2017年4月アーカイブ

イベント・セミナー 2017年4月28日 09:14

イベント情報【5月】

20160423I4.JPG
京都御苑みどころ案内


*日  時:平成29年56()20(土)
      13301430
*集合場所:閑院宮邸跡収納展示室
*参   :無料
      京都御苑の歴史と自然を案内します。


 

                       葵祭
 

*日  時:平成29515日(月)雨天順延

      1030に京都御所建礼門前を出発
      詳細は京都市観光協会ホームページをご覧ください。

https://www.kyokanko.or.jp/aoi/


 

                    新緑のトンボ池一般公開

 京都御苑の「トンボ池」は、自然豊かなビオトープです。新緑の中、2日間限定で一般公開します。トンボ池ならではの季節の花や水辺の生き物の観察をすることができます。


*日  時:平成29523()24()の2日間
      9301200(※12:00に施錠します。また、荒天時は閉鎖
      します。)
*場  所:京都御苑トンボ池
      (御苑南東部、富小路口から北東へ徒歩5分)
*入   :無料(出入り自由)
*そ の 他 :長袖・長ズボン・雨具・運動靴などの野外活動に適した服装。
       (※ハチを刺激する恐れのがある黒色系(帽子を含む)は避け
      る)
        飲み物のほかルーペ、双眼鏡等観察用具があると便利。
       (※ペットの連れ込み、喫煙、カメラの三脚の使用は禁止)
        動植物の採集はできないので、網や虫かごなどは持参しない

イベント・セミナー 2017年4月25日 16:44

春の自然教室

20170416I75.JPG
 4月16日(日)、初夏を思わせるような日差しの中、春の自然教室が開催されました。今回は183名もの方々にお集まりいただき、大変な盛り上がりの教室となりました。富小路口を出発し、周辺で野鳥、昆虫、植物、きのこの観察を共に楽しみました。
20170416I88.JPG
20170416I92.JPG
 今回の植物のテーマは「奥ゆかしい春の花を観察してみましょう」。春の華やかな花々に紛れてひっそりと咲く、アオキやモミの花を探しました。
 モミは黄緑色の雄花が、たくさんぶらさがるようについていました。少し触れただけで大量の花粉が舞い散って、皆さんからはざわめきが。一方雌花は高所に少しだけ、上向きに緑色の花をつけていました。
 また、モミが棺桶の材として使われる理由についての解説があり、多くの方が興味津々聞き入っていました。
(写真:モミの雄花と雌花)
20170416I126.JPG
 きのこの解説でもモミに着目しました。幹に発生していたのが、「モミサルノコシカケ」です。
 きのこが発生する事で一見健康そうなモミも、実は弱った状態だとわかる、という解説がありました。きのこは樹木の状態を私達に知らしめる、「樹木の代弁者」と言われる所以です。
20170416I137.JPG
 続いてのきのこは「冬虫夏草」の一種、オオセミタケです。アブラゼミの幼虫から発生し、マッチ棒のような頭部まで長く伸びた様子を、標本も併用して観察しました。冬虫夏草という言葉は知っていても、実物を見た事のある方は少ないようです。特に普段は地中に埋もれている幼虫の部分も見られた事が、皆さんの印象に残ったようでした。

 「京都御苑自然教室」は春夏秋冬、一年に4回開催しています。詳細は京都御苑ニュース、苑内ポスター、ホームページ等で随時お知らせしています。初めての方もどうぞお気軽に参加下さい。

 

京都御苑の見どころ 2017年4月20日 15:40

4月花ごよみ 2

20160420I33.JPG
20160420I63.JPG

・サクラ
 出水の小川のサトザクラが続々と咲き揃っています。花びらが緑色のサトザ
 クラ「御衣黄(ぎょいこう)」も見ごろを迎えました。遠目から見ると葉の
 ようで、花に気が付きにくいかもしれません。出水の小川、南東付近に植栽
 されています。
 京都御所・宜秋門南西ではウワミズザクラが見ごろです。小さな花がブラシ
 のようにたくさん集まり、一見サクラのようには見えませんが、香りと葉の
 形はサクラそのものです。(写真上:御衣黄、下:ウワミズザクラ)
20160420I53.JPG
・カリン(西園寺邸跡、児童公園)
20160420I2.JPG
・ヤマブキ(出水の小川、宮内庁京都事務所西苑路沿い、染殿井、迎賓館東、
 清和院御門北西他)
 場所により一重と八重咲きがご覧いただけます。
20160420I92.JPG
・ハナミズキ(迎賓館南)
20160420I45.JPG
・ドウダンツツジ(出水の小川、宗像神社南、仙洞御所東他)
・シャガ(児童公園西、迎賓館東、閑院宮邸跡庭他)
・ツバキ(苑内各所)

  

20170413u11s.jpg
フランス人写真家兼文化人類学者のルフェーブル氏が日本人の美意識に着目し8年の歳月をかけ、北海道から沖縄まで全国の日本庭園を撮影した選りすぐりの作品を展示します。
20170413u1s.jpg
期 間:平成29年4月12日(水)~5月7日(日)

場 所:閑院宮邸跡収納展示館レクチャーホール
    9:00~16:30
    月曜日休館
    観覧無料
主 催:環境省京都御苑管理事務所
    兵庫県立人と自然の博物館

 

お知らせ 2017年4月 7日 17:07

お知らせ

 閑院宮邸跡展示館の開館時間の変更について

 

  下記の日は、閑院宮邸跡展示館の開館時間が変更になります。

  ご不便をかけますが、悪しからずご了承ください。

 

                      記

                期  日:平成29年4月21日(金)

               開館時間:午前10時30分

     閉館時間:午後 4時30分

                          以上

京都御苑の見どころ 2017年4月 5日 16:52

4月花ごよみ

シダレザクラが見ごろです!
20170404I159.JPG 35出水.JPG
・サクラ
 ここ数日の気温上昇により、一気に見ごろを迎えました。御苑北西部、近衞
 邸跡のシダレザクラは「近衞さんの糸桜(いとざくら)」という愛称で親し
 まれる御苑の代表的なサクラです。
 出水の小川東に一本ある「出水のシダレザクラ」も見ごろで、来苑者で賑わ
 っています。週末にかけ雨の予報が出ておりますので、お早目にご覧くださ
 い。
 石薬師御門西、エドヒガン系サクラは見ごろ、学習院発祥の地(京都御所建
 春門北東)の桜松は3分咲き、間ノ町口北西、オオシマザクラは咲き始め、
 他苑内各所にあるヤマザクラは咲き始め~見ごろです。 
 (写真上:近衞のシダレザクラを下から、下:出水のシダレザクラ)
20170404I191.JPG
20170404I35.JPG
・モクレン科
 オガタマノキは建礼門南で見ごろです。樹高が少しありますが、可憐な花を
 見逃さずご覧ください。
 ハクモクレンは迎賓館南で7分咲き程です。低く降りる枝があり、花の中ま
 で良く観察できます。
 中立売御門東のシモクレンはやや見ごろを過ぎていますが楽しめます。
 コブシは児童公園、富小路休憩所北他で開花中です。
 (写真上:迎賓館南ハクモクレン、下:中立売御門東シモクレン)
20170404I43.JPG
・トサミズキ(中立売北休憩所北)
085モモ.JPG
・モモ(桃林、児童公園)見ごろ~散り始め
20170405I75.JPG
・シャガ(児童公園西)
20170405I2.JPG
・ユキヤナギ(宗像神社西、南、乾御門南東、石薬師御門西他苑内各所)
・ジンチョウゲ(中立売北休憩所前)
・アセビ(染殿井、仙洞御所南西トイレ付近、近衞池、白雲神社北、出水の小
 川他)
・ヒイラギナンテン(児童公園北西他)
・ツバキ(西園寺邸跡、迎賓館東他各所)

 

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31