皇居外苑の魅力(1)

見どころ最新情報一覧

  • 北の丸公園で秋の気配を感じてみませんか? 皇居外苑の見どころ

    2017年9月 5日  北の丸公園で秋の気配を感じてみませんか?

     休日の北の丸公園(旧江戸城北の丸地区)では、過ごしやすい秋の気候に誘われて、多くの方がお弁当やレジャーシートを持参しのんびりとお過ごしになっています。こちらは、北の丸休憩所「ザ・フォレスト北の丸」目の前にある芝生広場です。 &n... 続きを読む

  • 皇居外苑でとっておきの1枚を撮影してみませんか? 皇居外苑の見どころ

    2017年8月22日  皇居外苑でとっておきの1枚を撮影してみませんか?

     今年は雨の多い夏となっていますが、今週はようやく散策のできるお天気の予報ですね。今回は皇居外苑のおすすめ撮影スポットをご紹介します。  まずご紹介するのは・・・ ... 続きを読む

歴史遺構

皇居前広場のルーツ

皇居前広場 皇居前広場

江戸時代以前、この辺りは漁業が盛んな日比谷入江に面していましたが、江戸時代には埋め立てられ、老中や若年寄りなどの屋敷が立ち並び「西の丸下」と呼ばれるようになりました。明治時代には、これらの屋敷が官庁の庁舎や兵舎などに使用されたりもしましたが、やがて撤去され広場化されました。その後、明治21年に至り、「皇居御造営」完成後の事業として、皇居前広場のクロマツなど植栽整備も行われています。戦後、国民公園として整備され、現在に至っています。

現在、皇居前広場は、内堀通りから皇居側の玉砂利広場(41,600m2)と内堀通りと外堀の間にある芝生緑地(68,300m2)で構成されています。

二重橋について

皇居正門石橋 皇居正門鉄橋

皇居前広場の一番人気は、なんといっても伏見櫓を背景とした「二重橋」ですが、普段目にしている石造りの橋「皇居正門石橋」が二重橋と思われている人も多いようですが、実はその奥にある橋「皇居正門鉄橋」を二重橋と言います。

「皇居正門鉄橋」は、1614年(慶長19年)当初、二重構造(木造)であったことが、名前の由来となっています。現在の橋は、明治宮殿造営(完成明治21年)に当り、錬鉄製の橋に架け替えられ、更に昭和の新宮殿造営(竣工・昭和43年)に先立ち、意匠など大幅な変更をせず架け替えられて現在に至ります。

一方、「皇居正門石橋」は、1888年(明治20年)12月、明治宮殿が竣工する前年に完成しました。石造りアーチ橋には、花崗岩が使用され、照明灯や高欄を含め、西洋建築の意匠が採用されています。

伏見櫓

伏見櫓

二重櫓の両袖に多聞櫓(防御を兼ねて石垣の上に設けられた長屋造りの建物)を備えておりますが、このような形は、ここだけしか残っていません。伏見櫓の名称は、豊臣秀吉が京都伏見に築いた伏見城の一部を使用したという「伝」によるものです。また、多聞櫓は、1559年(永禄元年)に、戦国武将の松永久秀が築いた大和(奈良)多聞城の櫓が始まりとされています。江戸城には、当時19もの櫓が存在しましたが、現在では、桜田巽櫓と富士見櫓の3基を残すだけです。

高欄(人止柵)

高欄(人止柵)

二重橋の手前側に、お濠に沿い設置されたブロンズ製の高欄(人止柵)は、ギリシャ建築コリント様式で使われるアカンサス(ハアザミ)の葉をモチ-フとしており、1889年(明治21 年)に完成した明治宮殿へのアプローチとして造られたものです。

アカンサスと石のベンチ

皇居外苑苑内各所に配置されている石のベンチは、二重橋正門石橋前高欄の台座石だったもので、古材の再利用品です。 二重橋前高欄は、正門石橋前の砂利広場にL 字の形に設置されている青銅(ブロンズ)製の人止柵のことで、皇居参観をされる方々が、直接触れられることのできる最もなじみやすい公園施設の一つです。

現在の二重橋前高欄は、平成7~8 年に原形復元されたものです。復元前の高欄は1888 年(明治21 年)の明治宮殿御造営の際に造られたもので、鋳物製に人止柵、台座石(当時も古石材を再利用していました。)ともに老朽化が進み、高欄としての役目を果たすには危険な状態になっていました。そのため、人止柵を青銅製に、台 座を新しい石に置き換え、原形復元しました。

1888 年の工事仕様書には、「大手門内に野積みされている古い石材を利用し・・・・」と記されており、古い石材が再利用されたことが分かっていますが、いつ頃切り出され、どこで使用されたものなのかは不明です。

古い石材が切り出されたのが、江戸城築城当時(1600 年初期)だと仮定すれば、既に400 年以上の歳月を経ていることになります。石といえども、長い間直射日光や風雪にさらされると、想像以上に劣化が進み、表面に近いところからグズグズになってしまうものです。

高欄の台座石の場合も例外ではなく、人止柵を固定するために掘られた「ほぞ穴」から水が浸入し、特に冬の間の氷解の繰り返しで、人止柵を支えきれないほどに、劣化が進んでいたため、原形復元に至りました。その時、古い石材の処理方法などについて検討した結果、天地15~20 ㎝切断し、表面を整えてベンチとして利用することになりました。

これが石のベンチの由来です。

真冬の寒い日でも日当たりの良い石のベンチに座ると、やがて身体の芯までじんわりと温まり、寒さを忘れてしまいそうになります。何事も辛抱し努力すればきっと日の当たる日がやって来るという「石の上にも三年」の諺を思い出す瞬間です。しばらく座っているとそのような気分になるから不思議です。

ところで、なぜ石のベンチがそこにあるのか?との疑問をお持ちの方も多いと思います。まず、ここで石のベンチからの眺めについて触れてみましょう。

例えば、桜田門前の石のベンチに桜田濠の方を向いて座ると、満々と水を湛えた桜田濠が目前に広がり、土手の向こうには最高裁判所や国立劇場などの建物が見えます。さらにその向こうには国会議事堂の特徴ある屋根の頂部が見え、石のベンチが絶好の位置に置かれていることに気付いていただけるでしょう。

一方、桜田門前の石のベンチから日比谷濠の方に向をかえてみると、凱旋濠と日比谷濠が一直線に並び、水面に有楽町の高層ビルが映り、優雅に泳いでいる白鳥の姿と重なり合って揺れている様は、理屈抜きに美しく一日の疲れを癒してくれます。

石のベンチは馬場先門跡付近や北の丸公園の池の畔などにも置かれており、そこからの眺めもまた格別で、石のベンチが景観を楽しむための「視点場」としての役割を十分果 たしています。

アカンサスと石のベンチ(1) アカンサスと石のベンチ(2)
アカンサスと石のベンチ(3) アカンサスと石のベンチ(4)
アカンサスと石のベンチ(5)

桜田巽櫓

桜田巽櫓

東京駅から行幸通りを抜けてまず目に飛び込んでくるのが桜田巽櫓で、本丸の東南(辰巳)の方角にあることが由来します。「石落し」(石垣よりはみ出した出窓部)や鉄砲、矢用の「狭間」を戦略的目的で備えているのが櫓の特徴です。

桔梗門

桔梗門

皇居前に広がる松の緑、その北西端にある桔梗門は、枡形城郭門と白壁の美しさを、お濠の水面に映しています。正式には、外桜田門に対し内桜田門と呼ばれますが、太田道灌時代、大手正門であったころから、瓦に施された家紋である「桔梗」にちなんで、桔梗門と呼ばれ、今日まで親しまれています。

富士見櫓

富士見櫓

どこから見ても美しいその姿から「八方正面の櫓」と呼ばれ、火事で焼失し再建されることがなかった「天守閣」に代わって、江戸城のシンボル的な役目を果たしてきました。

桜田門

桜田門 桜田門

正式には、旧江戸城外桜田門と呼ばれ、1961 年(昭和36 年)に国指定重要文化財に登録されました。「桜田門外の変」であまりにも有名ですが、江戸時代からの遺構としても、内桜田門(桔梗門)、平川門とともに、枡形門の典型な形式を見ることができます。当時は、東海道方面の抑えとしても重要な門で、1620 年(元和6 年)に東国大名の助役により石垣と枡形が完成し、1636 年(寛永13 年)に修築されて現在の形式になり、関東大震災で大破しましたが、大補強工事によって修築されました。

大手門

大手門

江戸時代、江戸城正門として本丸大手門と呼ばれ、高麗門前には大橋が架かっていました。江戸幕府は、この一帯の左右13 町に渡る石垣や枡形門の築城を、東北の勇、伊達政宗に命じたと伝えられています。1657 年明暦の大火で焼失した後、1659 年(万治2 年)に再建されましたが、当初、渡櫓の屋根を飾っていた鯱が下に降りて鎮座したのも、再建された時だと考えられており、刻印には「明暦三丁酉」とあります。その後、戦災で再度焼失しましたが、1968 年(昭和43 年)皇居東御苑の開園に合わせ再建されました。

坂下門

坂下門

江戸時代には、門前の橋を渡り、枡形門を抜けて、左の坂を登ったところに西の丸御殿(現在は宮殿)がありました。西の丸の坂下にあったことから坂下門と言われています。幕末、1862 年(文久2 年)老中安藤正信が6 人の浪士に襲撃された「坂下門外の変」はこの門前で起こりました。明治になり、橋や高麗門は撤去され、奥にあった渡櫓門の向きを90 度変え、現在の場所に移築されました。

和田倉橋と和田倉門

和田倉橋と和田倉門

皇居のお濠に架かる橋で江戸時代の木橋の姿が残されているのは、この和田倉橋と平川橋です。この橋より内側は、大手門や内桜田門(桔梗門)から入場する大名や武士が通行する橋で、一般人は通ることができませんでした。この和田倉の地には1607 年(慶長12 年)頃まで蔵があったので「蔵の御門」と呼ばれており、1620 年(元和6 年)に最初の枡形門が築かれました。この門は1923 年(大正12 年)の関東大震災で崩壊しましたが、橋は残りました。その後、橋の腐朽が進んだため、1953 年(昭和28 年)に現在の鉄筋コンクリートの橋脚に架け替えられました。

和田倉噴水公園について

平川橋と平川門

平川橋と平川門

江戸城の城郭枡形門の中で、渡櫓を通って場外への出口である高麗門が2 箇所あるのは平川門だけです。大奥への通用門としても知られています。平川門は、美しい反りを持つ太鼓型ですが、これは景観面に加え、お濠の管理上、橋の下を舟で往来する必要性からというのが大きな理由だと考えられています。