2018年6月アーカイブ

 京都御苑では、福島の環境回復の状況や魅力を伝えるイベント「京都御苑ふくしまウィーク~味わい、楽しむ、ふくしまのいま~」を開催中です。

京都御苑内の閑院宮邸跡レクチャーホールでは、福島の除染の取り組みや、百五十年前の戊辰戦争で激戦の地となった「会津若松市」、「白河市」、「二本松市」の三市による戊辰戦争150年記念のパネル展示やビデオ上映、観光情報の提供などがあり、京都市の展示コーナーには、通常公開していない「蛤御門の変で焼けた瓦」や「鳥羽伏見の戦いで焼けた瓦」(京都市考古資料館・(公財)京都市埋蔵文化財研究所 所蔵)なども展示しています。(展示は9:00~16:00。最終日は15:00まで。入場料:無料)

是非、お立ち寄りください。

Fukushimaweek01.jpg
           展示コーナー入口

Fukushimaweek02.jpg
          白河市の展示ブース


Fukushimaweek03.jpg
         二本松市の展示ブース


Fukushimaweek04.jpg
          会津若松市展示ブース

Fukushimaweek05.jpg
           京都市展示ブース


Fukushimaweek06.jpg
        蛤御門の変と鳥羽伏見の戦いの展示
 

 *イベントの詳細やその他のピックアップ情報など、詳しくは下記のチラシにてご確認ください。

  →http://josen.env.go.jp/plaza/info/event/pdf/e180609.pdf
 

■お問合せ:環境再生プラザ(電話:024-529-5668)

 
京都御苑の見どころ 2018年6月10日 15:55

6月花ごよみ

20180609I 74.JPG20180609I 50.JPG
・ナツツバキ(染殿井、児童公園、母と子の森他)
 爽やかな白色が際立つナツツバキが咲き始めました。咲いては落ち、咲いて
 は落ちを繰り返す一日花ですが、今年は花数が多い印象です。
 御苑北西の児童公園では、低い位置でも開花していますので間近でご覧頂け
 ます。公園敷地内東寄りに1本植栽されています。地面に落ちた白い花を目
 に探してみて下さい。
 染殿井では見ごろ、母と子の森(北寄り)でも日々花を増やしています。
20180609I 35.JPG
・タイサンボク(乾御門東、児童公園休憩所東)
   純白の大きな花を上向きに咲かせ、遠くからでも目を引きます。直径は15
   ~25㎝程にもなる、国内最大級の花です。
   近くに寄れば、甘い芳香も感じて頂けます。
20180609I 68.JPG
・アジサイ(間ノ町口北西、拾翠亭西、閑院宮邸跡庭、仙洞御所東、児童公園
 他苑内各所)
 梅雨の季節を代表するアジサイも各所で咲き進んでいます。まとまった数が
 見られる児童公園は特にお勧めです。
 ご紹介したナツツバキはすぐ側に、タイサンボクも比較的近くにありますの
 で合わせてお楽しみ下さい。
20180609I 130.JPG
・キョウチクトウ(寺町御門北東)
20180609I 33.JPG
・クチナシ(出水広場北、閑院宮邸跡庭)20180609I 107.JPG
・ナンテン(染殿井、閑院宮邸跡庭他)


 



 


 


 

Fukushimaweek01.jpg
 京都御苑では、6月9日(土)から15日(金)の期間、福島の環境回復の状況や魅力を伝えるイベント「京都御苑ふくしまウィーク~味わい、楽しむ、ふくしまのいま~」を行います。

期間中の6月9日(土)、10日(日)拾翠亭にてアロマの組香体験を行いますので、拾翠亭の土曜日の一般公開ならびに日曜日の貸切利用はいたしません。ご了承ください。

 翌週の14日(木)からは通常通り一般公開いたします。

shuusuitei01.jpg

期間中、お近くにお越しの際は「京都御苑ふくしまウィーク~味わい、楽しむ、ふくしまのいま~」に是非足をお運びください。

*イベントの詳細やその他のピックアップ情報など、詳しくは下記のチラシにてご確認ください。→http://josen.env.go.jp/plaza/info/event/pdf/e180609.pdf
 

■イベントのお問合せ:環境再生プラザ(電話:024-529-5668)

イベント・セミナー 2018年6月 1日 15:36

イベント情報【6月】

20170618I 15.JPG
              京都御苑みどころ案内


*日  時:平成30年62()23(土)
      13301430
*集合場所:閑院宮邸跡収納展示室
*参   :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。

 

   明治150年記念展示 ~激動の幕末・維新と京都御苑の誕生~

2018年は、明治元年から満150年にあたります。
年号が明治へと移る前後の時期、日本の有り様は大きく変わりました。200年余り続いた鎖国は開国へ、政権は徳川幕府から明治政府へと移りました。
日本中が大きな転換期にあった時代、天皇を擁する京都、とりわけ御所を中心に公家町を形成していた京都御苑はこの大きな渦の最中にありました。
激動の歴史を写真や絵図などの資料をから訪ねてみましょう。

*日  時:平成30年4月4日(水)~ 開催中
      9:00~16:00 16:30閉館
      祝日を除く月曜日は休館です。
      6月3日(日)、8日(金)~18日(月)、27日(水)、その他都
      合によりレクチャーホールが閉室になる場合がございます。
*場  所:閑院宮邸跡収納展示館 レクチャーホール
*主  催:環境省 京都御苑管理事務所
      (一財)国民公園協会京都御苑
*お問い合わせ:(一財)国民公園協会京都御苑 TEL 075-211-6364

 
発行物 2018年6月 1日 10:10

京都御苑ニュース

2018summer_shusuitei.JPG

京都御苑ニュース夏号を発行しました。皆様のご愛読をお願い致します。
 

江戸から明治へ京都御所と御苑の歴史を綴る(後編) 高木 博志
なぜ私たちは生きものを見るのだろうか       河合 嗣生
車椅子で巡る苑内の散策              佐野 修治
盧山寺              同志社大学文学部文化史学科

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31