2018年4月アーカイブ

お知らせ 2018年4月18日 09:21

葵祭のお知らせ

2018aoimaturi_02.JPG

2018年5月15日(火)に京都三大祭の一つ葵祭が行われます。平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発、総勢500名以上の優雅な行列が新緑の都大路を下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向けてねり歩きます。
平安時代に思いをはせながら、新緑の京都御苑をお楽しみください。

*行列のコースや時間、有料観覧席など、葵祭に関する詳しい情報はコチラをご覧ください
 →「京都市観光協会」https://www.kyokanko.or.jp/aoi/

 

*行列は京都御所を午前10時30分に出発します。祭の当日は混雑が予想されます。お早めにご来苑ください。
 


●御所にほど近い辺りには臨時売店を設け、京都御苑オリジナル商品や皇居外苑オリジナル商品を販売しております。にぎやかな昼店の風情もあわせてお楽しみください。


●中立売西駐車場は、休憩所の工事により、入場ゲートを蛤御門に移動しております。左折のみの入出場になりますのでご注意ください。臨時駐車場は従来通りです。バスは今出川口、乗用車は出水口より左折のみの入出場になります。ご注意ください。


●九條家の別邸でお茶室の『拾翠亭』も公開いたします。
 公開時間: 9時30分から15時30分(閉門)まで(入場料100円)


●閑院宮邸跡展示館も、9時から16時30分(閉館)まで公開していますので、京都御苑の成立ちについての歴史や自然など、興味深い展示をぜひご覧ください。

Geihinkan_tokubetsu03.jpg
 京都迎賓館では、5月3日(祝・木)~8日(火)の6日間、端午の節句に合わせ、人間国宝の林駒夫氏の檜兜(ひのきかぶと)や競馬(くらべうま)等の五月の飾りを展示します。この期間に限り、保護者同伴で小学生(5、6年生に限る)も参観可能です。
Geihinkan_tokubetsu02.jpg
 また、5月3日(祝・木)~6日(日)は、公開時間を20時まで延長する夜間公開を実施します。京都御苑内の夜の静寂の中で、行灯のようなほのかな明かりを発している障子など、夜間にしか見ることのできない風景をお楽しみいただけます。

※この期間の参観料金は通常の一般公開と異なりますので、ご注意ください。
参観料金や参観方法など、詳しくは京都迎賓館HPでご確認ください。
https://www.geihinkan.go.jp/kyoto/kyoto_news/spsankan1/

Geihinkan_tokubetsu01.JPG

京都御苑の見どころ 2018年4月15日 16:51

4月花ごよみ

20180415I 35.JPG 
20180415I 33.JPG
・サトザクラ(出水の小川、建礼門南東他)
 御苑でのサクラのシーズンは早くも終盤を迎えました。現在は出水の小川周
 辺を中心に、八重咲きのサトザクラをご覧いただけます。人気は緑色の花を
 咲かせる「御衣黄(ぎょいこう)」です。咲き進むにつれ色が変化するのが
 特徴で、開花から10日程経った現在、緑色の花弁が赤みを帯びてきました。
 植栽場所は下立売御門を入りまっすぐ進んだ左手、出水の小川の南起点付近
 です。ご覧になりたい方はお早目にご来苑下さい。 
 (写真上:出水の小川サトザクラ、下:サトザクラの一種の御衣黄)
20180415I 110.JPG
・ハナミズキ(迎賓館南)
 先月末、モクレンが見ごろだった場所で現在はハナミズキが見ごろです。
 1912年、当時の東京市長・尾崎行雄がワシントンに3000本の桜を贈り、
 その返礼に東京へ贈られた木としても知られています。
 こちらでは白花をお楽しみ頂けます。
20180415I 102.JPG
・フジ(今出川御門南西)
 昨年より早く咲き始めました。まだ花は少ないですが、今週末予想される気
 温上昇に伴い咲き進むことでしょう。
 御苑北西部、今出川御門を入った右前方の頭上に、もしくは近衞池から東方
 向を見上げてもご覧になれます。
20180415I 99.JPG
・シャガ(児童公園北西、迎賓館東、閑院宮邸跡他)
・ウワミズザクラ(京都御所・宜秋門南西)
・カリン(西園寺邸跡)
・ドウダンツツジ(出水の小川、宗像神社南、仙洞御所東他)
・ツバキ(仙洞御所南西トイレ付近、西園寺邸跡、母と子の森他苑内各所)

 


 

 

 


  

 

 


 

 

 

イベント・セミナー 2018年4月 4日 16:37

イベント情報【4月】

20180404I 7.JPG                  「京都御所 宮廷文化の紹介」<平成30年春>

*日  時:平成30年4月4日(水)~4月8日(日)
      9:00(開門)~15:50(閉門)最終退出時刻は16:30
      
 過去記事より詳細 http://fng.or.jp/kyoto/news/2018/03/30.html
 
宮内庁ホームページ http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/kyotogosho.html





 

京都御苑みどころ案内


*日  時:平成30年414()28(土)
      13301430
*集合場所:閑院宮邸跡収納展示室
*参 加 費 :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。



 

 

春の自然教室「春の京都御苑にふれよう」
 

      初心者向きの自然観察会です。苑内の植物、野鳥、昆虫、きのこ
      などの専門講師による解説を行います。

*日  時:平成30年4月22日(日)  
       9:30~12:00 (受付9:00~9:20)
      小雨決行。当日7時時点で気象庁が大雨、暴風警報を発令して
      いる場合は中止。
*集合場所:京都御苑石薬師御門(上京区京都御苑北東)
*参 加 費 :保険料100円
*そ の 他 :筆記用具、観察中の天候変化に備え雨具をご持参下さい。
      手持ちのルーペ、双眼鏡、図鑑などの観察用具があると便利で
      す。



 

明治150年記念展示 ~激動の幕末・維新と京都御苑の誕生~
 

2018年は、明治元年から満150年にあたります。
年号が明治へと移る前後の時期、日本の有り様は大きく変わりました。200年余り続いた鎖国は開国へ、政権は徳川幕府から明治政府へと移りました。
 日本中が大きな転換期にあった時代、天皇を擁する京都、とりわけ御所を中心に公家町を形成していた京都御苑はこの大きな渦の最中にありました。
激動の歴史を写真や絵図などの資料をから訪ねてみましょう。

*日  時:平成30年4月4日(水)
      9:00~16:00 16:30閉館
      祝日を除く月曜日は休館です。
      4月15日(日)、25日(水)その他都合によりレクチャーホール
      が閉室になる場合がございます。
*場  所:閑院宮邸跡収納展示館 レクチャーホール
*主  催:環境省 京都御苑管理事務所
      (一財)国民公園協会京都御苑
*お問い合わせ:(一財)国民公園協会京都御苑 TEL 075-211-6364






                        

京都御苑の見どころ 2018年4月 1日 16:46

桜だより

20180331I 74.JPG
・シダレザクラ(近衞邸跡)
 先週、夏日が数日間続いたことで苑内のサクラが一気に咲き進みました。
 昨年と比較すると全体に早い開花のペースです。近衞邸跡では早咲きのシダ
 レザクラは散り始め、遅咲きの八重紅シダレが既に見ごろを迎えています。
20180331I 126.JPG
・桜松(学習院発祥の地) 
 京都御所建春門北東に横たわる「桜松」は見ごろのピークをやや過ぎたとこ
 ろです。元々クロマツの樹上にヤマザクラが生育していたもので、マツは平
 成8年に枯れて倒れてしまいましたが、樹上のサクラはマツの空洞をとおり
 根を下ろしていたため今も多く花を咲かせています。
 開花期間が短めです。お早めにご覧ください。
20180331I 25.JPG
・オオシマザクラ(間ノ町口北西)
 御苑南西部、丸太町通に面した間ノ町口を左前方へと進んで行くと、右手に
 オオシマザクラをご覧いただけます。緑の葉が出ると同時に白い花を咲か
 せ、周辺にはふんわりと甘い香りが漂っています。
 閑院宮邸跡東門の向かいですので、ご見学の折にもお楽しみ下さい。
20180331I 54.JPG
・車返桜(京都御所宜秋門南西)
   今年はサトザクラも、開花が早い傾向です。京都御所宜秋門南西に位置する
 「車返桜」はほぼ見ごろです。

 4月4日(水)~8日(日)京都御所にて開催の「京都御所 宮廷文化の紹
 介」
 期間中は宜秋門が入場門となります。ご参観の前にご鑑賞下さい。
20180331I 102.JPG
 出水の小川でも、続々と開花中です。現在、サトザクラは10本程が既に見ご
 ろです。苑内各所のヤマザクラも見ごろで、早い時期に開花したものは散り
 始めています。
 今なら多くの種類をご覧いただけますので、お花見をお考えでしたらお早目
 のご来苑をお勧め致します。


  


  

 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30