最新情報:特集

★2015001741.jpg

 今回の特集では『絵画と聖蹟で辿る明治天皇のご生涯(2)』の続編、最終章をお送り致します。

★2015004302.jpg

 今回の特集では、『絵画と聖蹟でたどる明治天皇のご生涯(1)』の続編をお送り致します。

2015001741.jpg

 平成29年から30年にかけて、大政奉還、明治維新150年という大きな節目を迎えます。これに際し、明治神宮外苑の聖徳記念絵画館から特別にご提供戴いた貴重な絵画とともに、その解説を、打越孝明著「絵画と聖蹟でたどる  明治天皇のご生涯」(新人物往来社、平成24年)より転載し、近代国家へと歩み始めた日本の躍進と、新たな国づくりに臨まれた明治天皇の御姿を3回に分けてご紹介します。

016102.tif

(画像:昭和館から寄贈)

 皇居ならびに赤坂御用地において、除草や清掃、庭園作業などの奉仕活動を行うため全国各地から上京される人々がいます。奉仕作業は原則無報酬で4日間行われますが、その間の宿泊や食事などはすべて自己負担です。1団体15人から60人で構成されるこれらの団体は『皇居勤労奉仕団』と呼ばれ、年間約1万人近くの人が参加されています。

 『皇居を綺麗にしたい』という思いから始まった皇居勤労奉仕ですが、その歴史については、意外に知られていません。

 今回の特集では、『皇居勤労奉仕』がどのようにしてはじまり、現在に至ったかについて、深く関わりのあった木下道雄氏(元宮内庁侍従次長)、筧素彦(元宮内大臣官房総務課長)、鈴木徳一氏(元宮城県栗原郡青年団代表)らの著書や回顧録など当協会所蔵の資料を基に、各氏の視点別に3回に分けご紹介します。

DSC09824.jpg

 今回の特集は、皇居外苑と皇居 東御苑の「夏のおすすめ散策コース」をご紹介します。下記の散策コースを参考に、各所に点在する休憩スポットで涼をとりながら、歴史と自然が調和する江戸城跡をのんびり散策してみませんか?

 

◎皇居外苑「夏のおすすめ散策コース」①

◎皇居外苑「夏のおすすめ散策コース」②

◎皇居 東御苑「夏のおすすめ散策コース」

 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30