色づく秋

カテゴリ:

20181110I 73.jpg
20181110I 95.jpg
 11月も半ばとなり、「御苑の紅葉の状況はどうですか?」というお問い合わせを頂く機会が増えてきました。現在は黄葉した木々が美しく、あちらこちらで目に留まります。
 蛤御門の東、清水谷家の椋が色づき見ごろです。東方向には遠く大文字山(如意ヶ岳)を望め、このアングルから写真を撮られる方も多くいらっしゃいます。1864年(元治元年)の禁門の変で、長州藩遊撃隊の総督だった木島又兵衛がこの木の近くで討死したとも伝えられています。
 乾御門東、一條邸跡のオオイチョウも色づいてきましたが、9月の台風で多くの枝が折れた影響で樹形が変わってしまいました。しかし幹が折れたり倒れずに済んだ事は、不幸中の幸いと言えるでしょう。
20181108 18.jpg
20181112I 17.jpg
 苑内に数多くあるエノキも黄葉のピークです。閑院宮邸跡庭園や車寄の南にある大木も、色づいた葉を毎日大量に風に散らしています。
 そして建物内、「床に映るモミジ」が楽しめる小部屋がありますが、モミジはまだ色づいていません。替わりに現在は、「床に映るエノキ」の黄葉を美しくご覧いただけます。紅葉とはまた違った黄葉の風情もお楽しみ下さい。
20181110I 149.jpg
 モミジの色づき具合は場所により異なりますが、部分的に紅葉し、緑から黄、紅色へと変化する美しいグラデーションを多くご覧頂けます。是非足繁くお越しになって、日々変化する風景をご堪能ください。


 

 

 

2018年11月12日 16:58

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30