2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

新宿御苑へようこそ

  • 無料カウンター

« 名木10選のひとつ、ユリノキ | メイン | サクラの剪定 »

2012/01/18

シロハラとアカハラ

     120118_

 早いもので、まもなく1月も下旬をむかえます。ここ母と子の森には、小道沿いに小さな池がありますが、一年でもっとも冷え込む頃ということもあり、毎日のように薄氷におおわれています。
120118__0009

 ふと、どこからか「ガサ、ガサ、ガサ♪」と落ち葉で遊んでいるような音が聞こえてきました。音のする方をよく見てみると、落ち葉のあいだから、くりくりおめめのシロハラ(白腹)が姿をあらわしました。
120118__0014

 シロハラはツグミの仲間で、大きさはヒヨドリとほぼ同じくらい。秋に中国やロシアから日本にやって来る渡り鳥です。落ち葉の下や土中にいるミミズ、虫を主に食べるので、よく落ち葉をひっくり返しながら探しています。そのため、園内の林でガサ、ガサ♪という音が聞こえてきたら、このシロハラであることが多いのです。
120118__0029

 落ち葉をかき分けながら、食べものを夢中で探すシロハラ。すると、そこへ「おいしいものがあるのかな?」とばかりに、アカハラ(赤腹)もやって来ました。名前の通り、赤橙色のベストを着たような胸の羽色が特徴です。

 羽色や大きさ、食べものなど、似たもの同士ではありますが、冬の御苑ではシロハラに出会うことがほとんどで、アカハラは少し珍しいかもしれません。ぜひ、お腹の色の違いにも注目してみてくださいね。