2018年10月アーカイブ

イベント・セミナー 2018年10月31日 14:32

イベント情報【11月】

20171119I 59.JPG                                  「京都御所 宮廷文化の紹介」<平成30年秋>

*日  時:平成30年11月1日(木)~11月5日(月)
      9:00(開門)~15:20(閉門)最終退出時刻は16:00
      
 詳細 http://fng.or.jp/kyoto/news/index.html
 
宮内庁ホームページ  
 http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/kyotogosho.html





             京都御苑みどころ案内

*日  時:平成30年1110日()24(土)
      13301430
*集合場所:閑院宮邸跡収納展示室
*参 加 費 :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。





        秋の自然教室「秋の京都御苑にふれよう」

      初心者向きの自然観察会です。苑内の植物、野鳥、昆虫、
      きのこなどの専門講師による解説を行います。      

*日  時:平成30年11月18日(日)  
       9:30~12:00 (受付9:00~9:20)
      小雨決行。当日7時時点で気象庁が大雨、暴風警報を発令して
      いる場合は中止。
*集合場所:京都御苑富小路口(上京区京都御苑南東)
*参 加 費 :保険料100円
      ※小学生以下の方は、保護者の同伴が必要です。
*服    装:長袖・長ズボン・運動靴、帽子などの野外活動に適した服装でお
      越し下さい。
      ※ハチを刺激する恐れがある黒色系は避けて下さい。
*持 ち 物 :飲み物、筆記用具、観察中の天候変化に備え雨具をご持参下さ
      い。
                手持ちのルーペ、双眼鏡、図鑑などの観察用具があると便利で
      す。
                  ※動植物の採集はできないので、網や虫かごなどは持参しないで
       下さい。
*そ の 他 :ペットを連れての参加はご遠慮ください。
      写真や動画の撮影は自由ですが、動画は個人利用に限ります。
      また、写真を公開する際は肖像権等に十分ご注意下さい。




 

明治150年記念展示 ~激動の幕末・維新と京都御苑の誕生~
 

2018年は、明治元年から満150年にあたります。
年号が明治へと移る前後の時期、日本の有り様は大きく変わりました。200年余り続いた鎖国は開国へ、政権は徳川幕府から明治政府へと移りました。
 日本中が大きな転換期にあった時代、天皇を擁する京都、とりわけ御所を中心に公家町を形成していた京都御苑はこの大きな渦の最中にありました。
激動の歴史を写真や絵図などの資料をから訪ねてみましょう。

*日  時:平成30年4月4日(水)
      9:00~16:00 16:30閉館
      祝日を除く月曜日は休館です。
      11月3日(土)、18日(日)その他都合によりレクチャーホール
      が閉室になる場合がございます。
*場  所:閑院宮邸跡収納展示館 レクチャーホール
*主  催:環境省 京都御苑管理事務所
      (一財)国民公園協会京都御苑
*お問い合わせ:(一財)国民公園協会京都御苑 TEL 075-211-6364

 

 平成30年11月1日(木)から5日(月)までの5日間、京都御所では、皇室文化への理解を深めていただくための特別イベントが開催されます。
期間中は、雅楽(11月3日)や蹴鞠(11月4日)の実演や特別展示などがご覧いただけます。

詳しくは宮内庁HPへ→
http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/kyotogosho.html

 

通年公開とは異なる宮廷文化を身近に感じることができるこの機会にぜひお越しください。

20181026京都御所特別公開表.jpg20181026京都御所特別公開裏.jpg

●九條家の別邸でお茶室の『拾翠亭』も公開いたします。
 公 開 日:11月1日(木)・2日(金)・3日(土)・5日(月)
 公開時間: 9時30分から15時30分(閉門)まで(入場料100円)

●閑院宮邸跡展示館も、9時から16時30分(閉館)まで公開しています。京都御苑の成立ちについての歴史や自然など、興味深い展示をぜひご覧ください。

●御所の清所門の近くには臨時売店を設け、京都御苑オリジナル商品や京都限定のお土産物を販売しております。にぎやかな昼店の風情もあわせてお楽しみください。

tokubetsukoukai_2018_4.jpg
              2017年秋の宮廷文化の紹介 臨時売店のようす   


●中立売西駐車場は、再整備工事に伴い、入場ゲートを蛤御門に移動しております。

  左折のみの入出場になりますのでご注意ください。臨時駐車場は従来通りです。

・バスは、臨時駐車場の今出川口にまずお越しいただき、スタッフの指示で中立売西駐車場が空いていればそちらにお回りいただいた方がスムーズに駐車いただけます。

・乗用車は中立売西駐車場が満車の際は出水口より左折のみの入出場になります。ご注意ください。
 

お問合せ:国民公園協会京都御苑 TEL 075-211-6364

京都御苑の見どころ 2018年10月28日 14:42

明治維新150年記念 中山邸跡

20181024u 13.JPG
朝夕が少し冷えて季節の歩みが分かりやすい時季になりました。
京都御所の東北、猿ヶ辻の北側にある中山邸跡の黒い塀にクロガネモチの赤い実が映えています。
中山邸は、幕末期の公家、権大納言中山忠能の邸宅跡です。
嘉永5年9月22日(1852年11月3日)、孝明天皇の第2皇子として明治天皇(幼名:祐宮)が誕生しました。母は、権典侍中山慶子(中山忠能の娘)で、敷地には、その産屋が残っており、塀越しに見ることができます。
祐宮は中山邸で4年間養育されたと言われています。また、祐宮2才の夏干天で井戸が枯れたため新たに掘られた井戸はその名に因んで祐井と名づけられたといいます。
祐宮誕生の1852年に、オランダ商館長クルチウスが翌年のアメリカ使節の来航を幕府に伝えていましたが、1853年ペリーの浦賀来航が事実となりました。
明治天皇の誕生は、幕末の混乱期の始まりと重なり合うようです。
孝明天皇の急死により明治天皇は慶応3年(1867)16歳で践祚、同年12月の王政復古により新政府が樹立され、1868年に明治改元がなされました。明治2年(1869)に東京遷都。
明治10年(1877)孝明天皇十年式年祭のため京都に還幸されたおり、懐かしい御所周辺の変わり様を哀しまれ御所保存・旧観維持の御沙汰が下されました。京都御苑の現在に至る基礎が築かれていく始まりです。

京都御苑の見どころ 2018年10月26日 14:02

移りゆく季節

20181018I 30.JPG20181023I 31.JPG
 2年ぶりの開催となった時代祭が無事終了し、苑内は日常の空気に戻りました。台風21号がもたらした爪痕が所々に残りますが、御苑の秋も少しずつ深まっています。
 御苑南西部、出水の小川の東エリアではジュウガツザクラが咲き始めました。秋の空色に映える可憐な花は、春に咲くサクラとは違った趣があります。花期が長く、10月から3月頃まで断続的に咲き続けます。
 御苑北西部、児童公園休憩所北ではツワブキが見ごろです。花が少ないこの時季、昆虫が吸蜜のため集まって来ます。中でも常連のキチョウは黄色い花弁に溶け込み、ふと飛び立つ瞬間にしばしば驚かされます。
(写真上:出水の小川東のジュウガツザクラ、下:児童公園のツワブキ、吸蜜
 するキチョウ[左]とホバリングするホソヒラタアブ[右])
20181021I 50.JPG20181023I 24.JPG
 御苑北東部、中山邸跡のクロガネモチの実が赤く色づきました。樹高が10m以上ある高木です。名前の一部「ガネモチ」が「金持ち」に通じる事から、京都の旧家では金運向上の縁起の良い木としてよく庭に植えられています。
20181023I 44.JPG20181023I 42.JPG
 児童公園休憩所東では同じく縁起物として知られるセンリョウの実が一部、色づき始めました。未熟な実がまだ大半ですが、お子様の目の高さですので
遊びにいらした際にはご一緒に熟す様子を観察されてはいかがでしょうか。

20181023I 60.JPG
 紅葉も少しずつ始まっています。現在はサクラ類の葉が色づいてきました。
(写真:出水の小川エリア、御衣黄[緑色の花を咲かせるサトザクラの一種]
 の紅葉)

 秋晴れの心地よい日には是非、日々変化する季節を楽しみにご散策ください。


 

 


 


 

 

お知らせ 2018年10月18日 11:00

時代祭の乗用車駐車場について

 10月22日(月)時代祭当日、中立売西駐車場はバス専用駐車場となります。

一般の乗用車につきましては出水広場を臨時駐車場といたしますので、臨時駐車場をご利用下さい。

駐車される際は係員の指示に従い駐車ください。

祭駐車場.jpg

Ⅰ:貸切バス・タクシーの駐車について

中立売西駐車場についてはバス・貸切タクシー・身障者乗用車両の専用駐車場になります。

また、中立売西駐車場が満車の場合、今出川口から入場するバス臨時駐車場をご利用ください。

  ①入場について

           入場は蛤御門となります(上記水色矢印)

  ②取扱い時間について

           入場:7:40~19:30(出庫は24時間可能)

  ③駐車料金について(15:00まで)

           バス1台 1,300円、貸切タクシー、身障者乗用車両 1台 500円

           ※15:00以降は平常どおり入場時からの料金設定となります。

今出川バス臨時駐車場については中立売駐車場が満車になった際の臨時駐車場になります。

  ①入場について

           中立売西駐車場が満車の際は今出川口から入場いただけます

  ②取扱い時間について

           入場は中立売西駐車場が満車となってから12:00までとなり、

           出場は15:00までとなります

  ③駐車料金について

           バス1台 1,300円

 

Ⅱ:乗用車の駐車について

一般乗用車については出水広場を臨時の駐車場とします。

  ①入場について

           入場は出水口となります(上記赤色矢印)

  ②取扱い時間について

           入場:7:40~15:00(15:00以降は中立売西駐車場となります)

  ③駐車料金について

           乗用車1台 500円

※バイクでお越しの方は出水臨時駐車場までお越しください。

※バス・貸切タクシー・身障者乗用車両・一般乗用車・バイクとも駐車の際は係員の指示に従って駐車ください。

イベント・セミナー 2018年10月16日 15:30

明治維新150年記念 時代祭

20161022u 18.JPG

時代祭は、葵祭、祇園祭と並ぶ京都の3大祭のひとつです。
しかし、その歴史は比較的新しく平安遷都を祝う行事として明治28年に始まりました。
幕末、禁門の変によるどんどん焼けで市街地のほとんどが焼け、明治2年には天皇が東京へ移られると公家や官吏、有力商人も京都を離れ、京都は低迷状態に陥りましたが、京都を活性化するため、京都博覧会の開催や小学校の創設、琵琶湖疏水の開削や水力発電の開発など様々な事業が行われ、明治28年には、平安神宮が遷都1100年を記念し創建されました。
祭が行われる10月22日は桓武天皇が794年に長岡京から平安京に都を移された日です。

20161022u 12.JPG
【明治維新時代】◇維新勤王隊列
 

正午に京都御苑の建礼門前大通を明治維新から延暦時代へと遡る時代行列が進みます。
「ピーヒャラドンドンドン」と鼓笛隊から始まり西郷どん・龍馬、七卿落ちの公家や和宮、ユーモラスな徳川城使列、秀吉・信長・淀君、華やかな室町風流踊りの列や静御前、巴御前、紫式部や清少納言の美しい姿も見ものです。
後に続く神幸列の孝明天皇、桓武天皇の御鳳輦が、京都の町をご覧になり巡幸される神幸の本列です。

20161022u 26.JPG
【明治維新時代】◇維新志士列 西郷吉之助

20161022I 36.JPG
【明治維新時代】◇維新志士列 坂本龍馬

20161022u 35.JPG
【江戸時代】◇徳川城使上洛列

20161022u 89.JPG
◇中世婦人列 淀君

20161022u 96.JPG
◇平安時代婦人列 巴御前

20161022I 181.JPG
◇平安時代婦人列 清少納言と紫式部


行列は正午から始まりますが、10時前には平安神宮を出発した神幸列が「ピーヒャラ」と鼓笛隊を先頭に御苑に到着します。
当日は、九條家遺構の拾翠亭も公開し、苑路には京都御苑にゆかりのお土産が出ていますので、早めに来苑されてもじっくり御苑をお楽しみいただけます。
この行列での調度、衣装、祭具は、時代考証を重ね伝統工芸の粋を集め復元された物が使用されています。

歴史と文化の凝縮された『時代祭』をぜひご覧ください。

 

お知らせ 2018年10月15日 14:11

時代祭 臨時売店設置のお知らせ

10月22日(月)に京都三大祭の一つである時代祭が行われます。京都御苑は、時代行列の出発地点となっております。

時代祭に合わせて、京都御苑の建礼門前大通りなどに恒例の臨時売店を出店いたします。

京都の和菓子・洋菓子をはじめ、京都限定のお土産品も数多く販売しますので、皆様ぜひご利用ください。

Jidaimatsuri2016.jpg

 

臨時売店の詳細はコチラ

イベント・セミナー 2018年10月10日 09:04

【募集終了】子ども「きのこ」教室を開催します!

 11月11日(日)、小学生以下の親子を対象とした『子どもきのこ教室』を開催します。

秋の京都御苑で、楽しいきのこの先生と色々なきのこ探しをしませんか?

先着30組。ご参加お待ちしています!

本イベントは、定員に達したため、募集を終了させていただきました。

申込み・お問合せ:(一財)国民公園協会 京都御苑 
          TEL:075-211-6364

子どもきのこ教室のご案内.jpg

イベント・セミナー 2018年10月10日 08:48

木育フェスタ in 京都御苑

 10月14日(日)に「木と触れる、木で創る、木を知る」という木育の活動を通じ、京都の豊かな森と木と人とのつながりを考える「木育フェスタin京都御苑」を開催します。

京都のど真ん中にある京都御苑で一日ゆったり木に触れて過ごしてみませんか。

ぜひ、お子様と一緒にお越しください!

詳しくはコチラをご覧ください→山村都市交流の森HP http://dobanzy.com/

Mokuikufesta01.jpg

Mokuikufesta02.jpg

発行物 2018年10月 4日 14:46

きせつのたより

2010 _12_2_027.jpg
京都御苑では、子どもたちが自然を身近に体験できるよう御苑のご利用を進めています。
植物や昆虫などの生き物や御苑のスポット、行事を順次季節ごとに紹介します。
遊びの場として、自然さがしや学習の場としてご来苑の参考にご利用ください。
このたび、きせつのたより秋号を発行しました。
秋号は、ドングリマップを掲載しています。
京都御苑の秋のみのりを探しましょう。

http://fng.or.jp/kyoto/issue/seasonal-letter.html

 

自然環境文化推進セミナー 
文化の日に京都御苑で自然環境文化を語ろう 
~京(みやこ)に迫る外来種の脅威と「和のビオトープ」の試み~


*日  時:平成30年11月3日(土)
      13:00~16:20

      外来種セミナーご案内.pdf 

*場  所:閑院宮邸跡レクチャーホール
*主  催:(一社)自然環境文化推進機構
*後  援: 環境省近畿地方環境事務所
*協  力: 環境省京都御苑管理事務所
      (一財)国民公園協会京都御苑
      (公財)日本生態系協会

*申し込み:メールまたはFAXでお願いします。
      メール  gaxxx@opnec.org   
      TEL&FAX 075-561-3444 

      お申込書.pdf

一般社団法人 自然環境文化推進機構 京都市東山区泉涌寺山内町28 光明会館内
〇 応募必要事項〇 ①参加される方の氏名 ・ふりがな
          ②代表者の 電話番号、 FAX 番号、メールアドレスのいず
          れか1つ
                           ※定員 80 名(先着順)になり次第締切

詳細は一般社団法人 自然環境文化推進機構 のホームページをご覧ください。

       http://opnec.org/pg46.html

 

 

いつも中立売南休憩所・南休憩所+PLUSをご利用いただき、誠にありがとうございます。

中立売再整備工事に伴い、中立売南休憩所・南休憩所+PLUSは平成30年10月8日(月・祝)をもちまして、閉店させていただきます。
長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。

富小路休憩所は、今まで通り営業しております。

尚、10月11日(木)~11月30日(木)の期間は、9:00~16:00まで清所門前で売店を開設し、お土産物などを販売する予定です。
(毎週月曜日他、京都御所閉館日や10月20日~23日を除く)
ぜひ、こちらもご利用ください。 

20180713南休憩所.jpg

                      中立売南休憩所  

PLUS内装差替え分0516.jpg
        中立売南休憩所+PLUS 
 

現在新設工事を進めております新休憩所のオープンは平成31年1月頃の予定です。

オープンまでの間、お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解ご協力頂けますようお願い申し上げます。

新休憩所.jpg
       中立売新休憩所完成予想図 
 

◆中立売新休憩所のコンセプト

~日本建築の伝統的大屋根と深い軒を現代的につくり上げる~

・深い軒とガラス窓により自然と内部を有機的に繋ぐ

・瓦葺き屋根の重量を軒先の金属板葺きでシャープに表現

・屛風を連想する折板天井による内部空間の分節


中立売新休憩所は、今までよりも更に利用者の方々に安心して快適な利用ができる空間を創出していく予定です。ご期待ください!

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30