょうか、カラスは作者に見つけられてしまいました。

(2015年3月5日撮影)


「光合成」  金森 慧 (東京都)

木々の緑が爽やかですね。大きな木の幹をポイントに太陽を入れてかっこよくフレーミングしました。新緑の爽やかさ、心地よさが伝わる写真です。

(2013年5月5日撮影)



© The National Gardens Association since 2007