最新情報:四季の風景

四季の風景 2018年11月24日 17:22

紅葉だより

20181123I 81.JPG
 11月も下旬になって、日に日に冷え込みが増してきました。それに伴いモミジが色づくペースにアクセルがかかってきたようです。場所により状況は異なりますが、平均すれば8割程の色づきでしょうか。
 現在のお勧めは、出水口からまっすぐ東に入り仙洞御所表門に突き当たる手前、苑路を挟み南北に向かい合うようにあるモミジです。(凝華洞跡南東付近)
20181123I 123.JPG
 南側のモミジは近づいて見ると、黄味がかった明るい紅色に色づいています。
20181123I 116.JPG
 一方北側は若く青い部分も若干残しつつ、紅葉部分は落ち着いた濃い紅色です。モミジによって色あいに個性を感じます。来苑の皆さんも南と北を行き来しては、雰囲気の異なる紅葉写真を撮っておられました。
20181123I 236.JPG
 黄葉では、凝華洞跡のオオイチョウが見ごろを迎えています。上記のモミジから比較的近い(北西位置)ので、合わせてご覧下さい。
 前回ご紹介した一條邸跡のオオイチョウは若干葉が落ち、うっすらと落葉のじゅうたんができていますが見ごろです。学習院発祥の地(京都御所建春門東「桜松」の東)のイチョウも見事に色づきお勧めです。20181124I 50.JPG
 閑院宮邸跡庭のモミジも上部から紅い部分が増えてきました。この時季となると毎日色づき具合が変わり、それぞれが一期一会の景色です。床に映るモミジをご覧になりたい方は、こまめに足を運ばれる事をお勧めします。日々の変化を感じつつ、好みの色、見ごろを逃さずお楽しみください。



 


 

 

   

 

 

 

四季の風景 2018年11月22日 09:00

土御門第跡

20181122is.jpg
現在の仙洞・大宮御所の北側は、平安時代中期に摂政太政大臣となった藤原道長の邸宅土御門第の跡です。
寺町通の東、廬山寺は紫式部の邸宅跡で、廬山寺の南の鴨沂高校の辺りには藤原道長が創建した広壮な規模を誇った法成寺という寺院もありました。
平安時代のこの辺りは、公家の屋敷や寺院が建つ優雅な土地柄だったようです。
今からちょうど1000年前の寛仁2(1018)年10月16日、道長の「御堂関白記」に和歌を詠んだ記載があります。その歌は藤原実資の日記「小右記」の同じ日に記されており、「この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」の和歌が今に伝わっています。
道長は、摂政関白についた藤原兼家の五男でしたが、兄が相次いで亡くなると長兄道隆の子伊周と政権を争って政権を執り、藤原氏全盛時代を築きました。
望月の歌は、道長の三女威子が後一条天皇の中宮になった日、土御門邸での宴席で読まれました。長女彰子は一条天皇の中宮、次女妍子は三条天皇の中宮で3人の娘が妃となった道長にとって最良の日であったと思われます。
旧暦を新暦にすると11月にあたり23日はちょうど満月。1000年前に思いをはせて月を眺めてみませんか。

四季の風景 2018年11月12日 16:58

色づく秋

20181110I 73.jpg
20181110I 95.jpg
 11月も半ばとなり、「御苑の紅葉の状況はどうですか?」というお問い合わせを頂く機会が増えてきました。現在は黄葉した木々が美しく、あちらこちらで目に留まります。
 蛤御門の東、清水谷家の椋が色づき見ごろです。東方向には遠く大文字山(如意ヶ岳)を望め、このアングルから写真を撮られる方も多くいらっしゃいます。1864年(元治元年)の禁門の変で、長州藩遊撃隊の総督だった木島又兵衛がこの木の近くで討死したとも伝えられています。
 乾御門東、一條邸跡のオオイチョウも色づいてきましたが、9月の台風で多くの枝が折れた影響で樹形が変わってしまいました。しかし幹が折れたり倒れずに済んだ事は、不幸中の幸いと言えるでしょう。
20181108 18.jpg
20181112I 17.jpg
 苑内に数多くあるエノキも黄葉のピークです。閑院宮邸跡庭園や車寄の南にある大木も、色づいた葉を毎日大量に風に散らしています。
 そして建物内、「床に映るモミジ」が楽しめる小部屋がありますが、モミジはまだ色づいていません。替わりに現在は、「床に映るエノキ」の黄葉を美しくご覧いただけます。紅葉とはまた違った黄葉の風情もお楽しみ下さい。
20181110I 149.jpg
 モミジの色づき具合は場所により異なりますが、部分的に紅葉し、緑から黄、紅色へと変化する美しいグラデーションを多くご覧頂けます。是非足繁くお越しになって、日々変化する風景をご堪能ください。


 

 

 

四季の風景 2018年10月26日 14:02

移りゆく季節

20181018I 30.JPG20181023I 31.JPG
 2年ぶりの開催となった時代祭が無事終了し、苑内は日常の空気に戻りました。台風21号がもたらした爪痕が所々に残りますが、御苑の秋も少しずつ深まっています。
 御苑南西部、出水の小川の東エリアではジュウガツザクラが咲き始めました。秋の空色に映える可憐な花は、春に咲くサクラとは違った趣があります。花期が長く、10月から3月頃まで断続的に咲き続けます。
 御苑北西部、児童公園休憩所北ではツワブキが見ごろです。花が少ないこの時季、昆虫が吸蜜のため集まって来ます。中でも常連のキチョウは黄色い花弁に溶け込み、ふと飛び立つ瞬間にしばしば驚かされます。
(写真上:出水の小川東のジュウガツザクラ、下:児童公園のツワブキ、吸蜜
 するキチョウ[左]とホバリングするホソヒラタアブ[右])
20181021I 50.JPG20181023I 24.JPG
 御苑北東部、中山邸跡のクロガネモチの実が赤く色づきました。樹高が10m以上ある高木です。名前の一部「ガネモチ」が「金持ち」に通じる事から、京都の旧家では金運向上の縁起の良い木としてよく庭に植えられています。
20181023I 44.JPG20181023I 42.JPG
 児童公園休憩所東では同じく縁起物として知られるセンリョウの実が一部、色づき始めました。未熟な実がまだ大半ですが、お子様の目の高さですので
遊びにいらした際にはご一緒に熟す様子を観察されてはいかがでしょうか。

20181023I 60.JPG
 紅葉も少しずつ始まっています。現在はサクラ類の葉が色づいてきました。
(写真:出水の小川エリア、御衣黄[緑色の花を咲かせるサトザクラの一種]
 の紅葉)

 秋晴れの心地よい日には是非、日々変化する季節を楽しみにご散策ください。


 

 


 


 

 

四季の風景 2018年9月26日 10:15

青・大・小が揃ったら...

20180918I 71.JPG
 台風21号の襲来で、苑内至る所で倒木などの被害を受けました。閑院宮邸跡庭の池にも大きな折れ枝が落ち、以前と景観が変わってしまった所もあります。
 それが関係してか、普段頻繁には訪れない2種の白鷺が連日姿を現しました。ほぼ毎日観察されるアオサギに加え、合計3種のサギが揃いました。
20180918I 1.JPG20180918I 50.JPG
 白鷺とは全身が白いサギの総称で「シラサギ」という名のサギはいません。今回訪れたのは「コサギ」と「ダイサギ」です。小さい、大きいの違いはありますが(ちなみにチュウサギという種もあります)単独でいた場合どう見分ければよいでしょうか?

 まず、コサギはくちばし、脚共に黒いのですが、指が黄色いのが特徴です。また、餌を採る際は浅瀬で片脚を小刻みに震わせ、撹拌するような動きをして水中に潜む獲物を追い出します。
20180918I 80.JPG
 一方ダイサギはくちばしは黄色、脚と指は共に黒色です。採餌方法はどちらかというと「待ちの戦法」です。水面下を伺いながらゆっくりと歩き、獲物を見定めるとS字型に曲げた首を瞬時に伸ばして捕えます。コサギより脚が長いので、より深い水の中でも狩りが出来ます。
20180918I 15.JPG
 この日もかなりの成功率で、次々と水中のザリガニを捕食していました。
20180918I 34.JPG
 そうこうしていると、アオサギがいつのまにかダイサギに背後から詰め寄り、追いかけ始めました。
20180918I 39.JPG
20180918I 41.JPG
 飛び立ったダイサギを陸地に追いやってもなお、執拗に牽制します。対して、マイペースで餌を探しているコサギには、全く目もくれません。
 アオサギは日頃から居ついているので、ふいに訪れたダイサギに対し縄張り意識が強まったのでしょう。加えてコサギよりダイサギを目の敵にしたのは、身体の大きさがほぼ同じで、採餌場所、採餌方法(アオサギも待ちの戦法)が似ている為、よりライバル視した故かもしれません。3種のサギが集まったことで、それぞれの生態や特性を垣間見ることができました。

 過ごしやすい気候となりました。ゆっくり時間をかけて生きものを観察すれば、思わぬ関係性を発見できるかもしれません。

四季の風景 2017年11月13日 10:45

秋のたより

 P1160563.JPG
 11月も半ばに差し掛かり、苑内の風景にも秋の深まりを感じます。乾御門東、一條邸跡のオオイチョウが美しく黄葉しました。乾御門は御苑の北西に位置し、通年公開中の京都御所・清所門へのアクセスに便利です。御所参観の折には、青空に映えるオオイチョウもご覧になってください。(京都御所の参観については、こちら
P1160516.JPG
P1160531.JPG
 苑内各所にあるモミジは場所により色づき具合が異なりますが、紅葉のピークまではもう少しかかるでしょうか。堺町御門北東、鷹司邸跡のモミジは日当たりのせいか例年早く色づきます。しかしよく色づいているのは南側のみで、裏にまわるとまだ若々しい緑やオレンジのグラデーションです。
P1160653.JPG
 出水口を東に直進、仙洞御所表門手前のモミジも比較的色づきが進んでいます。昨日も多くの来苑者が代わる代わる立ち止まっては、鮮やかな光景をカメラに納めていました。
P1160656.JPG
P1160504.JPG
 閑院宮邸跡庭のモミジは、上部が少し色づいてきました。西隣のエノキも黄葉し、絡まるツタの紅色とのコントラストが眺められます。
 天気予報によると、今週からまた一段と気温が下がるようです。苑内の黄葉・紅葉も急激に進むかもしれません。どうぞ見ごろを逃さず、御苑の秋をご堪能ください。

 

 

 

四季の風景 2016年12月24日 11:14

オオタカ現る!

20161215I (138).JPG
 先日午後、「タカらしき野鳥が地面に降りている」と連絡が入りました。急いで現場に駆けつけると、そこにいたのはドバトを捕食するオオタカでした。
20161215I (89).JPG
20161215I (92).JPG
20161215I (125).JPG

 よほど空腹だったのか、一心不乱に獲物に食らいついています。写真を撮ろうと接近しても、さして気にも留めない様子。鋭い眼光、嘴に爪。猛禽類の王者の風格が漂います。
 20分以上食べ続けた後、オオタカは近寄った散歩中の犬に驚き飛び去りました。するとすかさずカラスが参上。食べ残しのドバトを咥え、瞬く間に飛んで行ってしまいました。その間、わずか1分程の出来事でした。20161215I (186).JPG
 御苑において、食物連鎖の頂点に立つのがこのオオタカです。主に小型鳥類を捕食しますが、食べ終わった後にはむしり取られた羽などの食痕(=獲物を食べた痕跡)が残ります。オオタカによるものと思われる食痕は苑内でもよく見つかり、普段から活動している事がわかります。それでも、なかなかその姿は目撃できないものです。
(写真:カラスが飛び立った後の食痕)027.JPG
 実際にオオタカを見た方からは、「意外と小さい、もっと大きな鳥をイメージしていた」と聞きます。
 オオタカの体長は50~60㎝程と、カラスと同じ位です。「オオタカ」の名の由来は諸説ありますが、背面が青みがかった黒灰色のため、「あおたか」が転じて「おおたか」になったのではとも言われています。
 夜行性のフクロウやアオバズクとは異なり、オオタカは白昼堂々狩りをします。また御苑では越冬のために出現するため、これからの時期に見られる機会が増えるでしょう。 
 閑院宮邸跡展示室にもオオタカ(若鳥)の剥製を展示しています。お立ち寄りの際は是非ご覧ください。

 

四季の風景 2016年11月15日 16:06

秋のたより

019.JPG
 朝夕の寒暖の差が大きくなった今日この頃、苑内の風景にも秋の深まりを感じるようになりました。
 乾御門の西、一條邸跡のオオイチョウが鮮やかに色づきました。ご覧いただくのにはやはり天気の良い日がお勧めです。黄葉が秋の青空に映え、見ごたえがあります。
20161115I (47).JPG20161115I (65).JPG
 紅葉は場所によって色づき具合に差があります。かなり色づいた木も、まだ青々としている木も見られる中、多くが紅葉の過程にあって美しいグラデーションをお楽しみいただけます。
 拾翠亭庭のモミジも色づき始めました。建物内から高倉橋方面を、また庭から拾翠亭をバックに観賞するのもお勧めです。
(拾翠亭は九條池周辺の工事の為、12月は参観休止となります。ご覧になりたい方は11月中の参観日にお越しください。)
20161115I (93).JPG
 閑院宮邸跡庭に足を踏み入れると、池の南に高くそびえ立つトウカエデが目に留まります。日に日に紅葉が進みつつあり、多くのお客様が足を止めては写真撮影を楽しんでおられます。
 同じ樹木でも天気や時間帯、角度によって紅葉の見え方が変わります。ほんの数日経っただけで、はっとする程鮮やかに色づいている事もあります。
 この季節は、景色のすべてが一期一会です。何度でも足を運んで、刻々と変化する秋の風景を満喫して下さい。

四季の風景 2016年9月19日 11:41

9月花ごよみ

ハギ255.JPG
・ハギ(閑院宮邸跡庭、富小路口北東、児童公園、凝華洞跡北東草地他)
ムクゲ(閑院宮邸跡庭)

児童公園サルスベリ077.JPG
皇后門059.JPG

・サルスベリ(児童公園、京都御所皇后門南西、建礼門南、中山邸跡、出水の
  小川東、拾翠亭、間ノ町口、富小路休憩所北、寺町御門他)
  今年は花数が増えるまでがゆっくりでした

キクイモ123.JPGキクイモ144.JPG
・キクイモ(猿ヶ辻東バッタが原東寄り)ヒガンバナ150.JPGヒガンバナ028.JPG
・ヒガンバナ(苑内各草地)ツルボ117.JPG
・ツルボ(今出川口南東、清和院御門北西草地他) 咲き始めました。

 

 

 

四季の風景 2016年8月17日 09:53

8月花ごよみ

116 サルスベリ高倉橋より.JPG

125 サルスベリ拾翠亭内より.JPG
・サルスベリ(拾翠亭、間ノ町口、富小路休憩所北、寺町御門他)
151 ムクゲ.JPG
・ムクゲ(閑院宮邸跡庭)066 ハギ.JPG
・ハギ(富小路口北東他)

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30