2014新宿御苑フォトコンテスト入賞作品

【主催者あいさつ】
 「2014新宿御苑フォトコンテスト」入賞作品展にご来場いただき、誠にありがとうございます。このコンテストは、カメラを通して新宿御苑の自然の素晴らしさを感じ楽しんでいただくため平成3年度から開催され、今年で24回目を迎えました。
 今回も北海道から大分と全国各地516名のみなさまから2022点の応募をいただきました。歴代6番目となる2千点を超える多数の作品が寄せられ、いずれも甲乙つけがたい力作ばかりでしたが、厳正な審査を経て入賞作品が選ばれました。
 写真展にはこの入賞作品とあわせて、審査にあたられた写真家の特別作品を展示いたしました。多くの方々にご覧いただき、新宿御苑の四季折々の表情と自然の美しさを楽しんでいただければと思います。
 フォトコンテストの実施及び写真展の開催にあたり多大なるご支援をいただきました、環境省新宿御苑管理事務所、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社ならびに関係各位に厚く御礼申し上げます。

一般財団法人 国民公園協会新宿御苑 会長 福澤 武



【審査員総評】
 今回のフォトコンテストの応募作品を見て感じたことは、応募作品のプリント品質が大きく向上していることでした。これはデジタルカメラの性能と共に、応募者個々のプリント技術も向上したためだと思います。フィルム時代は色やコントラストの明確な基準がありましたが、デジタルは撮影者に任されます。そのため作者の印象を強調し過ぎ、違和感のあるプリントもありました。その傾向が減少し、作者が強い印象を受けたものを見る者に自然なイメージで伝えられることは、写真を楽しむ者にとって喜ぶべきことです。
 私が御苑の撮影を始めて十数年になりますが、今回の入選作にはこれまで見たことがない光景が写されたものが何点かありました。これが御苑の魅力で、季節や天候によって様々な表情を捉えることが可能な場所です。来年はこのコンテストも25回目を迎えますが、全国で毎年数多く行われるフォトコンテストで四半世紀に及ぶものは多くありません。御苑には今後もコンテストを末永く継続して頂くことをお願いすると共に、訪れる我々は維持管理に汗を流してくださる方々に感謝しながら節度を持って撮影に当たり、さらに素晴らしい光景を捉えて頂きたいと思っています。

審査員 : 写真家・木村正博
写真家・岡本洋子


環境大臣賞

「雨上りの午後」  梅津 忠夫 (神奈川県)

 〈講評〉 地表近くにたなびく靄と、赤味を帯びた空の雲。小学校で歌った「牧場の朝」という唱歌を思い出させる光景です。天を衝くように屹立するユリノキと、画面左下の二人の男女のシルエットが遠近感を強調しています。晩秋の冷え込みと、朝からの雨が上がったところに日が射しこんで起きた現象のようですが、実にめずらしい光景をいいフレーミングで捉えられました。

(撮影日:2014年11月29日 撮影場所:イギリス風景式庭園)

環境省自然環境局長賞

「The famous three windows」  ウィリアムズ デヴィッド (東京都)

 〈講評〉 旧御凉亭内から雨の日本庭園を写したものですが、三つの窓を効果的に使っています。一般的には一つの窓を額縁のように配して写しがちですが、三つの窓とその上の欄間の模様を組み合わせて変化を付けたのが効果的でした。石畳の室内にも雨が吹き込んだ様子が感じられ、しっとりした情緒が溢れています。

(撮影日:2014年10月22日 撮影場所:日本庭園)

環境省新宿御苑管理事務所長賞

「特等席」  山下 巧 (東京都)

 〈講評〉 桜の花弁が地表を覆い、ピンクの絨毯のように見える桜園地のベンチで寛ぐ女性。シュシュの赤い色がポイントになり、単純な構成ながら御苑の春らしさを強調した画面になっています。白い空の面積を小さくし、画面の上下の暖色を上手に使ったのが効果を上げています。

(撮影日:2014年4月5日 撮影場所:桜園地)

(一財)国民公園協会新宿御苑会長賞

「夕日を受けて」  宮地 隆弘 (神奈川県)

 〈講評〉 新装なった温室と、NTTビルの組み合わせが効果的でした。作品を見た後、この場所がどの辺か歩いてみましたが、長年御苑を写している私も見落としていた視点でした。温室のガラスに映り込んだ夕映えも効果的で、暗い空と見事なコントラストを見せています。

(撮影日:2013年4月4日 撮影場所:大温室付近)

特選 (10点)

「オンステージ」  細貝 辰徳 (東京都)

 〈講評〉 イギリス風景式庭園のハルニレの切り株に乗り、大きな声で歌っているのでしょうか。それともキラキラ光る黄葉に見とれて歓声を上げているのでしょうか? 元気一杯な女の子が御苑の秋を楽しんでいる様子が微笑ましい画面です。もう少し近付くかズームアップして表情を大きく捉えると、さらに良い作品になると思います。

(撮影日:2014年12月14日 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「晩春のひととき」  荻原 弘和 (東京都)

 〈講評〉 昨年は藤の花がきれいでしたが、背景に旧御凉亭を組み合わせて遠近感を見せた構成が御苑らしさを強調してくれました。また、日が当たると花の紫色が出難いのですが、日陰になっていることで花の存在が見る者の目に真っ直ぐ飛び込んで来ます。

(撮影日:2014年5月1日 撮影場所:日本庭園)


「二人の世界」  菊地 豊 (東京都)

 〈講評〉 雪が降りしきる、プラタナス並木に立つ二人。まさにタイトルどおりの画面ですね。これまであちこちで悪天候はシャッターチャンスと言ってきましたが、それを地で行く環境の御苑を訪れたのが成功の元でした。二人が立つ位置もよく、並木と遠くに霞む建物の組み合わせが遠近感を強調しています。

(撮影日:2014年2月8日 撮影場所:フランス式整形庭園)


「春爛漫」  宮澤 寛 (神奈川県)

 〈講評〉 レストハウス近くでしょうか。咲き誇る八重桜の花に手を伸ばす男の子に焦点を合わせ、背景に日溜りで憩う人々の姿を上手に組み合わせています。画面手前に取り入れた桜の花が適度にボケ、後ろ側の被写界深度の深さを利用した遠近感の描写もよく、御苑の春の一コマが上手に表現されています。

(撮影日:2014年4月中旬 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「菊日和」  矢島 勲 (東京都)

 〈講評〉 斜め横から射し込んだ光が葭簀と肥後菊に当たり、白い花弁が浮き上がっています。肥後菊花壇は西側に木立があるため、日が射し難くて写すのが難しい花ですが、今年は雪害の影響による倒木で光の具合や環境に変化がありました。このように新宿御苑の景色は刻々と変化しており、よく観察すると様々な発見があります。

(撮影日:2014年11月7日 撮影場所:日本庭園)


「早咲き」  黒田 良男 (埼玉県)

 〈講評〉 早咲きの春バラに焦点を合わせ、遠方に新宿の高層ビル群を見事にまとめています。広角レンズの使用上、最も注意したいのは被写体から離れることです。この作品は主役の花に近付いて主役の花を強調し、その後ろに遠景を自然なぼけで組み合わせ、御苑の立地を一目瞭然に見せてくれました。

(撮影日:2014年5月15日 撮影場所:フランス式整形庭園)


「彩る水辺」  鹿内 忠直 (神奈川県)

 〈講評〉 母と子の森の池の畔にあるモミジが池に映り込む様子に着目し、映り込みを大きく扱ったのが成功しています。また下の池の紅葉も、逆光で色を鮮やかに描写したのが効果的でした。御苑の端と端を2枚組にし、園内で見られる様相の違いを見せたのがよかったのですが、各々のフレーミングに付いてはもう一つ詰めて頂きたかったと思います。

(撮影日:2014年11月30日 撮影場所:母と子の森、下の池)


「晩秋の大イチョウ」  高林 俊樹 (埼玉県)

 〈講評〉 太陽を浴びて輝くイチョウの黄葉の下、落葉の上に寛ぐ女性の様子に焦点を当てたのがよかったですね。光も強過ぎず、地面の明暗が必要以上に強くなかったのも功を奏しています。ただ一寸撮影距離が遠かったのが残念で、焦点距離に余裕があればもう少し伸ばし、周囲を省略して女性の姿を大きく取り入れるとよかったでしょう。

(撮影日:2014年11月23日 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「ハルニレを見上げて」  藤井 哲 (東京都)

 〈講評〉 意図的に露出オーバー気味にされたのでしょうが、初夏らしい雰囲気を持った画面になっています。広角で低い位置からハルニレの木を見上げ、対比するように3人の人物を組み合わせたのも効果的でした。可能ならもう少しレンズを下向け、画面手前下の地面に張る根の様子をもっと取入れるとよかったでしょう。

(撮影日:2013年8月24日 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「力を合わせて」  小林 哲 (東京都)

 〈講評〉 新宿高校の学生ボランティアによる、苑内清掃の様子にレンズを向けられたのですね。御苑はこのような人々の支えにより、市民が気持ちよく憩える場になっているのがよく分かります。多くの学生が参加している様子が分かりますが、中央左の2人の女学生を画面手前に大きく扱ってもよかったと思います。

(撮影日:2014年12月5日 撮影場所:フランス式整形庭園)

入選 (20点)

「彩色」  白石 幸伸 (東京都)

 〈講評〉 カラフルな睡蓮の葉っぱが深緑色に映える印象的な作品です。上から見下ろして、水面に映り込んだ温室の屋根の幾何学模様を上手く利用して撮りました。幾何学模様のデザインと睡蓮の組み合わせが面白いですね。

(撮影日:2014年5月22日 撮影場所:大温室)


「緑水(りょくすい)」  植田 良一 (埼玉県)

 〈講評〉 池を中心に手前の新緑、うっすら色づく奥の桜へ、広角レンズで手前から奥へと目線を誘導し、シンメトリーでまとめられた構図がとてもバランスがいいです。手前の新緑に光が当たっていたのもよかったですね。春の心地よい風が吹き抜けるような作品です。

(撮影日:2014年4月7日 撮影場所:下の池)


「薄氷(うすらい)の池」  吉岡 正章 (東京都)

 〈講評〉 氷の張った部分を上手く取り入れて、隠れて見えない部分を作ることで日本画の屏風のような趣です。映り込みの木のシルエットがより印象的になっています。また氷の表面のメタリックな輝きと太陽の光がいいアクセントになっています。難しい露出を上手にコントロールしました。

(撮影日:2013年1月16日 撮影場所:中の池)


「新宿ホワイトアウト」  浦山 忠之 (埼玉県)

 〈講評〉 横殴りの雪のラインが激しい降雪の状況を物語っていて、見ているだけで寒そうです。シンプルにプラタナス並木とベンチだけでフレーミングしたこと、プラタナスの黒い幹に白い雪のラインが入ることを計算されたのか、この位置から撮られた作者の鋭い視点に脱帽です。

(撮影日:2014年2月4日 撮影場所:フランス式整形庭園)


「春光」  小久保 敦央 (埼玉県)

 〈講評〉 魚眼レンズの効果を上手く生かして、背の高いメタセコイアの木々がまるで上から覆いかぶさるように迫ってくるように撮っています。画面の中央をきっちりと抑えてシンメトリーに構図を作っています。青空に映える新緑の緑が爽やかです。木の幹からちょこっと除く太陽の輝線もダイヤモンドのようですね。

(撮影日:2012年4月24日 撮影場所:芝生広場)


「蜜を啄むワカケホンセイインコ」  三嶋 正則 (東京都)

 〈講評〉 ワカケホンセイインコはいつの間にか帰化して東京の空を群れを成して飛んでいます。緑色がきれいで大きい鳥なのでフォトジェニックですね。桜の時期はよく御苑にも飛んできて花をついばんでいます。花の枝の入れ方、インコが花をくわえたいい瞬間、背景の美しさ、完成度の高い作品です。

(撮影日:2011年3月9日 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「降雪の道連れ」  奈良 眞道 (東京都)

 〈講評〉 雪に縁取られた橋の上の赤い洋服の色が、墨絵の世界のようなモノトーンな風景の中でとても効果的に取り入れられています。この日は都会の喧騒はどこへやら、しんしんと降りしきる雪の音だけが聞こえてくるような静けさ漂う落ち着いた味わい深い作品です。

(撮影日:2014年2月8日 撮影場所:日本庭園)


「凍る日」  宮山 明雄 (埼玉県)

 〈講評〉 雪の日の後、凍った池に走る模様はカモでも歩いたのでしょうか?手前から奥へ一筋の線が走っています。まるでドコモタワーへ続く道のようです。縦構図で水平垂直の曲がりもなく過不足ないフレーミングできちんと撮られています。珍しい状況をカメラにおさめました。

(撮影日:2014年2月16日 撮影場所:中の池)


「大きな傘」  佐藤 洋二 (東京都)

 〈講評〉 なるほど、そういうイメージで撮られましたか!“大きな傘”というタイトルでこの写真が何倍も面白く見えてきます。写真そのものももちろんいいのですが、このタイトルを付けた事でベンチに座る傘をさした女性と大きなユリノキが対比されて違った意味を持ってきます。創造性豊かな作者ですね。

(撮影日:2011年8月16日 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「華やぎの季(とき)」  添野 輝夫 (東京都)

 〈講評〉 かなり下から煽って、白い空いっぱいに広がる紅葉の迫力、美しさを表現しました。最近のカメラは背面モニターの角度を変えてみる事ができるものもあり、大胆なアングルで撮ることも可能になりました。アングルの面白さがこの作品の持ち味です。

(撮影日:2014年11月28日 撮影場所:下の池)


「春爛漫」  萩原 恒夫 (東京都)

 〈講評〉 池に映り込む新緑や桜の木々、青い空に散らばる白い雲、池の手前には散り桜の花筏、美しい状況に出会いましたね。これらの特別な春の素材たちはそれぞれが主張し合いながらも順光の素直な光の中でうまくまとまりました。さわやかな作品です。

(撮影日:2014年4月6日 撮影場所:中の池)


「惜春」  李家 正人 (東京都)

 〈講評〉 ソメイヨシノが終わった後、新宿御苑はたくさんの里桜が美しく咲き競います。花弁がボンボリのようになって咲くピンク色の濃いカンザンという里桜は見応えがあります。樹形が面白いのと、散っても花弁が多いので地面が花びらで染まってきれいです。そんな状況を上手く捉えました。

(撮影日:2014年4月23日 撮影場所:下の池付近)


「玉藻池の鵜」  松山 進 (神奈川県)

 〈講評〉 新緑の緑の映り込みが美しい玉藻池に突き出だした枝に鵜が一羽止まっています。その目線の先にもう一羽小さな鳥が止まっています。この2羽の生み出す緊張感と画面から伝わってくる静けさが秀逸な作品です。

(撮影日:2014年4月5日 撮影場所:玉藻池)


「降りしきる」  田所 俊一 (東京都)

 〈講評〉 東京でも昨年は雪がたくさん降りました。この時とばかり御苑にかけつけて撮られたのでしょうか。赤い傘の女性が通りがかったのを張り出した枝の下に上手くフレーミングしています。雪で縁取られた木の樹形の面白さと赤い傘の色が印象的な作品です。

(撮影日:2014年2月8日 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「氷片花」  今井 政男 (東京都)

 〈講評〉 初冬の夕暮れどきで、いかにも寒そうですね。日陰に溶けずに残った霜柱とその上に散っていた紅葉の葉っぱがその時を物語っています。いい被写体を見つけて地面すれすれにカメラを置いて撮られたのがいいですね。手前の紅葉にピントを合わせて絞り込むと臨場感がある作品になったでしょう。

(撮影日:2014年12月19日 撮影場所:日本庭園)


「共演」  崎田 憲一 (東京都)

 〈講評〉 旧御凉亭から見た一本の松が盆栽のように形よく、フォトジェニックな被写体を撮りました。水面の桜の映り込みがこの松を取り囲むようになるのを計算されて撮られたのでしょうか。歌舞伎や舞台の背景画のような趣があります。

(撮影日:2014年4月2日 撮影場所:日本庭園)


「玉藻池の春」  石山 豊蔵 (神奈川県)

 〈講評〉 画面いっぱいに捉えられた水面に流れるように咲くサクラの枝のボリューム感が春爛漫ですね。背景の木々の緑や赤い色と相まって美しい色合いもこの写真の魅力です。よく見ると桜の下にカモやカメたちも枝に止まって休んでいます。春のお花見を楽しんでいるのでしょうか。

(撮影日:2014年4月1日 撮影場所:玉藻池)


「池の桜」  中野 澄子 (東京都)

 〈講評〉 池に映る桜の影を大胆にフレーミングして、わずかに見せるソメイヨシノの枝から垂れた滴でしょうか、水面に波紋を投げかけています。作者は水面の映り込みが見せるわずかな揺らぎを見逃さなかった、きっと繊細な方でしょう。作品が物語っています。

(撮影日:2014年4月2日 撮影場所:中の池)


「散りて尚」  辰巳 功 (東京都)

 〈講評〉 散紅葉が美しく表現されています。岩を背景から浮き立たせるために絞りはやや浅く撮られています。柔らかくボケた背景には紅葉の枝と池の緑色がバランス良くフレーミングされていて作者は見せ方を心得ていると思います。

(撮影日:2014年11月30日 撮影場所:下の池)


「カーニバル!」  川島 奈緒美 (神奈川県)

 〈講評〉 青空背景に画面いっぱいに広がるシュロの葉っぱが明るい露出で撮られていてとても爽やかですね。透過光で輝く葉っぱが主役としての存在感をアピールしています。葉っぱだけでデザイン的に画面をまとめました。アロハシャツの模様のようです。

(撮影日:2014年12月19日 撮影場所:日本庭園)

(子供の部)大好き新宿御苑賞 (4点)

「かげはおどる」  新井 エマ (東京都)

 〈講評〉 見ていてとても楽しい写真です。バンザイの影が今にも踊りだしそうです。この影絵のアイデアが面白いですね。手を挙げながら片手で撮影するエマさんの撮影技術も大したものです。ご家族で御苑を楽しんでいる様子が伝わってきます。

(撮影日:2014年11月16日 撮影場所:フランス式整形庭園)


「夕日と木」  山口 心綸 (東京都)

 〈講評〉 かっこいい写真ですね。秋の夕暮れ、オレンジ色に染まった夕焼け空を利用して木の形をシルエットで撮りました。シルエットだからこそ、繊細な木の形が見えてきます。左下にあるビルと対比して都会の中の御苑のイメージも写しています。

(撮影日:2013年11月15日 撮影場所:イギリス風景式庭園)


「新宿御苑の池」  中村 有伴 (千葉県)

 〈講評〉 青空を映し込んだ池がとてもきれいです。きれいな池を多目にフレーミングして奥に茶室を配置して、水平線も曲がらずにきちんと撮れています。また赤い洋服を着た子供連れの親子もいい位置に入れて、人物の入ったスナップ写真としても上手です。大人顔負けの撮り方ですね。

(撮影日:2014年12月27日 撮影場所:日本庭園)


「日本の秋、御苑の秋」  赤津 桃子 (埼玉県)

 〈講評〉 手前の葉っぱに近寄り過ぎたのかピントが合わずに後ろへいってしまいましたが、画面いっぱいに広がる赤い紅葉は大迫力で引き付けられました。紅葉の撮り方のお手本のように逆光を利用して撮っているのと、手前と奥の紅葉の重ね方は抜群です。

(撮影日:2014年12月13日 撮影場所:園内)



© The National Gardens Association since 2007