桜だより3

カテゴリ:

20190420I 18.JPG
20190420I 20.JPG
4月も半ばを過ぎ、サクラのシーズンは後半に折り返しました。これからの主役はサトザクラです。
御苑南西部、出水の小川周辺にはたくさんのサトザクラが植栽されており、続々見ごろを迎えています。
ボリュームのある八重咲きの花が中心ですが、よく観察すれば色の濃淡や花の構造が異なり、それぞれの個性が楽しめます。
20190420I 2.JPG
20190420I 3.JPG
中でも個性際立つのが、緑色の花を咲かせる「御衣黄(ぎょいこう)」です。しかし緑色ゆえに、葉のように見えて花が目立たないという矛盾をはらんでいます。それでも少しずつ認知されてきたのか、立ち止まり写真を撮っておられる方も増えてきたようです。
4月14日の開花以来、あっという間に見ごろを迎えました。
植栽場所は下立売御門を入りまっすぐ進んだ左手、出水の小川の南起点付近です。是非お早目にご鑑賞下さい。 
20190418I6I.JPG
京都御所・宜秋門南西では、ウワミズザクラが開花しています。
小さな白い花(直径6mm程)が房状に集まって咲く、ユニークな形状のサクラです。見ごろを過ぎつつありますが、やや北でもう一本、別のウワミズザクラが開花間近です。同じ種類で、これだけ開花時期が異なるのは興味深いですね。
葉が先に出る種なので花が目立ちにくいですが、京都御所参観の折など、是非ご覧ください。

・ヤエベニシダレ(近衞邸跡) 見ごろ~散り始め
・車返桜(京都御所・宜秋門南西) 散り始め

京都御苑案内図はこちら


 

 

 


 

 

 



 

2019年4月20日 15:25

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31