皇居前広場と坂下門のご紹介

カテゴリ:

20150706-1.jpg

 すっきりしないお天気が続いている梅雨時ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 二重橋が見える皇居前広場は、本日もたくさんのお客様がお見えになっています。

 

20150706-2.jpg

 二重橋正面向かって右手に進むと見えてくるのは、開放感のある広々とした広場とクロマツが並ぶ緑の島。その後ろには日比谷・丸の内のビルが立ち並び、皇居前広場ならではの景観をお楽しみ頂けます。

 

20150706-3.jpg

 さらに濠沿いを北へ進んで行き、左手に見えてくる湟地(二重橋濠)を通り過ぎると・・・・

 

 

20150706-4.jpg

 蛤濠(はまぐりぼり)に突き当たる手前に、重厚な構えの坂下門が現れます。

 ご存知の方も多いと思いますが、幕末1862年(文久2年)老中安藤正信が6人の浪士に襲撃された「坂下門外の変」はこの門前で起こりました。

 明治になり、橋や高麗門は撤去され、奥にあった渡り櫓門の向きを90度変えて現在の場所に移築されたのだそうです。 坂下門は、かつては江戸城西の丸の通用門でしたが、現在は特別公開以外は非公開です。

 門幅が広く、石垣も美しい坂下門。二重橋にお寄りの際は是非ご覧ください。

 

 

 

 

2015年7月 6日 14:13

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31