2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

新宿御苑へようこそ

  • 無料カウンター

« スイセンが咲きはじめました | メイン | 「集まれキッズカメラマン!」開催!! »

2013/12/17

トモエガモが飛来しています

131217_0061

 日を追うごとに、すこしずつ冬景色へと移ろいゆく新宿御苑。園内各所の池では、冬の渡り鳥であるカモの仲間が水面にぷかぷかと浮かび、のんびりと羽を休めています。冬鳥たちは秋のはじまりから徐々にやって来て、日に日に数を増やしていましたが、現在は池いっぱいに浮かぶ姿が見られるほどになっています。
 (写真:中の池)

131217_0079

 御苑で見られる冬のカモのなかでも、とくに見つけやすいのが、オスの鮮やかなグリーンの頭と黄色いくちばしが特徴的なマガモです。今日はそんなマガモたちにまぎれて、ちょっとめずらしい野鳥の姿が見られました。写真中央に写っているトモエガモです。

131217_0078

 両隣りのマガモに比べると、ひと回り以上も小さく、名前の由来にもなった顔の巴模様が目をひきます。今年の2月にも飛来を確認していましたが、冬の訪れとともに、また御苑にやって来てくれたようです。

131217_3787

 今回は、2月に確認したオスだけでなく、メスの姿もありました。メスは、一見スズメを思わせるような素朴なブラウンの羽色ですが、大きさや体のつくりのほか、オスほどはっきりはしないものの、顔にうっすらとお揃いの巴模様らしきものが見られるのが特徴です。

    131217_0002

 木々が葉を落とし、冬木立の装いへと姿を変えると、枝にとまる野鳥が見つけやすくなるバードウォッチングにぴったりのシーズン到来です。新宿御苑で冬の生きものたちとの出会いをお楽しみください。
 (写真:母と子の森)