皇居とつながる自然豊かな森の生き物たち

カテゴリ:

kitanomaru5.jpg

 青空に青々とした葉が美しく映える新緑の季節。皇居の森とつながる北の丸公園は都心とは思えないほど多くの緑に囲まれた森林公園です。今回はこの公園で暮らす生き物たちの生き生きとした姿をご紹介したいと思います。

 

natsubakaituburi.jpg

 まずは管理事務所近くの池で見られるカイツブリ。泳ぎが得意で、一度潜るとなかなか顔を出しません。息継ぎしなくても大丈夫なのかな?と心配になりますが、いつのまにか向こうの方でぽっかりと浮かび上がっていたりします。

 

ooimizuao2.jpg

 散策路を歩いていると・・・・グリーンの翅が美しい生き物の姿が!フワフワの綿の様な体に黒っぽい目元。ちょこんと生えた触覚が愛らしい「オオミズアオ」です。

 

nihonnkanahebi.jpg

 ぽかぽかとした陽気の日が嬉しいのは、爬虫類も同じの様です。褐色の体が特徴のカナヘビは、日光浴が大好き。気持ちよくて眠っているのか、微動だにしませんでした。

 

hyoumoncho.jpg

 群生したシロツメクサの上で食事をしていたのはヒョウモンチョウ。ヒョウの模様に似て多くの黒紋をもつのでこの名がついたそうです。

 

oyoguaodaishou.jpg

 公園中央の池で何か泳いでいる・・・?よくみると大きなアオダイショウでした。

 実はヘビは泳ぎが得意なのですが、肺呼呼吸のため長い間水の中に潜ったりすることはできません。鼻の先を出して器用に進んでいました。

 

monohashi3.jpg

 最後は管理事務所そばの浮島で見られるショウブ。公園内で見られるのはこの場所のみです。

 梅雨を目前に苑内ではアジサイの開花もはじまっています。皇居の森とつながる自然豊かな北の丸公園で、森林浴や生き物との出会いを楽しまれてはいかがでしょうか?

 

 休憩の際は森の中のオシャレなカフェ『ザ・フォレスト北の丸』がおすすめです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月29日 12:30

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30