2019年5月アーカイブ

1905292.JPG

 連日の真夏のような気候によりこの時期に見頃を迎える皇居東御苑の菖蒲田の状況を気にされている方も多くいらっしゃると思います。2019年5月30日(木)に撮影した状況をお伝えします。

皇居外苑の見どころ 2019年5月29日 12:30

皇居とつながる自然豊かな森の生き物たち

kitanomaru5.jpg

 青空に青々とした葉が美しく映える新緑の季節。皇居の森とつながる北の丸公園は都心とは思えないほど多くの緑に囲まれた森林公園です。今回はこの公園で暮らす生き物たちの生き生きとした姿をご紹介したいと思います。

 

DSC09434.JPG

 令和という時代が始まり日本中の注目を集める「皇居外苑」の歴史を振り返ってみませんか?国民公園協会皇居外苑登録ガイドと共に皇居や周辺地域を巡ると新しい発見に出会えるはずです。

 【5月開催日程】

・令和元年5月16日(木)

 ガイドテーマ「皇居外苑の歴史を中心に行幸通り、そして東京駅へ」

DSC09457.JPG

 令和元年5月30日(木)

 ガイドテーマ「皇居外苑の歴史を中心に日比谷方面へ」

 

 詳細は以下のチラシデータをご覧ください。

 ⇒19年5月16・30日定例ガイドツアーチラシ.pdf

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 みなさまの参加を心よりお待ちしております。

DSC03736.JPG

 時代の移り変わりをきっかけに皇居の歴史を振り返る記事などを目にする機会が増え皇居散策をお考えの方も多くいらっしゃると思います。今回は、日頃から国民公園協会皇居外苑主催のガイドツアーで活躍されている町田菊男さんにあらためて皇居外苑の魅力をお聞きしました。

2018-10-30 9 16 10.jpg

任状捧呈式の馬車列運行につきまして、以下のとおりご連絡いたします。

~信任状捧呈式の馬車列運行予定~

【日時】

・5月20日(月) 午前10時05分頃・午前10時30分頃(2回)

※時刻は皇居前広場通過予定時刻

馬車列をご覧になる際には,以下の事項についてご協力をお願いいたします。

① 歩道での滞留は他の歩行者のご迷惑となりますのでご遠慮いただき,皇居外苑(二重橋前付近等)においてご覧下さい。

② 静粛を保ち、馬車列の運行の妨げや他の通行の迷惑にならないようご配慮をお願いします。特に、フラッシュ撮影や馬車と併走するなどの『馬を驚かせる行為』はおやめいただき、安全な馬車列の運行にご協力をお願いいたします。

【参考】信任状捧呈式馬車列経路

(往路)東京駅→行幸通り・和田倉門交差点(直進)→皇居外苑→皇居正門→宮殿南車寄

(復路)宮殿南車寄→皇居正門→皇居外苑→和田倉門交差点(直進)・行幸通り→東京駅

※当日,荒天や猛暑日,強い日射しにより路面が高温になることが予想される場合等には、馬車列から自動車列に変更になることがあります。

宮内庁ホームページに情報を掲載しておりますので、必ず当日に以下URLよりご確認下さいますよう、お願いします。

http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/shinninjo/basha.html

19.6.11koukyo.jpg

 初夏の訪れを感じさせる強い日差しが降りそそぐ日も増えておりますが、皆様いかがお過ごしですか?

 今よりも緑が深まり美しい花々が見頃を迎える季節に「皇居東御苑」や森林公園である「北の丸公園」にて、自然観察を中心とした「皇居東御苑から北の丸公園で草木探訪ガイドツアー」を開催致します。足もとで咲く見慣れた植物にも愛情いっぱいのガイドがご案内します♪

 こちらのツアーは、定員を15名とさせて頂き少人数制で行います。情報開示後すぐに定員となる事が予想されますので、ご希望の方はお早めにお申込みください。

 詳細につきましては、以下のチラシをご覧ください。

 ⇒19年6月11日(火)ガイドツアーチラシ.pdf

 ※こちらのツアーは定員に達したため受付を終了いたしました!

 

 

皇居東御苑にある宮内庁三の丸尚蔵館において,83回展覧会「慶びの花々」が5/3(金・祝)~6/30(日)の間,開催されます。

休館日は,毎週月曜日及び金曜日,展示替期間並びに54日及び57日となります。但し,5/3(金・祝)及び5/6(月・祝)は開館します。

  

三の丸尚蔵館は,皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品類が,平成元年6月,国に寄贈されたのを機に,これらの美術品を環境の整った施設で大切に保存・管理するとともに,一般にも展示公開している施設であり,本展覧会は皇室の文化に触れる絶好の機会です。

 

詳細は宮内庁ホームページをご覧下さい。

日本語:http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai83.html

  英 語:http://www.kunaicho.go.jp/e-event/tenrankai.html

 

wadakurahunsuikouen.png

 ご存知ですか?シリーズ第二弾。今回は『江戸時代の土器が出土!和田倉遺跡の歴史と変遷』をお届けします。

 東京駅北口から皇居に向けて伸びる行幸通り。その右手に位置する和田倉噴水公園は昭和36年に今上天皇の御成婚を記念して建てられた都心のオアシスです。実はこの公園を含む地域は、江戸時代には多くの大名屋敷が存在していた場所。噴水公園改修工事の際には、江戸時代の土器が多数出土されました。

 

 

hitotubasikonnjaku.png

 江戸時代から明治、そして現在の地図を片手に、ベテランガイドの案内で皇居周辺を散策する「今昔散歩」。

 5月21日(火)は、一橋・駿河台の街をご案内します。江戸時代は御三卿の屋敷地として、また明治に入ると近衛師団の兵営地として使われた北の丸公園を出発し、大名・旗本屋敷地だった駿河台、小川町、神保町、西神田の街が学生街へ変貌する経過を辿ります。

 詳細につきましては、以下のチラシをご覧ください。

 ⇒19年5月21日(火)一橋・駿河台今昔散歩チラシ.pdf

 ※こちらのツアーは定員に達したため受付を終了致しました。

 

 

kasumi.png

 江戸時代から明治、そして現在の地図を片手にベテランガイドの案内で皇居周辺を散策するガイドツアー「今昔散歩」。

 今回ご案内するコースは、江戸時代から明治、そして現在に至るまで日本の政治の中心地である、“霞ヶ関・日比谷エリア”。美しい街並みを時代の変革をつなぎ合わせながら巡る贅沢なツアーです。

 開催日は、2019年6月4日(火)

 詳細については、以下のチラシをご覧ください。

 ⇒19年6月4日(火)霞ヶ関・日比谷今昔散歩チラシ.pdf

 ※こちらのツアーは定員に達したため受付を終了致しました!

 

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30