2015年6月アーカイブ

20150630-1.jpg

 北の丸公園の「ザ・フォレスト北の丸」脇で、オレンジ色が鮮やかなヒメヒオウギズイセンが咲き始めました。

 南アフリカ原産、フランスで交配された園芸品種です。

 

20150630-2.jpg

 花は下向きに咲いて、控えめな印象。

 

20150630-3.jpg

 ヒメヒオウギズイセンのすぐ側ではヤブミョウガも咲き始めています。8月から9月にかけて、公園西側では群生がご覧頂けますのでお楽しみに!

 

 

季節の花 2015年6月29日 11:34

楠公レストハウス前でモッコクが見頃です

20150629-1.jpg

 以前ご紹介した楠正成(くすのきまさしげ)像周辺を散策していると、どこからか甘いお菓子の様な香りが漂ってきました。

 

20150629-2.jpg

 香りの正体を突き止めようと周囲を見渡すと・・・

 

20150629-3.jpg

 半透明の花弁に、ぱっと明るい黄色のおしべが可愛らしいモッコクの花を見つけました。枝先にいくつもの花がまとまって、下向きに付く事が特徴です。

 

20150629-4.jpg

 楠正成像をご覧になった後は、是非周辺の木々も観察してみてくださいね。初夏の花の香りを存分にお楽しみ頂けるはずです。

 

 

 

開催報告・レポート 2015年6月26日 15:16

皇居外苑・東御苑ガイド付き散策が開催されました

20150626-14.jpg

 

 平成27年6月25日(木)に皇居外苑・東御苑ガイド付き散策が開催されました。(写真は東御苑・松の廊下近く)

 皇居を訪れたら一度は行っておきたい観光名所をぎゅっと凝縮したコースで、参加者の皆さんからは終始感嘆の声が上がっていました。今回回ったコースは以下の通りです。

 (スタート)皇居外苑「楠公レストハウス」~楠正成像~桜田門~二重橋前~和田倉噴水公園~東御苑~本丸~二の丸~大手門(ゴール)

 

20150626-15.jpg

 明るく楽しいガイドの話は史跡に関するものだけにとどまらず、鳥や花、昆虫の話も飛び出しもりだくさん!

 是非一度、皇居外苑・東御苑をじっくり散策してみませんか?きっと驚くような発見と感動があるはず。(写真は江戸城天守台跡)

 

 次回のガイド付き散策は9月24日(木)13:30からとなっております。

 詳しくはこちらをご覧ください  http://fng.or.jp/koukyo/news/2015/06/02/20150602-gide.pdf

 

 

 

 

季節の花 2015年6月26日 09:50

北の丸公園でリョウブが見頃です

20150626-1

 北の丸公園東側、花木園付近でリョウブの花が見ごろです。日の光を浴びて、白い小さな花の一つ一つが輝いています。

 

20150626-2

 同じく花木園、吉田茂像側で八重のムクゲが咲き始めました。早朝に開花し、夕方にはしぼんでしまう一日花です。

 すぐ側に一重のムクゲも植栽されているので、合わせてお楽しみください。

皇居外苑の見どころ 2015年6月25日 08:12

皇居外苑の楠木正成像

20150624-1.jpg 

 皇居外苑に来られる多くのお客様が見学されるのが、松原つづく外苑の一角に躍動感溢れる姿で佇む「楠木正成像」です。

 

20150624-2.jpg

 皇居二重橋を正面に見据えるこの像は、楠木正成公が元弘3年6月(1333)に隠岐(おき)から還幸途次の後醍醐天皇を兵庫の道筋でお迎えした折の勇姿を象(かたど)ったものです。

 別子銅山開航200年記念事業として宮内庁に献納するため、住友家が明治23年に東京美術学校(現東京芸大)に制作を依頼。同銅山の胴を用いて高村光雲(たかむらこううん)、山田鬼斎(やまだきさい)、岡崎雪聲(おかざきせっせい)などにより10年を費やして完成しました。

 「東京の三代銅像」のひとつです。

 

kinen_0062-thumb-240xauto-699.jpg

 楠正成像のすぐ側、四阿売店には、4種類の楠正成像のレプリカが販売されています。小さいながらも美しさと躍動感は健在。この地を訪れた思い出に小さな大楠公像はいかがでしょうか?

 

 商品の取り扱いについてはこちらをご覧ください  http://fng.or.jp/koukyo/service/nanko-rest-shop-menu.html

 

 

 

 

季節の花 2015年6月23日 12:38

東御苑のアジサイ

20150623-1.jpg

 東御苑への入り口のひとつ、大手門から入って二の丸へ出る少し手前の石室(いしむろ)の近くでアジサイの群落が見られます。

 

20150623-2.jpg

 

20150623-3.jpg

 苑内各所にアジサイは植栽されていますが、こちらの群落の見ごろは今週いっぱいとなりそうです。ご覧になる方はお早めにどうぞ!

 

(※東御苑は月・金曜がお休みです。公開時間等は時期によって異なりますので詳細はこちらでご確認ください) http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

 

皇居について 2015年6月17日 16:12

旧江戸城天守台跡のご紹介

20150618-0.jpg

 皇居の東側に位置する東御苑。一般公開されているこちらの庭園で是非見学したいものといえば、江戸城天守閣跡ですね。かつて、室町時代後期の武将、太田道灌(おおたどうかん)によって1456年にこの地に築城された江戸城ですが、道灌の築いた城は簡素で小さかったのだそうです。

 

20150618-1.jpg

 その後江戸城に入城した家康により大規模な城を含めた街づくりが開始され、1638年、三代将軍家光の代に江戸幕府の権威を象徴する、国内で最も大きな天守閣が誕生しました。 

 しかしその19年後、1657年に起きた明暦の大火(振袖火事)により天守閣は全焼してしまい、その後二度と再建されることはありませんでした。現在見られるのは台座部分のみです。

 

20150617-1.jpg

 江戸時代も後期になると、庶民の間では花見や芝居などの娯楽が盛んとなりました。

 皇居外苑楠公レストハウスでは、江戸の庶民が晴れの日のご馳走として作っていた行楽弁当を、江戸時代の料理書を参考に再現した「江戸エコ行楽重」としてお客様に提供しています。

 東御苑で江戸時代の歴史に触れた後は、是非江戸の美味しい食文化もお楽しみください。

 

季節の花 2015年6月17日 14:06

北の丸公園でナンテンの花が見頃です

20150617-10.jpg

 北の丸公園の中央樹林地で、白い米粒のような花を咲かせるナンテンが見ごろです。

 

20150617-11.jpg

 「難を転じる」との語呂合わせで縁起が良い植物とされ、庭先に植えられることが多いそう。秋になる綺麗な赤い実は、観賞用としても楽しめます。

 ナンテンは中央樹林地の他、園内各所に植栽されているので散策の際はご注目ください。

 

20150617-12.jpg

 欄干にはこんなお客さまも。豊かな緑に恵まれた北の丸公園は様々な生き物が暮らしています。昆虫観察にも是非ご利用ください。

 

 

 

20150615-1.jpg

 北の丸公園の東側、吉田茂像周辺でタイサンボクが見ごろです。

 直径約30センチもある大きな花はなんとも存在感があります。高い位置に花を咲かせている事もあるので、ご覧になる方は木の上部も探してくださいね。

 

20150615-3.jpg

 同じく吉田茂像近くに植栽されている夏椿も見ごろです。

 

20150615-4.jpg

 花は「一日花」なので、咲いた後は花の形そのままポトリと落ちます。椿といえば赤色を連想しますが、白色も涼しげで良いですね。

 

 

皇居について 2015年6月11日 13:45

桔梗門(ききょうもん)のご紹介

20150611-5.jpg

 桔梗門は皇居広場前の美しく広がる松の緑の北西端に位置します。通常一般の方の出入りはできませんが、皇居勤労奉仕と一般参観者の通用門として利用されています。

 正式名は内桜田門(うちさくらだもん)と呼ばれますが、江戸城が築城された太田道灌時代、瓦などに施された当家の家紋の桔梗にちなんで、今日までこの呼び名で親しまれてきました。

 蛤濠に映る、枡形城郭門と白壁がなんとも美しいですね。

 

 外桜田門ご紹介の記事はこちら  http://fng.or.jp/koukyo/news/2015/06/post-29.html

季節の花 2015年6月11日 10:13

北の丸公園のネジバナ

20150611-1.jpg

 北の丸公園南側、代官町通りから園内に入ると右手に小さな芝地があります。

 

201506011-2.jpg

 気にせず立ち去ってしまいがちな場所ですが、毎年この時期になるとネジバナの花が見られる、知る人ぞ知る隠れスポットです。

 

20150611-3.jpg

 ねじねじ・・・とらせん状に可愛らしい花をつけるネジバナ。右回りもあれば、左回りもあるようです。

 代官町通り沿いの芝地にもひっそりと生えていることがあります。お散歩がてら、可愛らしくもユニークなネジバナの花を是非見つけて下さいね。

 

北の丸公園内を散策して、疲れたら一休み  http://fng.or.jp/koukyo/service/kitanomaru-rest-cafe.html

 

季節の花 2015年6月 9日 13:11

北の丸公園でネムノキが見頃です

20150609-3.jpg

 北の丸公園の吉田茂像側で、ネムノキの花が見ごろを迎えています。

夜になると小葉が合わさって垂れ下がり、眠っているように見えることからこの名になりました。

 

20150609-4.jpg

 木を植えてから花が咲くまで10年程掛かるため、観賞用にするには時間が掛かるのだそう。

 長いおしべをなびかせ、鮮やかなピンク色で私たちを楽しませてくれるネムノキの花。公園散策の際は是非一度ご覧ください。

 

 園内で一休みされるならこちら  http://fng.or.jp/koukyo/service/kitanomaru-rest-cafe.html

 

                                       

皇居外苑の見どころ 2015年6月 9日 10:55

北の丸公園でカイツブリのあかちゃん誕生

20150609-1.jpg 

 北の丸公園の池でカイツブリのあかちゃんが4羽誕生しました。ふわふわとした愛らしい姿が、来園されるお客様の心を癒しています。

 

20150609-2.jpg

 カラスや蛇など、自然界はあかちゃんの天敵でいっぱい。すくすくと元気に育ってくれる事を祈るばかりです。

(※エサは与えず、優しく見守ってくださいね)

 

 公園を散策したら園内カフェで一休み  http://fng.or.jp/koukyo/service/kitanomaru-rest.html

 

 

皇居外苑の見どころ 2015年6月 8日 12:58

旧江戸城外桜田門のご紹介

20150608-1.jpg 

 1860年に大老井伊直弼が暗殺された「桜田門外の変」であまりにも有名な桜田門ですが、正式名は「外桜田門」。本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこのような名が付けられました。

 

20150608-2.jpg

 外桜田門は1620年に東国大名の助役により石垣と枡形が完成しました。1636年には修築されて現在の形式になりましたが、関東大震災で破損してしまいます。その後再び大補強工事によって修築され、1961年、国指定重要文化財に指定されました。

(写真は渡櫓門)

 

20150608-3.jpg

 今日に至るまで歴史的変遷を静かに見守ってきた外桜田門。その荘厳な姿は、今もなお訪れる人々を魅了してやみません。

皇居について 2015年6月 4日 16:00

皇居正門鉄橋(二重橋)のご紹介

20150604-1.jpg

 皇居前広場の人気スポットといえば、何といっても伏見櫓(ふしみやぐら)を背景にした二重橋を眺める景観です。

 普段私たちが目にしている花崗岩造りの美しい橋を二重橋だと思われる方が多いのですが、実はその奥に存在する橋、「皇居正門鉄橋」のことを二重橋と呼びます。

 名の由来は、1614年(慶長19年)当初、二重構造(木造)であったことから。

(※楠公レストハウスでは「環境への貢献」と「旅の思い出」としてお客様と皇居をつなぐ「二重箸」の取り組みを実施しております。詳しくはこちらをご覧ください) ⇒ http://fng.or.jp/koukyo/service/nanko-restaurant-env.html

 

 

20150603-1.jpg

 公園西側の西大通りで、長いおしべが豪華なビヨウヤナギが咲き始めています。

 以前ご紹介したキンシバイ・ヒドコートと似ていますが、花の大きさはビヨウヤナギの方が大きめです。

 (キンシバイ・ヒドコートは5月29日の八重ドクダミの記事内で紹介しました) http://fng.or.jp/koukyo/news/2015/05/post-23.html    

 

20150603-2.jpg

 その他園内各所でアジサイの花をご覧頂けます。梅雨時を飾る、爽やかで瑞々しい花ですね。

 場所によって色が異なるので、是非お気に入りを見つけてください。

 

20150603-3.jpg

ガクアジサイも綺麗です。

 

20150603-4.jpg

緑豊かな園内で森林浴を楽しむ、仲の良いカルガモの姿も見られました。

 

皇居について 2015年6月 2日 13:34

東御苑のハナショウブが見ごろです

20150602-1.jpg

皇居東御苑の二の丸庭園で、ハナショウブが見ごろを迎えています。

 

20150602-2.jpg

淡紫色や白色、濃紫など様々な色の共演をお楽しみ頂けます。

 

20150602-3.jpg

 

20150602-4.jpg

 

20150602-6.jpg

二の丸池では、今上陛下の御発案により誕生した、インドネシアのヒレナガゴイと日本のニシキゴイの交配種である「ヒレナガニシキゴイ」が気持ちよさそうに泳いでいました。

 

20150602-5.jpg

池の葉上で休むイトトンボの仲間。

 

20150602-7.jpg

梅雨入り頃に咲くホタルブクロも、園路脇で見られました。

 

20150602-8.jpg

カシワバアジサイやガクアジサイなど、数種類のアジサイも園内各所で咲き始めています。

皇居について 2015年6月 1日 14:41

大手門渡櫓改修工事のお知らせ

20150602-11.jpg

 現在大手門渡櫓は、改修工事のため通路が狭くなっております。

工事期間は平成26年2月から平成27年9月までの予定です。

 通行時にはご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31