2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

新宿御苑へようこそ

  • 無料カウンター

« ウメとカンザクラ1分咲きです | メイン | オシドリのなる木 »

2013/02/26

風景の変化に気づいていますか?!

 2月も下旬に入り、連日青空の広がる良いお天気が続いています。園内を吹き抜ける風は、ひんやりと冷たいものの太陽の光の下ではぬくぬくと暖かな日となっています。

 新宿御苑のイギリス風景式庭園といえば、のびのびと自然に育った巨樹が威風堂々とそびえ立ち、足元には青々とした芝生が広がる庭園を連想されるお客様が多いかと思われます。
 しかし冬のあいだは、風景が一変するのをみなさんはご存知ですか?

022601
(冬のイギリス風景式庭園)

022602

(夏のイギリス風景式庭園)

 写真をご覧の通り、新宿御苑の芝生は、冬の間に枯れて黄土色に変化します。ゴルフ場などの芝生は、常緑の西洋芝が用いられていますが、新宿御苑では主に高麗芝と野芝です。

022603

 芝生の上に、ごろんと寝そべるとふかふかと柔らかく、まるで真綿に包まれているようです。上を見上げると、都会の一角に庭園はありますが、電線やビルなど空を遮るものも無く、青空がめいいいっぱい広がります。

022604
(イギリス風景式庭園:ユリノキ)

 点々と立ち並ぶ巨樹を青空をバックに下から眺めたり、カンザクラの花を寝転がりながら愛でるのも良いものです!

022605
(日本庭園:カンザクラ)

 毎年5月ごろになると、新芽が出はじめ芝生の花などもお楽しみいただけます。