2018年10月アーカイブ

お知らせ 2018年10月18日 11:00

時代祭の乗用車駐車場について

 10月22日(月)時代祭当日、中立売西駐車場はバス専用駐車場となります。

一般の乗用車につきましては出水広場を臨時駐車場といたしますので、臨時駐車場をご利用下さい。

駐車される際は係員の指示に従い駐車ください。

祭駐車場.jpg

Ⅰ:貸切バス・タクシーの駐車について

中立売西駐車場についてはバス・貸切タクシー・身障者乗用車両の専用駐車場になります。

また、中立売西駐車場が満車の場合、今出川口から入場するバス臨時駐車場をご利用ください。

  ①入場について

           入場は蛤御門となります(上記水色矢印)

  ②取扱い時間について

           入場:7:40~19:30(出庫は24時間可能)

  ③駐車料金について(15:00まで)

           バス1台 1,300円、貸切タクシー、身障者乗用車両 1台 500円

           ※15:00以降は平常どおり入場時からの料金設定となります。

今出川バス臨時駐車場については中立売駐車場が満車になった際の臨時駐車場になります。

  ①入場について

           中立売西駐車場が満車の際は今出川口から入場いただけます

  ②取扱い時間について

           入場は中立売西駐車場が満車となってから12:00までとなり、

           出場は15:00までとなります

  ③駐車料金について

           バス1台 1,300円

 

Ⅱ:乗用車の駐車について

一般乗用車については出水広場を臨時の駐車場とします。

  ①入場について

           入場は出水口となります(上記赤色矢印)

  ②取扱い時間について

           入場:7:40~15:00(15:00以降は中立売西駐車場となります)

  ③駐車料金について

           乗用車1台 500円

※バイクでお越しの方は出水臨時駐車場までお越しください。

※バス・貸切タクシー・身障者乗用車両・一般乗用車・バイクとも駐車の際は係員の指示に従って駐車ください。

イベント・セミナー 2018年10月16日 15:30

明治維新150年記念 時代祭

20161022u 18.JPG

時代祭は、葵祭、祇園祭と並ぶ京都の3大祭のひとつです。
しかし、その歴史は比較的新しく平安遷都を祝う行事として明治28年に始まりました。
幕末、禁門の変によるどんどん焼けで市街地のほとんどが焼け、明治2年には天皇が東京へ移られると公家や官吏、有力商人も京都を離れ、京都は低迷状態に陥りましたが、京都を活性化するため、京都博覧会の開催や小学校の創設、琵琶湖疏水の開削や水力発電の開発など様々な事業が行われ、明治28年には、平安神宮が遷都1100年を記念し創建されました。
祭が行われる10月22日は桓武天皇が794年に長岡京から平安京に都を移された日です。

20161022u 12.JPG
【明治維新時代】◇維新勤王隊列
 

正午に京都御苑の建礼門前大通を明治維新から延暦時代へと遡る時代行列が進みます。
「ピーヒャラドンドンドン」と鼓笛隊から始まり西郷どん・龍馬、七卿落ちの公家や和宮、ユーモラスな徳川城使列、秀吉・信長・淀君、華やかな室町風流踊りの列や静御前、巴御前、紫式部や清少納言の美しい姿も見ものです。
後に続く神幸列の孝明天皇、桓武天皇の御鳳輦が、京都の町をご覧になり巡幸される神幸の本列です。

20161022u 26.JPG
【明治維新時代】◇維新志士列 西郷吉之助

20161022I 36.JPG
【明治維新時代】◇維新志士列 坂本龍馬

20161022u 35.JPG
【江戸時代】◇徳川城使上洛列

20161022u 89.JPG
◇中世婦人列 淀君

20161022u 96.JPG
◇平安時代婦人列 巴御前

20161022I 181.JPG
◇平安時代婦人列 清少納言と紫式部


行列は正午から始まりますが、10時前には平安神宮を出発した神幸列が「ピーヒャラ」と鼓笛隊を先頭に御苑に到着します。
当日は、九條家遺構の拾翠亭も公開し、苑路には京都御苑にゆかりのお土産が出ていますので、早めに来苑されてもじっくり御苑をお楽しみいただけます。
この行列での調度、衣装、祭具は、時代考証を重ね伝統工芸の粋を集め復元された物が使用されています。

歴史と文化の凝縮された『時代祭』をぜひご覧ください。

 

お知らせ 2018年10月15日 14:11

時代祭 臨時売店設置のお知らせ

10月22日(月)に京都三大祭の一つである時代祭が行われます。京都御苑は、時代行列の出発地点となっております。

時代祭に合わせて、京都御苑の建礼門前大通りなどに恒例の臨時売店を出店いたします。

京都の和菓子・洋菓子をはじめ、京都限定のお土産品も数多く販売しますので、皆様ぜひご利用ください。

Jidaimatsuri2016.jpg

 

臨時売店の詳細はコチラ

イベント・セミナー 2018年10月10日 09:04

【募集終了】子ども「きのこ」教室を開催します!

 11月11日(日)、小学生以下の親子を対象とした『子どもきのこ教室』を開催します。

秋の京都御苑で、楽しいきのこの先生と色々なきのこ探しをしませんか?

先着30組。ご参加お待ちしています!

本イベントは、定員に達したため、募集を終了させていただきました。

申込み・お問合せ:(一財)国民公園協会 京都御苑 
          TEL:075-211-6364

子どもきのこ教室のご案内.jpg

イベント・セミナー 2018年10月10日 08:48

木育フェスタ in 京都御苑

 10月14日(日)に「木と触れる、木で創る、木を知る」という木育の活動を通じ、京都の豊かな森と木と人とのつながりを考える「木育フェスタin京都御苑」を開催します。

京都のど真ん中にある京都御苑で一日ゆったり木に触れて過ごしてみませんか。

ぜひ、お子様と一緒にお越しください!

詳しくはコチラをご覧ください→山村都市交流の森HP http://dobanzy.com/

Mokuikufesta01.jpg

Mokuikufesta02.jpg

発行物 2018年10月 4日 14:46

きせつのたより

2010 _12_2_027.jpg
京都御苑では、子どもたちが自然を身近に体験できるよう御苑のご利用を進めています。
植物や昆虫などの生き物や御苑のスポット、行事を順次季節ごとに紹介します。
遊びの場として、自然さがしや学習の場としてご来苑の参考にご利用ください。
このたび、きせつのたより秋号を発行しました。
秋号は、ドングリマップを掲載しています。
京都御苑の秋のみのりを探しましょう。

http://fng.or.jp/kyoto/issue/seasonal-letter.html

 

自然環境文化推進セミナー 
文化の日に京都御苑で自然環境文化を語ろう 
~京(みやこ)に迫る外来種の脅威と「和のビオトープ」の試み~


*日  時:平成30年11月3日(土)
      13:00~16:20

      外来種セミナーご案内.pdf 

*場  所:閑院宮邸跡レクチャーホール
*主  催:(一社)自然環境文化推進機構
*後  援: 環境省近畿地方環境事務所
*協  力: 環境省京都御苑管理事務所
      (一財)国民公園協会京都御苑
      (公財)日本生態系協会

*申し込み:メールまたはFAXでお願いします。
      メール  gaxxx@opnec.org   
      TEL&FAX 075-561-3444 

      お申込書.pdf

一般社団法人 自然環境文化推進機構 京都市東山区泉涌寺山内町28 光明会館内
〇 応募必要事項〇 ①参加される方の氏名 ・ふりがな
          ②代表者の 電話番号、 FAX 番号、メールアドレスのいず
          れか1つ
                           ※定員 80 名(先着順)になり次第締切

詳細は一般社団法人 自然環境文化推進機構 のホームページをご覧ください。

       http://opnec.org/pg46.html

 

 

いつも中立売南休憩所・南休憩所+PLUSをご利用いただき、誠にありがとうございます。

中立売再整備工事に伴い、中立売南休憩所・南休憩所+PLUSは平成30年10月8日(月・祝)をもちまして、閉店させていただきます。
長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。

富小路休憩所は、今まで通り営業しております。

尚、10月11日(木)~11月30日(木)の期間は、9:00~16:00まで清所門前で売店を開設し、お土産物などを販売する予定です。
(毎週月曜日他、京都御所閉館日や10月20日~23日を除く)
ぜひ、こちらもご利用ください。 

20180713南休憩所.jpg

                      中立売南休憩所  

PLUS内装差替え分0516.jpg
        中立売南休憩所+PLUS 
 

現在新設工事を進めております新休憩所のオープンは平成31年1月頃の予定です。

オープンまでの間、お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解ご協力頂けますようお願い申し上げます。

新休憩所.jpg
       中立売新休憩所完成予想図 
 

◆中立売新休憩所のコンセプト

~日本建築の伝統的大屋根と深い軒を現代的につくり上げる~

・深い軒とガラス窓により自然と内部を有機的に繋ぐ

・瓦葺き屋根の重量を軒先の金属板葺きでシャープに表現

・屛風を連想する折板天井による内部空間の分節


中立売新休憩所は、今までよりも更に利用者の方々に安心して快適な利用ができる空間を創出していく予定です。ご期待ください!

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31