2018年12月アーカイブ

イベント・セミナー 2018年12月25日 11:15

イベント情報【1月】

20180114I 30.JPG
           京都御苑みどころ案内

*日  時:平成31年112日()26(土)
      13301430
*集合場所:閑院宮邸跡収納展示室
*参 加 費 :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。





            冬の自然教室

   初心者向きの自然観察会です。苑内の植物、野鳥、昆虫、
  きのこなどの専門講師による解説を行います。  

*日  時:平成31年1月20日(日) 
       9:30~12:00 (受付9:00~9:20)
      小雨決行。当日7時時点で気象庁が大雨、大雪、暴風雪、暴風
      警報発令している場合は中止。
*集合場所:京都御苑乾御門(上京区京都御苑北西)
*参 加 費 :保険料100円
      ※小学生以下の方は、保護者の同伴が必要です。
*服    装:長袖・長ズボン・運動靴・帽子・防寒着などの野外活動に適した
      服装でお越し下さい。
*持 ち 物 :飲み物、筆記用具、観察中の天候変化に備え雨具をご持参下さ
      い。
                手持ちのルーペ、双眼鏡、図鑑などの観察用具があると便利で
      す。
                  ※動植物の採集はできないので、網や虫かごなどは持参しないで
       下さい。
*そ の 他 :ペットの連れ込み、喫煙、カメラの三脚の使用は禁止されてい
      ます。
      写真や動画の撮影は自由ですが、動画は個人利用に限ります。
      また、写真を公開する際は肖像権等に十分ご注意下さい。

 

お知らせ 2018年12月25日 09:18

年末年始のお知らせ

20180125u 36s.jpg
 ■(一財)国民公園協会窓口
 年内窓口業務は、12月28日(金)16:30まで行います。
 年始は、1月4日(金)8:30より通常業務となります。


 ■拾翠亭の貸し出し受付について
 拾翠亭4月ご利用分の受付は、年始1月4日(金)8:30に行います。
 国民公園協会京都御苑窓口までお越しください。


 ■拾翠亭一般公開について
 年内の公開は12月27日(木)9:30~15:30が最終になります。
 12月28日(金)は電気設備点検のため休業致します。ご了承ください。
 なお、年始は1月4日(金)9:30より公開いたします。

収納展示室内部s.jpg
 ■閑院宮邸跡展示室について
 開館最終日の12月28日(金)は、電気設備点検のため12:30に閉館致しま
 す。ご了承ください。
 年始1月4日(金)9:00より開館致します。


 ■駐車場について
 中立売西駐車場、清和院東駐車場とも通常通りの営業を行っています。
 中立売西駐車場の出入口は、蛤御門になっております。道路交通法上、右折
 での入場できません。ご注意ください。
 年末年始も苑内の散策にご利用ください。


 ■富小路休憩所について
 食堂・売店とも、年内12月27日(木)まで営業いたします。
 休憩所は16:30までご利用可能です。
 年始、休憩所は1月4日(金)、食堂・売店は1月5日(土)からの開始で
 す。
 寒い中での散策の折には、ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

発行物 2018年12月22日 13:11

京都御苑ニュース

雪の中山邸跡HP用.jpg

京都御苑ニュース冬号を発行しました。皆様のご愛読をお願い致します。
 

近代京都と国民公園「京都御苑」の誕生       丸山 宏
冬の御苑で昆虫を探してみよう           谷  幸樹
「洛中のオアシス」堀野記念館           堀野 知久
鬼門と猿             同志社大学文学部文化史学科

コチラからPDFがご覧いただけます ↓
http://fng.or.jp/kyoto/issue/index.html

庭園を守る取り組み 2018年12月19日 10:22

松のもみあげと剪定  -年末を迎えて-

20181214u6.jpg
師走の京都御苑の風物詩、マツのもみあげと剪定をこのほど行いました。
毎年、この時期になるとマツのお正月支度が始まります。下枝まで日光が届くように古い葉を取り除き、樹木が成長すると庭の雰囲気に合わなくなってしまうため、混み過ぎた枝、枯れ枝や上方に伸びたり下方に垂れたりする枝を処理し樹形を整えます。この剪定には、『御所透かし』という技法があり、その技法に倣い、手入れ前後で著しい変化を見せないように樹木本来の形に仕立てます。
閑院宮邸跡の東門を入ったマツの植え込みは、アカマツとクロマツです。アカマツの葉は柔らかく古葉は落ちますが、クロマツの葉はチクチクと痛く簡単に落とせないので作業には時間がかかり、樹形に関係するため細心の注意を払っています。
九條池のほとり、拾翠亭の庭にもクロマツの植栽があり、高倉橋と拾翠亭側の双方から美しく見えるよう調整しつつ手入れを行いました。
こうして、今年も新年を迎える準備が整いましたが、晩夏の例年にない台風が御苑の景色を一変させました。大木が根こそぎ倒れたり、折れ枝や掛り枝があちこちで見受けられたり、このような経験は初めてのことと思われます。ご来苑の方々にご心配、ご迷惑をおかけました。しかし、危険度・利用度などを判別し、また、時代祭など催事にあわせ関連区域周辺や来苑者の目線にふれる区域の整備に重点をおくなど期日や区域を設定し景観を整えてまいりました。
皆様方が楽しみにされている梅林、桃林、サクラ等のダメージ、アオバズクの営巣環境の変化など気がかりはありますが、今後もさらに整備を進めてまいりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

京都御苑の見どころ 2018年12月11日 15:35

12月花ごよみ

20181205I 56.JPG20181205I 63.JPG
・サザンカ(閑院宮邸跡庭、西園寺邸跡他苑内各所)
 紅葉のシーズンが終わりを告げると、苑内は冬の景色へと変わっていきま
 す。
 現在の見ごろはサザンカです。苑内各所で開花中ですが、西園寺邸跡には多
 数植栽され溢れんばかりに咲き誇っています。多くの紅花の中で、一本だけ
 ある八重咲きの白花は互いの美しさをさらに引き立たせています。
P1320789.JPGP1320890.JPG
・ヤツデ(清和院御門南東、寺町御門北東、閑院宮邸跡庭他)
   大きな切れ込みと艶のある葉が特徴で、手のような大きな葉が人を招くとい
   う「千客万来」の縁起を担いで昔から玄関先等に植えられています。
   開花は11月~12月の数少ない冬の花です。形はユニークで、小さな白い花
   が多数集まって球形になり、その球形の花の集まりは円錐状についていま
   す。小さな花を良く見ると細く伸びた雄しべが線香花火のようで、かわいら
   しい姿をしています。やがて花弁と雄しべが落ち、実ができます。
20181205I 50.JPG
・ジュウガツザクラ(出水の小川東、宗像神社北)
P1320804.JPG
・ツワブキ(迎賓館南東)

イベント・セミナー 2018年12月 1日 14:14

イベント情報【12月】

20181201I 70.JPG             京都御苑みどころ案内

*日  時:平成30年12月8()22(土)
      13301430
*集合場所:閑院宮邸跡収納展示室
*参 加 費 :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。




       

明治150年記念展示 ~激動の幕末・維新と京都御苑の誕生~
 

2018年は、明治元年から満150年にあたります。
年号が明治へと移る前後の時期、日本の有り様は大きく変わりました。200年余り続いた鎖国は開国へ、政権は徳川幕府から明治政府へと移りました。
 日本中が大きな転換期にあった時代、天皇を擁する京都、とりわけ御所を中心に公家町を形成していた京都御苑はこの大きな渦の最中にありました。
激動の歴史を写真や絵図などの資料をから訪ねてみましょう。

*日  時: ~平成30年12月28日(金)
      9:00~16:00 16:30閉館
      祝日を除く月曜日は休館です。
      12月16日(日)、23日(日)~26日(水)その他都合によりレ
      クチャーホールが閉室になる場合がございます。
*場  所:閑院宮邸跡収納展示館 レクチャーホール
*主  催:環境省 京都御苑管理事務所
      (一財)国民公園協会京都御苑
*お問い合わせ:(一財)国民公園協会京都御苑 TEL 075-211-6364

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31