閑院宮邸跡収納展示館

見どころ最新情報一覧

  • 秋のたより 京都御苑の見どころ

    2017年11月13日  秋のたより

       11月も半ばに差し掛かり、苑内の風景にも秋の深まりを感じます。乾御門... 続きを読む

  • 10月花ごよみ 京都御苑の見どころ

    2017年10月15日  10月花ごよみ

    ・ジュウガツザクラ   出水の小川東エリアでジュウガツザクラ... 続きを読む

  

閑院宮邸跡

閑院宮家は、伏見宮、桂宮、有栖川宮家と並ぶ江戸時代の四親王家のひとつで、東山天皇の皇子直仁親王を始祖として宝永7年(1710年)に創立されました。
 創建当初の建物は天明の大火(1788年)で焼失し、現在の建物との関係など詳しいことはわかっていません。閑院宮家が東京に移った明治10年まで邸宅として使用されましたが、その後は華族会館や裁判所に使用され、明治16年旧宮内省京都支庁が設置された際に、現在の建物になりました。
 平成15年度から3カ年をかけて全面的な改修と周辺整備が行われました。また、平成26年3月に、旧宮内省所長官舎跡の庭園が復元整備され、現在に至ります。

休館日
月曜日(祝日の場合は開館)・年末年始(12/29~1/3)
参観時間
9時~16時30分(受付は16時まで)
入場料
無料
閑院宮邸跡収納展示館

京都御苑「みどころ案内」

閑院宮邸跡収納展示館では、広報案内担当が月に2回、収納展示館~周辺の苑内へ出て、京都御苑の自然、歴史、文化など、「京都御苑のみどころ」を案内します。

  • 日時:  毎月第1・第3土曜日 13:30~14:30 開催予定です。
         詳細はイベント・セミナーの最新情報をご確認ください。
  • 集合場所:閑院宮邸跡収納展示館 映像モニター前
  • お申込み:当日受付(開始時間までに集合)、参加費無料

上記以外の公開日にも、「京都御苑について」解説を行っています。

ミニガイド

閑院宮邸跡収納展示館では、開館日に3回、京都御苑の成立ちや閑院宮家についてミニガイドを実施しています。

  • 時間:  11:00~、13:30~、15:00~(約20分)(都合により時間の変更や中止の場合がございます。)
  • お申込み:参加費無料

ご参加をお待ちしております。