秋の自然教室

カテゴリ:

20151129u (46).JPG
 11月29日(日)、秋の自然教室が行われました。親子での参加が多く賑やかな雰囲気の中、139名の方にお集まりいただきました。
 今年も石薬師御門前に集合、6名の講師による解説が行われ、深まる秋の景色と共に自然観察を楽しみました。2015.11.29I(103).JPG
 バッタが原できのこの観察です。「ここだけで10種類以上のきのこがありますよ」との呼びかけに、足元を丁寧に探します。カニの爪にそっくりな「カニノツメ」、法具の三鈷杵に形が似ている「サンコタケ」、ツバの部分が裂けている「サケツバタケ」、ヒトの脳みそのような皺のある「ノウタケ」等々…。きのこの名づけの理由に、ひとつひとつ納得です。
 写真はホコリタケの仲間、ノウタケの成菌と老菌を比較している所です。講師が老菌を突くと胞子が煙のように舞いあがり、驚きの声があがりました。2015.11 (40).JPG
 野鳥ではセグロセキレイ、ハクセキレイの違いを観察した後、バッタが原で同じセキレイの仲間、ビンズイに遭遇しました。 フィールドスコープで早速観察します。尾羽を上下にゆっくり振る様子に、参加者から「愛らしいなあ」という声が聞こえてきます。069 ビンズイ.JPG
 (写真:ビンズイ)
 
 さらに混群(異なる種の野鳥が混ざった群れ)が現れ、講師から詳しい解説が行われました。シジュウカラやコゲラ、エナガ他、様々な野鳥との出会いを楽しめたひとときでした。
 「京都御苑自然教室」は春夏秋冬、年に4回開催しています。詳細は京都御苑ニュース、苑内ポスター、ホームページ等で随時お知らせしています。初めての方もどうぞお気軽に参加下さい。

2015年12月 6日 15:34

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30